CLASSY.

特集

この秋は、Gジャンを「女らしく」着た人からオシャレになれる!

デニムアイテムのなかで、シルエットが大きく変わったアイテムといえば〝Gジャン〟。今季はぶかっとゆるっと着こなす、まるで「彼のを借りてきた」ようなサイズ感が正解です。定番コーデにプラスするだけで旬な空気に仕上がるので、取り入れない手はありません!

■選ぶべきタイプはこの3つをカバーできるもの

・ 肩が落ちている

・ 手まで覆う長め袖

・ ワイドな身幅

  • RED CARD

    メンズライクなディテールを楽しむ
    アップデートされた新顔Gジャン

    小さめの衿やパッチポケット、丸みのあるシルエットなど、女性の体が華奢に見えるよう細部まで計算された理想のモデル。Gジャン「Popcorn」¥26,000(レッドカード/ゲストリスト)ニット¥28,000(HYKE/ボウルズ)

着てみるとこんな感じ!

  • Gジャン「Popcorn」¥26,000(レッドカード/ゲストリスト)ニット¥28,000(HYKE/ボウルズ)スカート¥25,400(オニール オブ ダブリン/シップス 有楽町店)バッグ¥101,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)パンプス¥79,000(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン)ピアス¥66,000リング¥68,000(ともにヒロタカ/デミルクス ビームス 新宿)ブレスレット¥122,000 Rチャームブレスレット¥64,000(ともにプラウ/フラッパーズ)

■「女らしい」を作る4つのポイント

  • 手首を見せる&華奢ブレス

    ラフにまくった袖から覗く細い手首は、女性らしさをアピールできる大事なポイント。繊細さを際立たせたいので、大ぶりバングルよりもさりげなく輝く華奢ブレスが正解。

  • ラフなまとめヘアで首まわりに抜け感を

    首を見せることで詰まりがちな衿元に抜け感が生まれ、一気にフェミニンな印象に。ラフなまとめ髪からはらりと落ちる後れ毛が、顔まわりを雰囲気たっぷりに仕上げます。

  • 女度の高いハイヒール

    スニーカーもいいけれど、女っぽさを出すなら足元はレディなヒールを選んで。メンズっぽいGジャン×色っぽいハイヒール、というギャップが女性らしさを際立たせます。

  • バッグはミニサイズ

    カジュアルなGジャンをお出かけ仕様にしてくれるのが、可憐な存在感のミニバッグ。肩からかけるのはもちろん、ストラップを握ったり持ち方で雰囲気を変えられるのも◎。

撮影/竹内一将(STUH) モデル/坂田梨香子 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/濱口沙世子 
取材/濱口眞夕子 

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE