特集

コロナ時代でも、アラサー女子が欲しくなる服10選「白シャツ」他

時代が大きく変わりゆく今、ファッションに対する価値観もガラリと変化したのを実感している私たち。今年、着たい服はなんだろう…そう考えたとき頭に浮かんできたのは、やっぱりベーシックアイテムでした。ディテールやシルエット、着こなしを更新しながら、2021年ならではの、新しいキレイめカジュアルを楽しもう!

◆あわせて読みたい

【ワークマン】¥2,900以下で買える「神アウター」5選

ベーシックアイテム❶バンドカラーの白シャツ

白シャツといえば今やコレ、着回し力の高さでも魅力!

いつの時代もワードローブのスタメンである白シャツこそ、シルエットやディテールのアップデートが必須なアイテム。いい感じの抜けが出るバンドカラーはTシャツ感覚で一枚でも重ね着にも大活躍。

チュニック感覚で細身のレザーパ

チュニック感覚で細身のレザーパンツにON 頑張らない清潔感がいい!
いわゆるシャツカラーのものより抜けを出せるのがバンドカラーのいいところ。裾をアウトにして着るとき、間がもつのはこんなビブヨーク(胸元切り替え)のタイプです。シャツ¥23,000(カレンソロジー/カレンソロジー新宿)パンツ¥28,000(ルーム エイト/オットデザイン)肩にかけたニット[日本限定]¥73,000(デミリー/サザビーリーグ)バッグ¥136,000シューズ[2月上旬発売予定]¥86,000(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)サングラス¥39,000(アイヴァン/アイヴァンPR)ピアス¥6,682 べっ甲バングル¥3,246 ゴールドバングル¥7,855(すべてアビステ)

その他バリエーション

  • チュニック感覚で細身のレザーパ

    前後差のある裾のカットで、スマートに着こなせる。ヒップをカバーしてくれるところも◎。シャツ¥23,000(ティッカ)

  • チュニック感覚で細身のレザーパ

    ゆったりとした被りタイプ。キレイめロンT感覚で気軽に取り入れたい一枚。シャツ¥29,000(エイトン/エイトン青山)

ベーシックアイテム❷ブルーのシャツ

一周まわって今、新鮮!2021年、この爽やかさを再発見

オックスフォードのボタンダウンや、ダンガリー…いつも身近にあったけど、しばらくごぶさただったブルーのシャツがリバイバル。今季の狙い目は、ハリ感のあるキレイめ素材のゆるシルエット。ちょこっとトラッドで女らしい着こなしへの近道に!

ブルーからネイビーの濃淡コーデ

ブルーからネイビーの濃淡コーデに取り入れて知的モードなニュアンスに
白シャツよりもカジュアルに着こなせるのがブルーシャツのよさ。肩がけのGジャンや気の利いた小物使いでオシャレ度を上げるのがポイント。シャツ¥22,000(ティッカ)スカート¥33,000(サクラ/インターリブ)Gジャン¥39,000(ハイク/ボウルズ)バッグ¥149,000(クリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン)ベレー帽¥11,000(タア/タア トウキョウ)ピアス¥11,000 バングル¥15,000(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

その他バリエーション

  • ブルーからネイビーの濃淡コーデ

    カジュアルさとキレイめのバランスがいいオーバーサイズ感が◎。シャツ¥19,000(カレンソロジー/カレンソロジー新宿)

  • ブルーからネイビーの濃淡コーデ

    シャツ¥19,000(トラディショナル ウェザーウェア/トラディショナル ウェザーウェア二子玉川ライズ店)

撮影/藤原 宏(Pygmy Company)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/オードリー亜谷香 ヘアメーク/森 ユキオ(ROI) スタイリング/荒木里実 取材/西道 倫子  撮影協力/Hi-node

「シャツ」関連記事

【無印良品】¥1,990の「白シャツ」をスタイリストが本気で着こなしてみた

2021年をHAPPYにする開運シャツ・ブラウスって?

2021年アラサーのモテ服の極意❸「揺れる服」「甘すぎない服」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE