特集

スタイリスト直伝!楽ちん&オシャレな「ニットパンツ」コーデ3選

座りっぱなしのオフィスワークやドライブ、一日中アクティブに動き回るショッピングetc.。とにかく楽ちんなニットパンツは、この冬買い足したいアイテム!カジュアルすぎないおすすめブランドや着回し術を、スタイリスト荒木さんのQ&Aで解説します!

◆あわせて読みたい

アラサーのあるあるNGコーデ図鑑❹「ニットパンツが完全に部屋着」

Q1.〝一歩先行く〞ニットパンツのコーデを教えてください!

「ニットのカジュアル感を活かして上級コーデに挑戦して」

「ニットパンツに慣れてきたら、少し攻めたオシャレも楽しんでほしい」と荒木さん。カラーニットパンツや旬のボリュームアウターを合わせた上級スタイリングは必見。

ニットパンツを活用したコーデ3選

  • ビビッドなブルーのニットパンツをトラッドに落ち着かせて 一見スタイリングに迷いそうな、鮮やかなコバルトブルーのニットパンツ。同系のネイビーでトーンダウンさせたり、シャツやベストでトラッドにまとめるのが派手見えしない秘訣。パンツ¥33,000(スローン)ベスト¥98,000(ドゥロワー/ドゥロワー六本木店)シャツ¥33,000(マディソンブルー)バッグ¥24,000ミュール¥99,000(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)スカーフ¥16,000(マニプリ/フラッパーズ)ピアス¥9,000(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

    ビビッドなブルーのニットパンツをトラッドに落ち着かせて
    一見スタイリングに迷いそうな、鮮やかなコバルトブルーのニットパンツ。同系のネイビーでトーンダウンさせたり、シャツやベストでトラッドにまとめるのが派手見えしない秘訣。パンツ¥33,000(スローン)ベスト¥98,000(ドゥロワー/ドゥロワー六本木店)シャツ¥33,000(マディソンブルー)バッグ¥24,000ミュール¥99,000(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)スカーフ¥16,000(マニプリ/フラッパーズ)ピアス¥9,000(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

  • 冬の白ニットパンツで余裕のある女らしさを薫らせて 冬の街に似合う、白のニットワイドパンツ。トップスはあえてタイトに、ジャケット+ジレをINしたメンズライクな雰囲気が大人の女を物語る。パンツ¥24,000(ガリャルダガランテ/ガリャルダ ガランテ表参道店)ジャケット¥38,000ベスト¥25,000(ともにドローイング ナンバーズ/ドローイング ナンバーズ南青山店)バッグ¥237,000(セラピアン/セラピアン阪急うめだ本店)ブーツ¥68,000(ネブローニ/フラッパーズ)イヤリング¥21,000バングル¥3,246(ともにアビステ)

    冬の白ニットパンツで余裕のある女らしさを薫らせて
    冬の街に似合う、白のニットワイドパンツ。トップスはあえてタイトに、ジャケット+ジレをINしたメンズライクな雰囲気が大人の女を物語る。パンツ¥24,000(ガリャルダガランテ/ガリャルダ ガランテ表参道店)ジャケット¥38,000ベスト¥25,000(ともにドローイング ナンバーズ/ドローイング ナンバーズ南青山店)バッグ¥237,000(セラピアン/セラピアン阪急うめだ本店)ブーツ¥68,000(ネブローニ/フラッパーズ)イヤリング¥21,000バングル¥3,246(ともにアビステ)

  • 旬のビッグフォルムとキレイめフレアのバランス感が◎ 1枚でオシャレ度が高まるミリタリー調のビッグジャケット。ボリューム感のあるアウターを着る日は、膝周りがスッキリ見えるフレアシルエットがバランスよし。パンツ¥40,000(ドゥーズィエム クラス/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス表参道店)ジャケット¥62,000(ハイク/ボウルズ)シャツ¥26,000(ティッカ)バッグ¥194,000ブーツ¥125,000(ともにJIMMY CHOO)サングラス¥32,000(アイヴァン/アイヴァンPR)ピアス¥38,000(ReFaire/UTS PR)

    旬のビッグフォルムとキレイめフレアのバランス感が◎
    1枚でオシャレ度が高まるミリタリー調のビッグジャケット。ボリューム感のあるアウターを着る日は、膝周りがスッキリ見えるフレアシルエットがバランスよし。パンツ¥40,000(ドゥーズィエム クラス/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス表参道店)ジャケット¥62,000(ハイク/ボウルズ)シャツ¥26,000(ティッカ)バッグ¥194,000ブーツ¥125,000(ともにJIMMY CHOO)サングラス¥32,000(アイヴァン/アイヴァンPR)ピアス¥38,000(ReFaire/UTS PR)

教えてくれたのは…

スタイリスト・荒木里実さん
CLASSY.の表紙も担当する看板スタイリスト。荒木さんの手にかかると、ニットパンツやスエットなどのカジュアル服も驚くほど大人っぽい仕上がりに。その物選びの審美眼と辛口小物との合わせワザは「さすが」の一言。

撮影/来家祐介(aosora)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/菅原沙樹、阪井まどか ヘアメーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY)スタイリング/荒木里実 取材/横山理恵

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE