今日の服装

【今週の服装】大人可愛い「初夏コーデ」7選【アラサー女子】

「CLASSY.ONLINE」およびCLASSY.公式インスタグラムで毎日更新している「今日の服装」。1週間分をまとめてお届けします。

  • 「CLASSY.ONLINE」

    「シャツ&パンツ」を今風にアップデートするなら?
    定番の通勤コーデ「白シャツ×パンツ」は、クロップト丈のニットを重ねて新鮮に。自然と目線が上にいくので、スタイルアップ効果が期待できます。全体をモノトーンでまとめて、キリッと引き締めるとなおよし。

    パンツ¥29,700(THIRD MAGAZINE)ニット¥26,400(レリタージュ マルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)シャツ¥25,300(アンド アールシー/カレンソロジー 新宿)バッグ¥322,300シューズ¥116,600(ともにロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ピアス¥55,000バングル¥151,800(ともにウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)
    『CLASSY.』2022年5月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    脱・マンネリの「ジャケットコーデ」って?
    真面目になりがちな「ネイビージャケット」は、ボリューミィなフレアスカートでハズしを効かせて。ギンガムチェック柄を選べば、今っぽさと大人可愛さの両立が叶います。白のTシャツやバッグを合わせて、抜け感を添えるのも忘れずに。

    ジャケット¥39,600(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 有楽町店)Tシャツ¥6,600(ビームス ライツ/ビームス ライツ 渋谷)スカート¥63,800(マディソンブルー)バッグ¥52,800(オルセット/オルサ)パンプス¥52,800(ペリーコ/アマン)ネックレス¥23,100〈NINA&JULES〉ブレスレット¥12,100〈PHILIPPE AUDIBERT〉(ともにメゾン イエナ)
    『CLASSY.』2022年5月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    通勤コーデに「デニム」を取り入れるなら?
    通勤でデニムを穿くなら、黒に近い「チャコールグレー」がおすすめです。トップスは、デニムと同系色の黒ブラウスでワントーンに。とろみ素材を選べば、デニムコーデにグッと上品さが加わり、きれいめに着こなせます。

    デニム¥12,100(ラングラー/リー・ジャパン)シャツ¥34,100(エキップモン/サザビーリーグ)バッグ¥138,600(セラピアン/セラピアン 阪急うめだ本店)パンプス¥59,400(ペリーコ/アマン)メガネ¥28,600(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)イヤリング¥8,250(マージョリー・ベア/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店)時計¥19,800(フォービーウォッチズ/フォービーウォッチズジャパン)
    『CLASSY.』2022年5月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    「レザーのブルゾン」を女性らしく着るなら?
    メンズライクな大きめサイズの「ブルゾン」は、ニュアンスカラーを選ぶと一気に女性らしく。シボ感のあるフレアワンピースを合わせれば、異素材MIXでオシャレに着こなせます。足元も白スニーカーでワントーンにまとめるのが、春らしいコーデのコツです。

    スニーカー¥22,000(ヴェジャ/シードコーポレーション)ワンピース¥53,900(エイトン/ビームス ハウス丸の内)ブルゾン¥57,200(アルアバイル)バッグ¥38,500(トフ アンド ロードストーン×デミルクス ビームス/ビームス ハウス丸の内)イヤカフ¥26,400(MARIA BLACK×CINOH for Demi-Luxe BEAMS/ショールーム セッション)
    『CLASSY.』2022年4月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    周りと差をつける「セットアップコーデ」の正解は?
    定番になりつつある「ジャケットセットアップ」はアップデートが必要不可欠。キャメル×シャカシャカ素材なら、春らしく着こなせます。全体のトーンが落ち着いているぶん、サンダルでトレンド色のグリーンを取り入れて、メリハリのある装いに。

    サンダル〈ヒール9cm〉¥155,100ピアス¥105,600ブレスレット各¥116,600(すべてボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)ジャケット¥53,900パンツ¥25,300(ともにティッカ)ノースリーブTシャツ¥9,900(スリードッツ/スリードッツ青山店)
    『CLASSY.』2022年5月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    暖かい日にちょうどいい「スウェットコーデ」って?
    今年の春コーデは「ノースリーブスウェット」を取り入れてみて。涼しく着られるのはもちろん、腕を細く見せてくれる効果も。より今っぽさを演出するなら、フレアスカートと合わせて、コーデに緩急をつけるのがコツです。足元はVANSの黒スニーカーでカジュアルにまとめたい。

    スニーカー¥7,150(VANS/VANS JAPAN)ノースリーブパーカ¥33,000(エストネーション/エストネーション)スカート¥75,900(ebure/ebure GINZA SIX店)手に持ったジージャン¥41,80 0(ハイク/ボウルズ)バッグ¥48,400(HEREU/エスケーパーズオンライン)サングラス¥36,300(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥16,280(ステラハリウッド)バングル¥33,000(アルティーダ ウード)
    『CLASSY.』2022年5月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    普通に見えない「白トップス×デニム」コーデって?
    王道の組み合わせ「白トップス×ブルーデニム」は、旬のシアーニットを取り入れるだけで新顔に。ほどよい肌見せで、抜け感たっぷりの装いに仕上がります。小物は、つば広のストローハットやビジューつきのミュールでエレガントさをトッピング。

    ニット¥96,800(ドゥロワー/ドゥロワー六本木店)中に着たタンクトップ¥7,700(スリードッツ/スリードッツ青山店)デニムパンツ¥29,700(ハイク/ボウルズ)バッグ¥262,900(トッズ/トッズ・ジャパン)シューズ¥160,600(マノロ ブラニク/ブルーベル・ジャパン)ハット¥26,730(メゾン・エヌ・アッシュ・パリ/エリオポール代官山)ピアス¥96,800ネックレス¥72,600バングル【手首側から】¥38,500¥41,800(すべてマリハ)
    『CLASSY.』2022年5月号より

再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岸本真由子
※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」の記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。

あわせて読みたい

【今週の服装】初夏を感じる日の「大人コーデ」7選【アラサー女子】

【今週の服装】気温の変化に対応しやすい「春コーデ」7選【アラサー女子】

【今週の服装】マネしやすい「大人の春コーデ」7選【アラサー女子】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus