恋愛

ちょっと無理…彼女候補から落ちる、アラサー女性が送りがちなLINE4つ

「この人と付き合いたい」「この人の彼女になりたい」。そんな片思い中の男性とLINEをする時に大切なのが、男性の立場に立ってメッセージを送ること。

「自分がこの話をしてみたい」「もっと自分の魅力をアピールしたい」といったように自分の気持ちだけを押し付けてしまうと、知らず知らずのうちに彼女候補から脱落していた、なんてことも……。

そこで今回は、注意しておきたい“彼女候補から落ちるアラサー女性が送りがちなLINE”をご紹介します。

1.何が言いたかったの?大量の「送信取消」

「LINEが来るのはいいんだけれど、やりとりの中で頻繁に『メッセージの送信を取り消しました』って表示されると『本当は何が言いたかったんだろう?』って何だかモヤモヤが残ります。『気難しい人なのかな?』と思ってこちらも気を遣いますし。彼女候補としては、ちょっと……どうかな」(28歳男性・商社)

好きな人にLINEを送る時、どんな内容にしようか迷ったり、送った後に「やっぱり今のはナシかも」とメッセージを修正したくなったりすることもあるでしょう。しかし、多少ならまだしも、頻繁な“送信取消”は男性に不信感を与えてしまう可能性があります。

もし時間がかかったとしても、きちんと内容を考えてから送ったほうが良いかもしれませんね。

2.しつこいって…「ガツガツ肉食系LINE」

「合コンで『ちょっといいかも』と思う女性とLINEを交換したのですが……。少しやりとりをして、割とすぐに『声聞きたいな~♪』『会いたいな♡』『いつ空いてる?』とガツガツ来られて、正直引いてしまいました。付き合ってもいないのに、いきなり攻めすぎというか……。まだそこまでこっちの気持ちが追い付いていないので、勢いに圧倒されてしまいました」(30歳男性・メーカー)

男性側も少なからず好意を抱いているのであればまだしも、まだそれほどお互いのことを知らない段階からガツガツ迫られると、思わず引いてしまうという男性も。

明らかに自分に脈アリだとわかる男性以外には、焦らず少しずつ距離を縮めるよう意識してみて。

3.読むだけで一苦労…「長文+質問LINE」

「向こうから趣味の質問をされて返信したら、その返信に対してさらに何行にもわたるLINEが返ってきて、驚いたことがあります。しかも文末にはまた質問が書かれてあって。最初は真面目に返していたのですが、毎回長文で返ってきて必ず一つ新しい質問をされるので、だんだん疲れてしまい、結局そのコはフェードアウトしてしまいました……」(31歳男性・保険営業)

好きな人とたくさんやりとりがしたい、相手が返信しやすいようにたくさん話題を振りたいといった気持ちからか、つい長文のLINEや質問攻めをしてしまう女性もいるかもしれません。

男性からも長文で返信が来て話が盛り上がっているのであれば、そのままでも問題ないでしょうが、あまりに長文かつ質問のLINEが続くと男性の負担になってしまう可能性が。

無理に長文を送るよりも、相手が分かりやすく、受け取って嬉しいかどうかを考えて返信できると良いですね。

4.絵文字多すぎキラキラLINE

「基本的にスタンプや絵文字を使わないタイプなので、女のコからすごくキラキラしたLINEをもらうと戸惑ってしまいます。何だか、頑張ってテンションを上げようとしている感じがして……。もし素だったとしても、自分とはノリが合わなさそうな気がします」(31歳男性・不動産関係)

たとえば「おはよう♪今日も一日お仕事頑張ろうね(^▽^)/☆良い一日になりますように♡♡」といったような、テンションの高すぎるLINEは、男性のタイプによっては彼女候補から除外されてしまう可能性があります。高すぎるテンションが「自分とはタイプが合わないかも」と思われてしまうかもしれません。

スタンプの有無や絵文字の数などは、男性の文面の雰囲気に合わせるのが無難でしょう。

 

いかがでしたか? 無意識のうちに彼女候補から落ちることのないよう、LINEで送る内容には十分注意しましょう。特に「この人と付き合いたい」という気持ちが強いほど、周囲が見えなくなってひとりよがりな内容を送ってしまいがちです。相手が喜ぶようなLINEを送るよう心がけてみてくださいね!

 

文/大内千明 画像/Shutterstock(Cookie Studio、fizkes、Andrey_Popov)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE