恋愛

ウザすぎ…。「重い」と彼氏にフラれる“NG”LINE5つ

彼氏に「重い」と言われてフラれた……。そんな失恋話をよく聞きますが、原因は女性の言動によるものがほとんど。そのひとつにLINEがあります。そこで今回は、彼氏に“重い女”と思われてしまうLINEをご紹介。恋人とのLINE事情は人それぞれですが「気付いていない間に、重い女認定されていた!」なんてことにならないよう気を付けてくださいね! 

(1)日記のようなLINE

毎日毎日、今日あった出来事を報告する日記LINE。今日は誰と会って、仕事でこんなことがあって……と話したい気持ちは分かりますが、仕事で疲れている彼氏をさらに疲れさせている可能性大。それが習慣化すると、LINEのやり取り自体を嫌がられてしまうので、どうしても話したいことがあった時だけにしておくのがベストです。

(2)スタンプばかり送る

挨拶や文字では伝わらない気持ちを表現する時にぴったりなスタンプ。でも、過度に送りすぎたり、文章を送らずにスタンプだけ送ると嫌煙されてしまうかも。スタンプの連投は通知を増やして彼氏をびっくりさせますし、スタンプだけ送られてくると「何が言いたいんだろう?」と悩ませてしまいます。使い方次第で良くも悪くもなるものなので、送り方には気を付けて。

(3)いつも長文

LINEでコミュニケーションをとるなら、会話のように短文でのやり取りが気軽で楽しいもの。長文でのLINEは、読むのが大変になるだけでなく、せっかくのテンポも崩してしまいます。送る側は気にしていなくても、返す側は返信にプレッシャーを感じてしまうので、「話は簡潔に」を心がけましょう。

(4)頻繁に「今何しているの?」と聞く

大好きな恋人が今何しているのか知りたい……。好きがゆえではありますが、頻繁に「今何しているの?」と聞かれるのは、自由を奪われているようで煩わしいもの。付き合い始めは答えてくれていても、そのうち「ほっといてくれ!」と言われる事態になりかねません。縛られていると思われないよう、お伺いLINEには注意を。

(5)返信をしていないのにLINEを送ってくる

返信を待たずに何度もLINEを送るのは絶対NG。催促されていると感じるだけでなく、常に自分からの返信を待っている状況が想像でき、LINEも自分への気持ちも重く思われてしまいます。早く返信がほしいと思っても、彼氏からの返信を待つこと。自分中心のLINEにならないように。

 

常に連絡が取れるLINEは、送る内容や送り方次第であなたの印象を左右するもの。好きな気持ちが強いと、どうしてもその想いがLINEに現れてしまいがちなので、「これを送ったらどう思うかな」と一度考えてから送信することが大切です。

 

文/桜井美穂子 画像/Shutterstock(Farknot Architect、ESB Professional、Syda Productions、Maridav、Nejc Vesel)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE