特集

【バチェラー・ジャパン】友永真也さん&岩間恵さん以外も魅力的なメンバー揃いの秘密

昨日、インスタグラムにて結婚を発表した、恋愛リアリティショー「バチェラー・ジャパン シーズン3」に出演していた友永真也さんと岩間恵さん。読者にも人気のこの番組は、たびたびCLASSY.でも取り上げてきました。今回は、「バチェラー・ジャパン シーズン3」の人気メンバーに関するトピックスをまとめてご紹介します。

1.CLASSY.ONLINEと数々のコラボ!「野原遥」さん

女らしいのにカッコいい!内面の美しさも魅力的

【バチェラー・ジャパン】友永真也さん&岩間恵さん以外も魅力的なメンバー揃いの秘密

「バチェラー・ジャパン」シーズン3の放送直後、恋愛観についてインタビューをさせていただくなど交流の深い野原遥さん。女らしいのにカッコいいという彼女のファションやヘアメークが、同世代の女性たちから注目を集めていました。

野原遥

のはらはるか 1990年10月21日生まれ、29歳。170cm。「バチェラー・ジャパン 」シーズン3参加。茨城県に生まれ、県内の中高を卒業後、美容の専門学校へ進学。その後アパレル会社、美容関係会社などを経て、現在広告代理店にてクリエイターマネジメントとして活躍。2016年ミスユニバースジャパンファイナリスト。Instagram:@noharu1021、Youtube:「野原と遥」

野原さんの美しさの秘密3つ

  • ❶アイメークが印象的!
    キリッとしたアイメークは、「バチェラー・ジャパン」放送時から注目を集めていました。左右対称で等間隔になるよう計算された目元を作るのがポイントで、グラデーションや涙袋メークで目元に立体感を出しているそうです。美容の専門学校で得た知識を存分に生かしたメークです。

  • ❷ヘアスタイルがカッコいい!
    ブラシを使ってタイトに仕上げた、オールバックのポニーテールも彼女の代名詞。実は男性用のスタイリングジェルを使って仕上げているというこだわりも。ハイネックの服を着るときは高い位置で結び、柔らかい印象にしたいときは低めで結ぶそう。

  • ❷姿勢がめちゃくちゃキレイ!
    2016年、ミスユニバースに出場するためのレッスンのときに徹底的に教え込まれた姿勢の作り方。座っているときも骨盤を立てるよう意識し、体を反ったり、胸元を張るのではなく、骨盤を立てるのがポイント。椅子にすわっているときも背もたれからこぶし1個分離し、立っていても座っていても、足の内側やお尻を引き締めるよう意識しているそう。

◆あわせて読みたい

バチェラー参加女子・野原遥、結婚相手に求める条件は?【バチェラー・ジャパン シーズン3】

バチェラー女子・野原遥の目力アイメークを徹底解説【野原遥・特別連載⑤】

野原遥が教える「美人な姿勢の作り方」|元ミスユニバース&バチェラー参加【野原遥・特別連載④】

「女らしいのにカッコイイ」野原遥ヘアの作りかた【バチェラー女子/野原遥・特別連載②】

2.7月よりONLINE限定で新連載をスタートした「水田あゆみ」さん

気遣いテクともてなす力は令和のモテ女王!

「バチェラー・ジャパン シーズン3」では「気遣いテクがすごい!」「異性からも女性からもモテる」と一躍話題となった“あゆ姉”こと水田あゆみさん。長年のホステス経験で培ってきたホスピタリティや、仕事への真摯な姿勢に感銘を受けたアラサー女子も多いはず。CLASSY.ONLINEでは7月より「水田あゆみの令和的モテ理論」という連載をスタートしました。

水田あゆみ

みずたあゆみ 1988年10月22日、大阪生まれ。北新地で10年間ホステスとして勤める。2019年秋、「バチェラー・ジャパン シーズン3」に参加。ファイナルローズをもらう。2020年3月には、初著書『選ばれる理由(宝島社刊)』を出版。現在は、SNSや自身のファンサイト『水田あゆみ Official Site』で活動中。
公式サイト
Instagram
Twitter

◆あわせて読みたい

「コンプレックスお抱え女子がコロナ時代で恋愛を始めるには?」|水田あゆみの令和的モテ理論Vol.1

前回の連載では「コロナ時代の恋愛の始め方」を指南!

「私は選ばれない」は自己暗示にすぎない。「容姿がコンプレックスで自信が持てず、なかなか恋愛に踏み出せない」という悩みを持つ人は、結構多いものです。歳を重ねればなおさらですよね。まず、本題に入る前に、思い出してほしいことがあります。「どうせ男性から選ばれることはないんだろうな」と今強く感じているのは、過去の失敗が積み重なって自己暗示のループにはまってしまっただけだ、ということを。決してあなたに魅力がないわけでも、モテないわけでもないと自分を信じてあげてください。と、自信が持てずに恋愛に進めない女性へ、3つのことをアドバイスしてくれています。

3.他にも注目の出場者をCLASSY.ONLINEではタイプ別に分析!

アラサーが学ぶべき、 婚活のヒントがたくさん

  • ❶そんなに好きじゃないかも、と揺さぶる 「追いかけさせる系」
    岩間 恵さん
    関係に安心しきってなおざりにされたり、他の女性にうつつを抜かしていたら「どういう好きか分からなくなった」、「友達みたいな部分もあるのかな」と揺さぶって。男子特有の〝追っかけエンジン〟に火がついて「別に友達じゃねえしみたいな」と真剣に追いかけてくるでしょう。

  • ❷まっすぐ好きと伝えてアピールする 「直球ストレートタイプ」
    水田あゆみさん
    ライバル女性と自分がほぼ同スペックで、彼がどちらか悩んでいる状態だとしたら男子はより愛してくれる女性に心が傾くもの。水田さんのように心地良い雰囲気を作りながら「そっちは何も言わなくていいから。好きです」と直球で伝えて。

  • ❸女子から見るとわざとらしいのに バチェラーはメロメロ 「ぶりっ子」
    田尻夏樹さん
    3シーズンを通して目立っていたのが、女子目線からはドン引きするほどの超絶ぶりっ子たちの大躍進。例えばやたらセクシーな衣装で距離感をググッと縮めてくる田尻さん。どのぶりっ子キャラをするとしてもちょっとヤリすぎくらいが男子にはちょうどいい。

  • ❹そう簡単にはなびかない 「高嶺の花キャラ」
    野原 遥さん
    容姿に自信があるなら断然コレ! 自分がバチェラーの隣にふさわしい女性として確固たる自信を持つ野原さんを参考に、基本的に自分からはがっつかずに「ゆったりと待つ」方向で戦略を立てよう。

  • ❺明るくて女子の中心 「ムードメーカー」
    中川友里さん
    スタジオの予想を裏切って後半まで残っていたのが、DJ中川さん。グループデートで圧倒的な存在感を放っており、やたら集団行動が得意なのがポイント。見た目のインパクトとは裏腹に独特の世界観や天然キャラでピリピリとした雰囲気を和ませたり、時には盛り上げ役として活躍しました。

いかがでしたか?バチェラー・ジャパンに出場していた方々はみんな華やかで、かつ個性豊か!彼女たちから学ぶものもきっと多いはず。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

再構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE