特集

【加治ひとみ】1週間「腸活つくりおき」レシピ【スペイン風オムレツ】

腸内環境を整えることで免疫力を高める話題の健康習慣「腸活」。CLASSY.だけでなく女性誌やメディアで活躍中のモデル・加治ひとみさんはこの腸活をなんと約10年続けています。腸活ポイントをまとめたビューティフォトブック『かぢボディ。』を去年発売したかぢちゃんに、最近の腸活事情をリサーチ!さらに忙しいCLASSY.世代に嬉しい「1week腸活つくりおきレシピ」を提案してもらいました。金曜日は、「具沢山スペイン風オムレツ」です。

【加治ひとみ】1週間「腸活つくりおき」レシピ【スペイン風オムレツ】

【加治ひとみ】1週間「腸活つくりおき」レシピ【押麦のサラダボウル】

Friday:具沢山スペイン風オムレツ

きのこ類をたくさん入れて腸活アップ!

「季節の変わり目で免疫力も弱り

「季節の変わり目で免疫力も弱りがち。そんなときこそしっかり栄養を摂って、腸活メニューで免疫力を上げましょう!抗酸化作用がある鮭に、きのこや野菜を刻み入れて食物繊維をたっぷり含んだオムレツは、フライパンひとつで簡単に作れるのでおすすめ。にんじんやきくらげ、ズッキーニなどのおかげで、いろんな食感も楽しめます。隠し味に入れた粉チーズがポイントで、この作り方以外にも、冷蔵庫に残った他の野菜を刻んで入れてもOKです。作って冷ましたらカットし、残りは冷蔵庫で保存を。ボリューム満点のつくおきメニューです」(かぢちゃん)

レシピをチェック!

材料(直径18cmのフライパン1個分)

生鮭 1切
人参 1/2本
ズッキーニ 2/3本
マッシュルーム 1/2pc
しめじ 1/3pc
紫たまねぎ 1/2個
黒きくらげ(乾燥) 5g
卵 3個

オリーブオイル 大さじ2
A豆乳 1/2カップ(100ml)※牛乳でも可
A粉チーズ 大さじ1
A塩、こしょう 各適量

作り方

ボウルにきくらげを入れ、40℃くらいのぬるま湯に20~30分ほど漬けてもどし、水気を切る。きくらげ、野菜は食べやすい大きさに切る。
鮭の水分をキッチンペーパーで軽く取り、6等分くらいに切って塩・こしょうを全体にまぶす。
フライパンにオリーブオイル大さじ1を中火で熱し、②を焼く。両面に焼き色がついたら、①を加えてしんなりとするまで炒める。
ボウルに卵を割りほぐし、Aを混ぜたもの、③を加えて混ぜる。
③のフライパンをサッとふき、残りのオリーブオイルを中火で熱し、④を注ぐ。へらで大きく混ぜながら半熟状になるまで火を通し、丸く形を整え、底面を焼き固める。

おまけ:かぢちゃんのBeauty近況

サッとかけるだけの簡単腸活がおすすめ!

「サラダやヨーグルトにかけたり

「サラダやヨーグルトにかけたりお菓子に混ぜたり、スープに入れたりとアレンジの幅が広い、スーパーフードのヘンプシード。オーガニックヘンプシードの皮をむき、繊維質を取り除いた食物繊維たっぷりの『HEMPS』は、ビオセボンで購入。水で戻す必要もなく、そのまま振りかけるだけで、手間をかけずに腸活できます」(かぢちゃん)

撮影/イマキイレカオリ〈人物〉、石田純子〈静物〉 フードスタイリング/青木夕子 取材/角田枝里香 編集/平賀鈴菜(CLASSY.ONLINE編集室)

※記事中のリンクから商品を購入すると、売上の一部がCLASSY.ONLINEに還元される場合があります。

「腸活レシピ」関連記事

【加治ひとみ】1週間「腸活つくりおき」レシピ【鶏肉のはちみつレモングリル】

【加治ひとみ】1週間「腸活つくりおき」レシピ【超時短!きのこマリネ】

【加治ひとみ】1週間「腸活つくりおき」レシピ【鮭味噌ヨーグルトのレモン蒸し】

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus