特集

「関西女子の働き方」に異変あり!?【実はアパレルを…編】

関西女子といえば20代半ばで結婚して仕事をやめ、優雅な主婦に…と思われていたのはもう昔の話!働き方が自由に変化する今、新たな商売を始める関西女子が急増中!思い立ったら即行動!〝なにわの商人〞魂は、CLASSY·世代にもしっかり受け継がれています。

「ウェルビーイング」って、なんだ?【知らなきゃヤバい、話題の言葉】

1.岡本恵莉さん(31歳・CAJONディレクター)の場合

  • 関西女子といえば20代半ばで結
  • 関西女子といえば20代半ばで結
  • 関西女子といえば20代半ばで結
  • 関西女子といえば20代半ばで結

“3人の化学反応を投影する楽しさを実感中”
今年、中学時代からの親友2人とブランドを立ち上げました。地元大阪/千里中央にあるカフェ&アパレルメーカー「about her.」の方からのお声がけがきっかけです。1人だったら、自分の好きなテイストの同じようなデザインばかりになったかもしれないけれど、好きなものが違う3人が集まれば、アイデアも沢山!自分だけでは思い付かなかった面白みのあるデザインが作り出せるのが楽しいんです。この春に初めてPOPUPを控えていたのですが、緊急事態宣言で延期になったり百貨店の休業などもあって華々しいデビューとはいきませんでしたが、無事製品がリリースされ、インスタグラムなどで自分たちの服を着てくださる方を見て、もの作りの喜びをかみしめています。

2.湯浅喬子さん(26歳・KARRYディレクター)の場合

  • “3人の化学反応を投影する楽し
  • “3人の化学反応を投影する楽し

“両親から言われた言葉がやりたいことの後押しに”
幼い頃から、父には「成功しても失敗しても最後まで諦めないこと」と言われ続けてきたので、学生時代から自分が納得して続けられる仕事が何なのか考えるようになりました。母からは「長く使えるものをきちんとした対価を払って買うこと」を教えられてきたこともあり、大好きな服の世界で長く愛してもらえる服作りをしたい!と大学卒業後すぐに起業。経験ゼロでしたが、アパレルの友人たちにアドバイスを仰ぎ、工場探しから何もかも手探り状態でスタートしました。そんな自身のブランド「KARRY」も今年で丸2年。リピーターも増え、お客様から喜びのメッセージをもらうたびに、服を売っているだけではなく幸せも届けられているのかもしれないと思え、やりがいとモチベーションにつながっています。

3.ハンナミさん(28歳・ENEUディレクター)の場合

  • “両親から言われた言葉がやりた
  • “両親から言われた言葉がやりた

“韓国での買い付けから始まりオリジナルの服作りを展開中”
約3年、大手のアパレルセレクトショップに勤めていました。接客は元々好きだったのですが、自分が本当に好きなものを売ってみたい!という思いから、韓国で買い付けたものを売るところから、オンラインショップ〝ENEU〞をスタート。バイイングや製作、すべての運営業務を自分でやっていたのでペースがつかめず、夜中まで作業をして体調を崩したこともありましたが、それもいい経験に。今は買い付けだけでなく、オリジナルアイテムも少しずつ展開し始め、大量のスワッチの中から生地を選んで「これを作りたい!」とひらめいたものが製品になるのが楽しくて。商品を購入したお客様が素敵に着こなしてくださっている姿をインスタグラムで目にするのが何より嬉しい時間になっています。

撮影/山口陽平 ヘアメーク/陣内勇人 取材/金 セアル 再構成/Bravoworks.Inc

◆あわせて読みたい

アラサー美女読者モデル、中瀬古ゆきなさんが人気の「5つの秘密」

アラサー美女読者モデル、立川沙也香さんが人気の「5つの秘密」

アラサー美女読者モデル、李雨瀟さんが人気の「5つの秘密」

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus