特集

30代女子100人に「将来子ども、産みたい?産まない?」を聞きました【未婚既婚女子に出産の本音を聞きました】

仕事が充実してきて、ライフイベントも多い30代は「選択」の連続です。そんなCLASSY.世代の「選択」を取り上げる不定期連載、第1回のテーマは「産む?産まない?」について考えてみましょう。

アラサー女子が知っておきたい高齢出産への備え【Vol.1】

100人に聞きました「産む?産まない?」

CLASSY.世代のみんなは、自分が子どもを産むことについてどう思っている?100人に答えてもらいました。(集計結果の割合、小数点以下は四捨五入)

  • CLASSY.世代のみんなは、

    Q1
    今後「子どもを産みたい」と思っていますか?

    回答してくれた女性の内訳は未婚7割、既婚3割。「いつかは子どもを産みたい」と思っている人が約7割という結果に。

  • CLASSY.世代のみんなは、

    Q2
    Q1で「産みたいと思っている」と答えた方にお聞きします。何歳までに最初の出産をしたいですか?
    約半数の人が35歳までと回答。40歳までという回答が意外に多いのは近年の晩婚化、晩産化の反映と言えそうです。

  • CLASSY.世代のみんなは、

    Q3
    Q1で「産みたいと思っていない」「わからない、今は決められない」と答えた方は、理由を教えてください。
    1位「子どもを欲しいと思わない」
    2位「経済的な不安がある」
    3位「仕事と育児の両立が難しい」

    その他の理由として「結婚したい、この人の子どもが欲しいという相手がいない」
    「子どもも欲しいが自由な時間も諦めたくない」「今後の世界情勢が不安」などの意見も。

お話を伺ったのは…

ママ女医ちえこ先生 現役産婦人

ママ女医ちえこ先生
現役産婦人科医として婦人科診療を行うかたわら、チャンネル登録者数13万人を超えるYouTubeチャンネルを運営。3児の母。著書に『子宮にいいこと大全産婦人科医が教える、オトナ女子のセルフケア』(KADOKAWA)

イラスト/松元まり子 取材/加藤みれい 再構成/Bravoworks.Inc

「ライフイベント」関連記事

卵子のプロに聞いた「卵子凍結、大人世代の場合」

アラサー女子の「卵子凍結」メリット&デメリット8つ

子どもを産みたいかもしれない人が「卵子凍結」で行うこととは…?

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus