【冬の沖縄バカンス】派手色&かごバッグが主役! リゾートを満喫できるコーデとは?

旅行に行く機会も増えた2023年。年末年始に計画を立てている人も多いなかで、悩んでしまうのが“トラベルバッグ”の正解…。サイズはもちろん、コーデと合うバッグ選びで悩むこともしばしば。そんなお悩みの解決術を、旅慣れスタッフが旅先やTPOに合わせてご提案。今回は国内リゾートでおなじみの沖縄に持っていくべきバッグを解説!

彼と行く、2泊3日の国内リゾート旅行には…

派手色かごバッグでバカンス気分を高めると◎

Travel for Okinawa

真冬でも暖かさ残る沖縄に行くならコットンワンピが役に立つとき。あったかアウターと、インナーにはタートルネックやレギンス、靴下を仕込んでおけば空港へ行く道のりは余裕。ホテルや離島、ドライブなど沖縄を満喫するにはやっぱりかごバッグが使い勝手も抜群。シンプルな服も一気に沖縄っぽいコーディネートへアップデート!

トランク[H54×W36×D25]¥35,200(エース/エース)かごバッグ[H20×W22×D15]¥42,240(メルセデス サラザール/ZUTTOHOLIC)バッグに入れたストール¥33,000(アソース メレ/アイネックス)ジャケット¥18,700(Ungrid)ワンピース¥28,600(JILKY)中に着たニット¥42,900(コズ マニュファクチャード バイ ラッピンノット/ウメダニット)靴¥35,200(ノーネーム/ストックマン)靴下[3足セット]¥1,760(FRUIT OF THE LOOM/ギャレット)サングラス¥48,400(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥15,070(チビ・ジュエルズ/チビ・ジュエルズ・ジャパン)

持つべきバッグの組み合わせはこれ!

CHECK PONT!!

冬といえど街は年中常夏ムードが残る沖縄には、かごバッグの陽気な雰囲気が最適。ホテルのプールで過ごすときにも活躍します。車移動も多くなる沖縄だから、大きめのバッグでも問題なし。キャリーも機内持ち込みサイズにすれば、待ち時間も省けて滞在時間をフルで楽しむことができます。

他にもこんな組み合わせが…♡

【SHOP INFO】
アイヴァン 東京ギャラリー 03-3409-1972/アイネックス 03-5728-1190/Ungrid 03-5447-6531/ウメダニット 0250-42-3945/エース 03-5843-0606/ギャレット 03-6845-7770/ケッシュ ル エッセンシャル https://kech.store /ジュエルナローズ新宿ミロード店 03-3349-5695/JILKY 03-3476-7006/ZUTTOHOLIC http://zuttoholic.jpn.org/ /ストックマン 03-5426-2251/チビ・ジュエルズ・ジャパン http://chibijewels.jp/ /ビューティフルピープル 伊勢丹新宿店 03-3352-1111/リモワ クライアントサービス 03-4571-1319

※バッグのサイズは〈H=タテ、W=ヨコ、D=マチ〉で単位はcmです。

撮影/原 楓[人物]、大石葉子(TENT)[静物] モデル/有末麻祐子 ヘアメーク/室橋佑紀(ROI) スタイリング/たなべさおり イラスト/Madoka Hasegawa 取材/石津愛子 構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

Pickup