特集

女優・山崎紘菜さんが語る「舞台」と「映像」の仕事の違いとは?【1問1答インタビュー】

女優として映画やドラマ、そしてこの夏には舞台へと活躍の場を広げる山崎紘菜さん。そんな彼女がCLASSY.9月号にモデルとして初登場! そこでCLASSY.ONLINEでは紘菜ちゃんのピュアな素顔に迫るべく、インタビューに答えてもらいました。最近のお仕事のことから、プライベート、それにガールズトーク(お楽しみに♡)まで! 第二回は女優としてのお仕事について、教えてもらいました。

前回の記事をチェック

CLASSY.初登場!山崎紘菜さんの「おうち時間の過ごし方」って?【1問1答インタビュー】

女優・山崎紘菜さんが語る「舞台」と「映像」の仕事の違いとは?【1問1答インタビュー】

Q 女優になったきっかけは?

友達が応募書類を送ってくれた、オーディションです。
偶然が重なってオーディションに受かり、気がついたら「女優として頑張っていきましょう」という環境にいて。
最初は「本当にここにいていいのかな…」と感じていた時期もありました。けれど現場を経験して行くうちに、女優のお仕事は誰かにすごく良い影響を与えられるお仕事なんだなと思えるようになったんです。
そんなお仕事ができるって、恵まれているなって。そこから「自分には何ができる?」とより主体的に考えるようになり、女優として生きていく覚悟が決まった気がします。

Q 憧れの人はいますか?

天海祐希さんです!
もともと天海さんのファンだったのですが、『チア☆ダン』という映画でご一緒させていただく機会があって、さらに憧れが強くなりました。女優としてのお芝居はもちろん、現場での立ち振る舞いも本当に素敵なんです。
殺陣もすごく美しいので、最近は舞台稽古の参考にさせていただいています!

Q 映画・ドラマ・舞台…それぞれのお仕事、どうですか?

映像の仕事をメインにやらせて頂いてますが、日々、新しい人と出会って、時間を共有して、打ち解けてきた頃にお別れをして、また新しい作品に飛び込む、の繰り返しです。出会いと別れの連続なので、毎回新しい学校に転入するのを繰り返しているような気持ち。(笑)作品によって雰囲気も作り方も全然違うので、映画だからこういうやり方、ドラマだからこう、ということは通用しないので、いつも新鮮な気持ちです。

舞台は、今作が初めてなので私にとって、新しい挑戦です!
お客さんとお芝居する空間を共有するというのが映像とは大きく違います。初舞台を前に、すごくプレッシャーもあるのですが、初めてのことって何事も一回しか経験できないじゃないですか。すごく怖いし、不安もあるけれど、全く分からないという状況を新鮮に感じながら、今は目の前の舞台に集中している毎日です。

Q 夏に上演予定の『ウェンディ&ピーターパン』。どんな役で登場?

和の要素を取り入れたタイガー・リリー役です!
『ピーターパン』と聞くと共通のイメージがあると思うのですが、今回の舞台は全く違う解釈の作品なんです。私が演じるタイガー・リリーも皆さんのイメージとは全然違うキャラクターになっていると思うので、楽しみにしていただきたいです。演出家がイギリスの方で、今回日本で公演するにあたって和のテイストを入れたいという提案があって!それを象徴するのがタイガー・リリーなんです。

Q ズバリ、見どころは?

激しいアクションシーンです。
私自身、刀を使ったアクションは初めて挑戦するので、身体的な表現を模索しています。役どころ的にもアクションが多いので、ぜひ注目していただけたら嬉しいです!

Q お稽古して大変だったことは?

失敗をしても後戻りできない緊張感があります。
舞台だと失敗しても進み続けなくてはいけません。映像では自分として納得できなかったら、「もう一度やらせてください」と言えたことが、できなくなるプレッシャーはやっぱり感じます。あとはセリフに関しても、映像だと基本的に終わったシーンのことは忘れて、新しいセリフをどんどん入れていく作業をしてきたので、同じセリフや演技を一ヶ月にわたってやり続けるというのは初めての経験です。

Q2021年下半期の目標は?

昔から好きな英語のスキルアップ!
お仕事で学ぶことももちろん多いのですが、プライベートで何かスキルアップしたいなと思っていて。ずっと英語の勉強をしているので、例えばTOEICのスコアを伸ばすなど、自分の自信に繋がるようなことをしたいです。

Q 自分のここに注目!というポイントは?

今年は自分として挑戦の多い一年なので、私の新しい一面を見ていただけたら嬉しいです。今回の初舞台もそうですし、今までにない役を演じたり、新しいチャレンジが多い年だなと実感しています。精一杯、前進していきたいです!

【Profile】
山崎紘菜(やまざきひろな)
1994年生まれ(27歳)。千葉県出身。
第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞し、2012年にデビュー。女優として話題作に出演するほか、雑誌『JJ』ではレギュラーモデルとして活躍。さらにこの夏は初舞台が決定! 8月13日から東京・Bunkamuraオーチャードホールにて上演される『ウェンディ&ピーターパン』に、タイガー・リリー役で出演予定。

つけ襟ブラウス¥41,800(yori)パンツ¥5,400(Mila Owen/Mila Owen ルミネ新宿2店)リング¥42,900〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉ブラックストーンリング¥12,100リング¥18,700〈メラキ〉(すべてフラッパーズ)

SHOP LIST
フラッパーズ 03-5456-6866
Mila Owen ルミネ新宿2店 03-6380-1184
yori 03-6804-2580

撮影/須藤敬一 モデル/山崎紘菜 ヘアメーク/室橋佑紀(ROI) スタイリング/濱口沙世子 取材/広田香奈 編集/前田章子(CLASSY.編集室)

合わせて読みたい

山崎紘菜さん登場!大人女子向け「ブラウスコーデ」を提案。

CLASSY.初登場!山崎紘菜さんの「おうち時間の過ごし方」って?【1問1答インタビュー】

山崎紘菜さん登場!大人女子の夏「ベージュデニム」コーデ!

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus