特集

コロナ時代でも、アラサー女子が欲しくなる服10選「白ロンTほか」

時代が大きく変わりゆく今、ファッションに対する価値観もガラリと変化したのを実感している私たち。今年、着たい服はなんだろう…そう考えたとき頭に浮かんできたのは、やっぱりベーシックアイテムでした。ディテールやシルエット、着こなしを更新しながら、2021年ならではの、新しいキレイめカジュアルを楽しもう!

◆あわせて読みたい

コロナ時代でも、アラサー女子が欲しくなる服10選「アンサンブルニット」

ベーシックアイテム❶白のロンT

ポイント使いと面使いで大活躍の抜け白トップス

Tシャツといえば半袖と思いがちだけど、ここ最近で状況が一変。中でも白のロンTは 上にニットなどを重ねて袖口や裾、衿ぐりをチラ見せしたり、ジャケットや カーデのインに差したりと大活躍。力の抜けたベーシック感に必須の、陰の立役者です。

リブ使いとパフッと感のある袖口

リブ使いとパフッと感のある袖口がポイント。一枚で着ても決まる存在感! ロングTシャツ¥17,000(ハイク/ボウルズ)

ベーシックアイテム❷黒ベースのボーダーカットソー

トレンドを超越したボーダーは色選びで時代の気分を加味

トレンド最前線の時代は一息ついた今だからこそ、見つめ直したいのがボーダー。従来は白×ネイビーが主流だったけれど、もう少し辛めにも振りやすい黒ベースが2021年的セレクト。デニムにさらっと、肩がけでアクセントに…やっぱり、いい!

ドロップショルダーでラフに着こ

ドロップショルダーでラフに着こなせるルーズフィット具合が使いやすい。カットソー¥12,000(ルミノア/ゲストリスト)

ベーシックアイテム❸サテンのナロースカート

カジュアルにこそ使える今どきスカート大本命

スカートゆえの女らしさはもちろん、大人っぽさとリラクシーなムードも兼備した主役ボトム。選びのポイントは腰回りがタイトであることと落ち感、そして裾の揺れ具合。カジュアルな肉厚トップスで素材のギャップを楽しむのが着こなしのコツ。

スカート以外はメンズっぽく!そ

スカート以外はメンズっぽく!その意外性で着こなしがフレッシュに
たとえばスキニーパンツで辛口にいくところを、ナロースカートにシフト。わかりやすい甘さや女らしさとは違う、抜けが漂うこなれたフェミニンが実現!スカート¥39,000(ザ・ニューハウス/アーク インク)コート¥135,000スウェット¥24,000(ともにエイトン/エイトン青山)バッグ¥57,000スニーカー¥79,000(ともにピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ピアス¥45,000〈ReFaire〉バングル¥18,000〈Folk/N〉(ともにUTS PR)

撮影/藤原 宏(Pygmy Company)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/オードリー亜谷香 ヘアメーク/森 ユキオ(ROI) スタイリング/荒木里実 取材/西道 倫子  撮影協力/Hi-node

「コロナ時代でも、アラサー女子が欲しくなる服10選」

コロナ時代でも、アラサー女子が欲しくなる服10選「ダブルのジャケット」

コロナ時代でも、アラサー女子が欲しくなる服10選「白シャツ」他

コロナ時代でも、アラサー女子が欲しくなる服10選「ストレートデニム」他

コロナ時代でも、アラサー女子が欲しくなる服10選「アンサンブルニット」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE