恋愛

届いてドン引き…。モテると勘違いしている男性が送りがちなLINE3つ

自分が“モテている”と勘違いしている男性から送られてくるLINE。適当に受け流しても、数日経つと、また同じ内容を送ってきたり……。今回は、モテると勘違いしている男性が送りがちなLINEをご紹介します。こんなLINEがきたら、勘違い男かもしれませんよ。

■「相談にのるよ」と、しつこく言ってくる

会社員として働くAさんには、つい最近まで好きな人がいました。Aさんは、いわゆる一匹狼。ひとりの時間をなによりも大切にするタイプです。ところが彼は、少し素っ気なくLINEを返しただけで「何かあった?」「大丈夫?」と、しつこくメッセージを送ってきたんです。

最終的に「無理!」となった決定打は「俺しか相談相手、いないでしょ?」の一言。モテると思っているのか分かりませんが、「勘違い男は無理」と思い、彼女はフェードアウトしたとか。

こちらから相談をもちかけたならまだしも、まったく求めていないのに「元気ないね、相談にのるよ」と言ってくる男性がいます。実際に相談をもちかけると、アドバイスより、彼の説教が始まってしまいます。「君はさ、もっとこうした方がいいよ」と言われた日には、すぐに彼とのやりとりを解消したくなるでしょう。

■Twitterのかわりに報告してくる

女々しいのは、決して女のコたちだけではありません。むしろ、最近の男のコたちの方が女らしい側面も。男性も最近は“モテ”を勘違いしたまま、一方的なアプローチをする人がいるようです。

たとえば、LINEをTwitterの代わりにして近況報告してくる人。「きょうのランチ、美味しかったんだよね」と、メッセージを開いた瞬間に「お前は女子か!」とツッコミたくなる人もいるでしょう。

そもそも、モテを勘違いされるのも鬱陶しいですが、付き合っていない状況のときから、彼氏面されるのもストレスがたまります。勘違い男は、どこまでも勘違いをします。いつの間にか彼女と認定されないように気をつけてくださいね。

■やたらと「仕事をしています」アピールをしてくる

彼が勘違い男と分かるまでは、単純に好きな人としてLINEをしていたはず。ところが、妙な自信をもっている人ほど、なぜか“仕事をしています”とアピールしませんか?

たとえば、二人で予定を合わせているとき。「〇日は、どう?」と聞かれたら「その日は、ちょっと」と言えばいいだけ。しかし、モテを勘違いしている男は「ごめんね、その日は宅建の資格を勉強する予定になっていて、予備校に行かなきゃいけないんだよね」と、詳細まで女性側に伝えてきます。

彼としては、仕事をしながら予備校に通っていること、そして、宅建の資格を勉強していることを自慢したかったのかもしれませんが、お互いに働いている者同士、努力するのは当然で、そんなことをアピールされてもイラっとするだけ! 自称・仕事ができる男も、不思議とモテを勘違いしているパターンが多い気がしますね……。

いかがでしたか? モテを勘違いしたままアピールしてくる男は、正直、面倒くさいかも。これからもずっと、彼は彼のままです。お付き合いする前に、彼の大きな欠点がみえてしまったなら、そっとフェードアウトしちゃいましょう!

 

文/山口 恵理香 画像/Shutterstock(Oleggg、Cookie Studio)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE