素敵なあの人のお宅訪問!【都心のヴィンテージマンションをフルリノベ!ワンルームで1人暮らし】

インダストリアルなワンルームに自分らしさで彩りを

森本萌乃さん(MISSION ROMANTIC代表/Chapters bookstore 書店主)

経営者としてパワフルに活動している森本萌乃さんは、都心のワンルームで1人暮らし。ヴィンテージマンションならではの造りに惚れ込み、建築に携わっているご両親の設計・施工を経てフルリノベーション。森本さんが「女性でも男性でも違和感なく暮らせる空間にしたくて、ちょっと武骨でインダストリアルなインテリアに」と語るように、建築時そのままの躯くたい体をむき出しにしたコンクリートをメインに、キッチンやドレッサー周りのコーナーに白いタイルをあしらっています。
無機質になりがちなインテリアデザインながら、積み上げられた本やキュートなオブジェ、棚に並んだボトル&グラスなどから、仕事や趣味に精力的に取り組み、友人と集まるときはとことん楽しむ森本さんの魅力が垣間見えます。「コロナ禍のステイホーム期間はオンとオフのスペースを分けていたのですが、部屋が片付かなくなってしまって。今はテーブル1つで、仕事も食事もしています」というリビングが、おうちでの定位置だそう。
一転して、ベッドコーナーはペールピンクのカーテンをふんわりと掛けて可愛らしい雰囲気に。枕元には大切な思い出の品々を飾り、元気をチャージできる特別な空間になっています。

仕事に趣味に、楽しみが広がるテーマのあるコーナーづくり

【PROFILE】
◼︎森本萌乃さん(MISSION ROMANTIC代表/Chapters bookstore 書店主)
大学卒業後、広告代理店へ入社してプランナーとして4年間勤務。2度の転職を経て、企業在籍中にMISSION ROMANTICを創業。まだ見ぬ本・気の合う誰かとの出会いを届ける月額制オンライン書店Chapters bookstoreを運営。

撮影/イマキイレカオリ 取材/首藤奈穂 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup