特集

絶対に喜ばれる、最高の手土産3選【アートディレクター・秋山具義さん推薦】

今回は、アートディレクターの「秋山 具義」さんに、おすすめのお持たせをお伺いしました。

  • 絶対に喜ばれる、最高の手土産3選【アートディレクター・秋山具義さん推薦】

    菓匠雅庵の「わらび餅」1折/¥715
    「究極のやわらかさのわらび餅に、程よい甘さのきな粉でいくらでも食べられます。どの世代にも喜ばれる、上品な味」

    中目黒駅から徒歩10分ほど、静かな住宅街の一角に本店を構えるこちらは、揚げ饅頭や豆大福といった普段使いのものから、お茶席に使われる上生菓子まで、職人技で仕上げた和菓子が揃います。一番の人気は、驚くほど柔らかいわらび餅。わらび粉を丹念に練り上げることで、菓子切りで持ち上げられるくらいのコシがありつつ、口に入れるととろんと溶けるような滑らかさに。やさしい甘さと香ばしさが際立つ、上質なきな粉をたっぷりと合わせて。

    ●菓匠雅庵 中目黒本店
    東京都目黒区東山1-13-4
    ☎️03-3793-1769 営業:10:00~18:00(日曜~17:00)無休
    http://www.wagashi-miyabian.com/

  • CAMELBACK sandwich&espressoの「すしやの玉子サンド」1個/¥450(税込み)
    「フワフワな甘めの卵焼きに辛子が効いて美味しい。 キャンディーのように包まれた見た目もかわいいです」

    元鮨職人の成瀬隼人さんとバリスタの鈴木啓太郎さんで開いたスタンド。名店のパンと、巧みに構成されたフィリングのバランスが絶妙なサンドイッチはすべて成瀬さん作。独創性が光る一品は、鮨職人時代と同じ素材と技法で作る端正な出汁巻き卵が具材。桑名もち小麦をブレンドしたコッペパンは「カタネベーカリー」製。もちっと歯切れよいパンにふんわり卵、発酵バターの風味とともに和辛子が味わいを引き締め、食べ進めるのが何とも楽しい!

    ●CAMELBACK sandwich&espresso
    東京都渋谷区神山町42-2
    ☎️03-6407-0069 営業:9:00~17:00(不定休)
    https://camelback.tokyo/

  • Equalの「チーズケーキ」1個/¥560
    「やわらかくて超クリーミー、生地も美味しいチーズケーキ。 トロワグロ本店でシェフパティシエを務めた後藤裕一さんの行列店」

    国内外の名店で腕を磨き、原太一シェフとともに代々木上原のビストロ「PATH」をオープンさせた後藤裕一さんが、「親しみやすい街の洋菓子店を」と2019年9月にオープン。誰にとっても身近なシュークリームとチーズケーキを定番にしています。とはいえ、低温でじっくりと焼き上げることで可能にした、滑らかな食感はレストランのデセールのよう。しっかり濃厚ながら酸味が程よく、薄めのクラストに入れた岩塩が効いて、後味は軽やかです。

    ●Equal 
    東京都渋谷区西原2-26-16
    ☎03-6407-0885 営業:9:00~18:00 休:月、火、金、日(不定休)
    ※購入前日の15:00~18:00に電話にて予約可能https://www.instagram.com/equal_pastryshop/

アートディレクター/秋山具義さん
クリエイティブプロダクション「デイリーフレッシュ」代表。広告キャンペーン、ポスターやパッケージ、CDジャケット、装丁、キャラクター等のデザイン、飲食店のプロデュースなど、幅広い分野で活躍中。美味しいもの情報が満載のInstagram(@gugitter)のフォロワーは4万人を超え、「食べログ」グルメ著名人としても注目を集めている。

撮影/安井真喜子 取材/首藤奈穂

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE