骨格診断ストレートの人に多い「老け方」は、太りすぎないように注意!?【おすすめ美容医療を紹介】

巷で人気の骨格診断。じつは〝骨格タイプ〟によって、老け方も変わるんです!そのことをさらに掘り下げるべく、美容皮膚科医の下島先生に骨格タイプと老化傾向の関係性を教えてもらいました!老け方別のエイジングケアについてもご紹介します。

骨格のタイプによってケアすべき部分が変わります

「ストレート」タイプは…

骨格ストレートにおすすめの「美容医療」

コラーゲンやエラスチンの量が他の骨格タイプより豊富
骨格ストレートタイプは、厚みと弾力を感じる肌をしています。丸顔の人が多く、頬骨がやや上めについている人もよく見受けられます。もともとの皮膚自体に下に落ちない力があるため、骨が萎縮しても、脂肪が減っても靭帯が緩んでも衰えが他の骨格タイプより緩やか。肌に弾力があるのでシワもできにくいです。
この弾力は、筋肉の多さではなく、コラーゲンやエラスチンが豊富であることからくるもの。また、最近の治験ではこれらがしっかりあると肌の透明度が増すという結果も。つまり、メラニンの量が他の骨格タイプと同じ場合、透明感を一番感じられます。
以上のことから、ストレートタイプはたるみケアを重点的に行うのが正解。また、太りすぎると厚みのある肌が垂れて顔が四角くなるので注意を。肉付きがいい場合は減量も並行するとかなりの若返りをはかれます。

教えてくれたのは…

骨格診断アナリスト・棚田トモコ
本企画の担当ライターであり骨格診断アナリスト。美容やファッションの取材で培った知識と骨格診断メソッドを融合し、ハイブリッドな情報を提供。

美容皮膚科医・下島久美子先生
フェイシャルからボディまで自然な美しさを追求してくれると評判。最新の美容知識も豊富です。https://kumiko.clinic

撮影/五十嵐 洋 イラスト/白ふくろう舎 取材・骨格診断監修/棚田トモコ 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup