【ホテル、レストランetc.】韓国通ライターの「高感度ソウル」

友人のお誕生日祝いや、仕事を頑

友人のお誕生日祝いや、仕事を頑張ったご褒美、ちょっと辛いものが食べたくて…セアルさんにとってソウルは、国内旅行よりもライトな気分で出かける場所。数えきれない渡韓の中で培った審美眼で、高感度なソウルをキュレーションしました。

【LUXURYなSEOUL】ソウルでしかできないハイエンドな体験を

気軽なソウル旅だけど、特別な日に訪れるなら、ホテルだってレストランだってお気に入りの場所へ。思い切りオシャレして出かけるのがセアル流!

コロナ禍の前は毎月のように訪れ

コロナ禍の前は毎月のように訪れていたソウルに丸3年行けなかったことで、韓国語のリスキリングの必要を感じ、短期の語学留学を決意。日常会話には困らないものの、きちんとビジネスでも使える韓国語を学ぶために、ちょうど1年前の2023年3月にソウルにある梨花女子大学の語学堂に約1カ月の短期留学。今はソウルでの仕事も視野にTOPIK取得のための勉強中。

\ソウル基本情報/
ソウルを訪れる際、金浦空港と仁川空港の2つの空港がありますが、中心部から近い金浦空港がより便利。移動手段はタクシーやUber、カカオタクシー、TADAという韓国のライドシェアもあるけれど、バスや地下鉄などの公共交通機関を駆使して移動するのもソウル旅の醍醐味。交通カード「Tmoney」は、大部分のコンビニエンスストアで購入でき、駅でチャージ可能。中心部の治安は概ね良好で日本と大きな差はない。1W=0.11円(2024年3月現在)。

【HOTEL】定宿から特別なときのホテルまで

カフェもお買物も徒歩で行けるGRAND HYATT SEOUL

南山と漢江に囲まれた5つ星ホテル。夏はプール、冬はスケートリンクもあり家族旅にもオススメです。ソウル屈指の高級住宅街なため、お散歩がてらお宅探訪も楽しい。@grandhyattseoul

【RESTAURANT】このために渡航してもいいくらい

毎度訪れたいマイベストレストラン『ONJIUM』

景福宮を望むロケーションのミシュラン20241つ星レストラン。2018年OPEN。伝統料理を継承したコースメニューを季節に合わせて月毎に変えて提供しているから、渡韓の度に訪れたいアドレス。CATCH TABLEで予約可能。@onjium_restaurant

【CASUALなSEOUL】フッ軽に何軒もホッピング!

お金のかからないアクティビティからショッピングやカフェまで。毎度訪れるお気に入りの場所に、新たにアップデートした場所も加えて紹介します。

【RUNNING】いつもとは違う景色がたのしい

【SHOPPING】荷物になっても持ち帰りたいものだけ

【CAFÉ】インテリアまで参考になる

ここ数年、韓国のカフェの進化が止まらない。それぞれのお店が個性豊かで全然違う強みを持っているから、その日の気分や一緒に行く人、飲む時間、エリア、用途によってバリエーションを持っておくのも◎。オススメはこの4つ。

金セアル・ライター
24歳から始めたCLASSY.のライター業も気付けば20年目に突入。そして韓国企画を担当するのは今回で3度目。20代〜40代と年齢を重ねるごとに興味を持つ場所やコンテンツも変化し、今はもっぱら韓国の食や暮らしに興味が移行中。@sealbank

撮影・取材/金セアル 編集/小林麻衣子 再構成/Bravoworks,Inc.
※情報は2024年3月時点でのものです。詳しくは各所公式Instagramをご確認ください。

Pickup