特集

【宝塚】元タカラジェンヌ・伶美うららさんの「冬の華やかメーク」【王道クラシカル編】

華やかなホリデー・年末年始シーズンにぴったりのメークを、宝塚の娘役OGがレクチャー。今回は、ひときわ美しいルックスと佇まい、そして繊細な演技で舞台上でも注目を集めた、元宝塚歌劇団宙組の伶美うららさんの登場です。第1回目は、きちんと感と華やかさを両立した大人のクラシカルメークを、愛用しているアイテムとともに教えてもらいました。

◆あわせて読みたい

元宝塚娘役トップスターが教える「崩れないメーク」3選【綺咲愛里さん】

シックな色使いで、上質なツヤの気品漂う目元に

【宝塚】元タカラジェンヌ・伶美うららさんの「冬の華やかメーク」【王道クラシカル編】

使用アイテムはこちら

[右から]繊細なパール感が素肌

[右から]繊細なパール感が素肌を美しくみせるハイライター。ミネラライズ スキンフィニッシュ ライトスカペード ¥4,200(M・A・C) やわらかいジェル状のテクスチャーが肌に密着して一日中崩れ知らず。プロ ロングウェア フルイッドライン ブラックトラック ¥2,700(M・A・C) 艶やかなパール感が上品な目元に。肌をきれいにみせるゴールドベージュ。ザ アイシャドウ パール 003P ¥2,000(アディクション ビューティ) ゴールドラメがきらめくスモーキーなカーキ。ザ アイシャドウ パール 017P ¥2,000(アディクション ビューティ) “婚活リップ”として人気を博したリップカラーが華やかなパッケージでリニューアル。ツヤと血色をプラスして愛らしい唇を演出。ピュア カラー エンヴィ クリスタル リップスティック 564 ¥4,000(エスティ ローダー) 汗や涙、擦れにも強く、上向きカールをキープ。独自のファイバーとブラシで、ダマのないロングまつ毛が簡単に。ヒロインメイク ロング&カールマスカラ スーパーWP 01 ¥1,000(KISSME) まつ毛一本一本をキャッチして根元からカールアップ。アイラッシュ カーラー ¥1,700(シュウ ウエムラ)

How to make up

  • [右から]繊細なパール感が素肌

    1.アイホール全体にアイシャドウをオン
    アディクションのアイシャドウ(003P)を指にとり、アイホール全体にのせます。

  • [右から]繊細なパール感が素肌

    2.アイシャドウの濃い色を二重幅に
    アディクションのアイシャドウ(017P)を、二重幅よりやや太めの幅に重ねます。1.のアイシャドウに自然に馴染ませて。

  • [右から]繊細なパール感が素肌

    3.ジェルアイライナーを目のキワに引きます
    ジェルアイライナーをブラシに取り、上まぶたのキワに引きます。まつ毛を埋めるように少しづつ丁寧に引くのがコツ。目頭側は、目を開けたときに見える白目の端の部分からスタート。目尻側は跳ね上げず、5mmほど目尻の延長線上にすっと伸ばします。

  • [右から]繊細なパール感が素肌

    4.まつ毛をカール&ブラッシング
    ビューラーでまつ毛を根元からぐっと上げながら、ブラシで毛先を丁寧に梳かします。このひと手間が、きれいにセパレートしたまつ毛をつくるポイントです。

  • [右から]繊細なパール感が素肌

    5.マスカラをしっかりと
    梳かしたまつ毛の流れに沿うようにマスカラを塗ります。ヒロインメイクのマスカラは、まつ毛のカールを一日中キープしてくれるので舞台メイクでも活躍。

  • [右から]繊細なパール感が素肌

    6.チークとハイライトをふんわりと
    笑った時に高くなる位置からこめかみのほうに向かってチークをふんわりとのせます。チークに重ねるように頬骨の高い位置にハイライトをのせ、立体感とツヤをプラス。

  • [右から]繊細なパール感が素肌

    7.リップカラーをブラシで
    リップはブラシにとり、リップラインに合わせて唇全体に丁寧に塗ります。

“華やかさ”にはトータルバランスと内面を磨くことも大切

「”華やかさ”を表現するうえで

「”華やかさ”を表現するうえで、メークアップももちろんひとつの手段ですが、服やアクセサリー、髪型などを含めた、全身のトータルバランスを意識するようにしています。ただお化粧を濃くすればいいということではなく、似合う色だったり、顔立ちに合わせたメークができているか、まだまだ私自身も研究中ではありますが、いろんなメークにチャレンジすることで、華やかさを引き出す自分にぴったりのメークを見つけられるはずです。それに、内面からにじみ出る華やかさもとても大切。出かける前、鏡を見たときに『今日の自分、キレイかも』『ちょっといいかも』と思うこと、そのポジティブなマインドが自信につながって華やかさを生み出してくれると思います。
舞台では、演じる役によってメークや鬘、アクセサリーなど細部にもこだわっていました。例えば口紅の色、アイライナーの引き方、眉毛の形……いただく役の年齢や女性像によって、どうしたらより役のキャラクターを表現できるのか考え、研究しました。特にメークにこだわっていたのは、2016年の宙組公演『ヴァンパイア・サクセション』のカーミラ役。実はカーミラがこれまで自分が演じてきた役のなかで一番濃いメイクで、鮮やかな発色のリップやアイシャドウを選んだり、つけまつ毛を4枚重ねていたり。衣装も派手だったのでメークもそれに負けないよう、とことんこだわった役ですね」

Profile

伶美うらら(れいみうらら)さん・2009年宝塚歌劇団に入団。華やかな美しさと情緒ある芝居で新人公演、小劇場のヒロインなどを数多く演じる。2017年に宙組公演『神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜』で男役トップスター朝夏まなとさんの相手役を演じ、惜しまれつつも退団。代表作は『翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-』クララ・シューマン、『SANCTUARY』マルグリット・ド・ヴァロア、『バレンシアの熱い花』イサベラなど。現在は女優、MCなどのほか、オリジナルアクセサリーの制作・販売も。

【衣装】シアーブラウス¥15,000(セブンアイディーコンセプト)リング¥12,000(Jouete)
【問い合わせ先】アディクション ビューティ 0120-586-683 エスティ ローダー 0570-003-770 KISSME 03-3262-3123 シュウ ウエムラ 0120-694-666 M・A・C(メイクアップ アート コスメティックス) 0570-003-770 Jouete 0120-10-6616 セブンアイディーコンセプト 0120-290-370

撮影/田形千紘〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 モデル/伶美うらら ヘアメーク/小松胡桃(ROI) スタイリング/中村真弓 取材/渋谷香菜子 構成/CLASSY.ONLINE編集室

「宝塚メーク」関連記事

元宝塚娘役トップスターが教える「崩れないメーク」3選【綺咲愛里さん】

【宝塚】元タカラジェンヌ・綺咲愛里さんが指南する「崩れないメーク」~マスクの日のチーク&リップ編~

【宝塚】元タカラジェンヌ・綺咲愛里さんが指南する「崩れないメーク」~アイメーク編~

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE