特集

【今週の服装】ほっこり見せない秋の着こなし7選【アラサー女子】

「CLASSY.ONLINE」およびCLASSY.公式インスタグラムで毎日更新している「今日の服装」。1週間分をまとめてお届けします。

◆あわせて読みたい

【今週の服装】秋のアイテムを使った「トレンドコーデ」7選【アラサー女子】

  • 【今週の服装】ほっこり見せない秋の着こなし7選【アラサー女子】

    「セットアップ」のカジュアルダウン、正解は?
    簡単に”きちんと見え”が叶う「セットアップ」。今っぽく着こなすなら、スニーカーでハズしを効かせて。クリーンな白を選べば、コーデの洗練度もアップします。ぼんやりしがちなライトグレーの上下は、ダークカラーのシャツを挟んでメリハリを。スッキリとしたハンサムカジュアルの完成です。

    パンツ¥52,000ジャケット¥78,000(ともにイレーヴ/アングローバル)シャツ¥69,000(マディソンブルー)バッグ¥217,000スニーカー¥78,000(ともにクリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン)ピアス¥24,000(ReFaire/UTS PR)バングル¥22,000(シンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)

    『CLASSY.』2020年12月号より

  • ワンランク上の「ニットワンピ」着こなし術とは?
    秋冬の王道モテアイテムといえば、「ニットワンピース」。まわりと差をつけるなら、プリーツスカートと重ねて華やかさをプラス。こっくりイエローなら、白ワンピにも優しくなじみます。足元もベージュでワントーンに仕上げれば、縦ラインが強調され、スタイルアップも。

    ワンピース¥24,000 スカート¥24,000〈ともにドレステリア〉バッグ¥155,000〈ザンケッティ〉ブーツ¥38,000〈ファビオ ルスコーニ〉頭に巻いたスカーフ¥15,000〈アネー〉ネックレス¥13,000〈ローラ ロンバルディ〉バングル¥28,000〈フィリップ オーディベール〉 (すべてドレステリア 新宿店)

    『CLASSY.』2020年12月号より

  • 「リブニットパンツ」を通勤コーデで使うなら?
    楽ちんなニットパンツは通勤コーデにも取り入れたいもの。黒を選べば、ほっこりしすぎず、デブ見えする心配もありません。かっちりしがちな黒ジャケットも、ニットパンツとの組み合わせで抜け感のあるスタイルに。女っぽいピンクの靴が、大人の余裕を演出します。

    パンツ¥87,000(ARCH THE/THIRD MAGAZINE) シャツ¥21,000ジャケット¥48,000(ともにエーピー ストゥディオ/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク)バッグ¥329,000シューズ¥93,000(ともにロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)サングラス¥48,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)ピアス¥25,037(アビステ)

    『CLASSY.』2020年12月号より

  • ほっこり見えない「ワントーンコーデ」のコツは?
    旬のワントーンコーデは、異素材MIXで差をつけて。女性らしいふわふわニットに、ちょっぴりモードなレザーパンツをオン。コーデに緩急がつき、リッチ度が高まります。やわらかいベージュでまとめることで、辛口すぎず女性らしい印象に。バッグは華やかなマスタードで、全体にアクセントをプラスして。

    レザーパンツ¥98,000(ebure)ニット¥60,000(ハイク/ボウルズ)ストール¥11,000(スムーク/フラッパーズ)バッグ¥193,000(トッズ/トッズ・ジャパン)シューズ¥17,000(デ・プレ)サングラス¥32,000(アイヴァン/アイヴァン PR)

    『CLASSY.』2020年12月号より

  • チェックパンツを女っぽく穿くなら?
    11月6日(金)、秋冬定番の「チェック柄」。パンツで取り入れれば、子供っぽく見える心配もありません。トップスに女っぽいブラウスを合わせて、マニッシュ感を緩和して。レトロなパフスリーブ×ボルドーで、上品かつクラシカルなスタイルが完成。

    パンツ¥36,000(イレーヴ/アングローバル)ブラウス¥3,990(AG バイ アクア ガール)バッグ¥28,000(サマンサタバサ/サマンサタバサ ルミネ新宿店)スカーフ¥12,000(マニプリ/フラッパーズ)パンプス¥48,000(ペリーコ/アマン)ネックレス¥1,900(アネモネ/サンポークリエイト)

    『CLASSY.』2020年12月号より

  • キレイめカジュアルを叶える「ボアブルゾン」の着こなし方
    ボリューミーなロングスカートをカジュアルダウンさせるなら、「ボアブルゾン」が正解です。モコモコ素材でも、パイピング加工なら甘すぎなくてちょうどいい。足元は肌が見えるミュールを選べば、ゆったりコーデに抜け感がプラスされます。

    スカート¥48,000(コラム/エストネーション)ブルゾン¥46,000(ハイク/ボウルズ)シャツ¥38,000(ユーゲン/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)バッグ¥139,000シューズ¥168,300(ともにロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ピアス¥16,000(NORTH WORKS/UTS PR)

    『CLASSY.』2020年12月号より

  • 定番「デニム×ニット」を今っぽく更新するには?
    11月8日(日)、秋の定番コーデ「デニム×ニット」。今年らしくアップデートするなら、ワントーンでまとめるのが正解。ほっこりしがちなカジュアルコーデも、全体をブラウンで統一すれば、女っぽく抜け感が備わります。フォトTやハイカットスニーカーで、トレンド感を高めて。

    デニムパンツ¥23,000(ヤヌーク/カイタック インターナショナル)ニットカーディガン¥49,000(エイトン/エイトン 青山)Tシャツ¥4,500(シップス エニィ × グッドロックスピード/シップス エニィ 渋谷店)バッグ[ロングストラップ付き]¥94,000(ピエー ル アルディ/ピエール アルディ 東京 )スニーカー¥7,000(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)ネックレス¥9,000(イン ムード/フォーティーン ショールーム)ブ レスレット¥5,500(アンプジャパン/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店)

    『CLASSY.』2020年12月号より

再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岸本真由子
※本記事は過去の「CLASSY.」を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE