特集

アラサーが今年、買い直したほうがいいパンツ❹【シャツ派編】

「スカートは去年のものでもいいけれど、パンツは買い直したほうがいいかも」…憧れスタイリスト・斉藤美恵さんにそう言われて、思わずドキッ。トレンドも時代も変化しているからベーシックでも古い人にならないために、買い足すべきパンツを派閥別に教えてもらいました。

あわせて読みたい

実は優しい人に見える!「黒」の着こなしテクニック

シャツ派なら『Newレギパン』

レギパン¥19,000(デ・プレ)

オーバーシャツ×レギパンは、体型も隠せてきちんと見える、CLASSY.世代に嬉しい、制服的コーデ。でもそのレギパンも今年は買い替えどき。なぜならピタピタすぎないシルエットが新しく出ているから!よりラクに、キレイに見えるよう進化しています。レギパン¥19,000(デ・プレ)

おすすめの「Newレギパン」コーデは

シャツ+レギパンのワン・ツーコーデに 新しいエッセンスをIN

シャツの中にタートルをINしたレイヤードも、シャツ+レギパンの王道コーデをリフレッシュ。シャツ¥32,000(ビューティフルピープル/ビューティフル ピープル 渋谷パルコ2F)タートルネックニット¥24,000〈ポステレガント〉バッグ¥66,000〈LUTZ MORRIS〉(ともにエスケーパーズオンライン)ブーツ¥113,000(トッズ/トッズ・ジャパン)めがね¥40,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)

シャツの中にタートルをINしたレイヤードも、シャツ+レギパンの王道コーデをリフレッシュ。シャツ¥32,000(ビューティフルピープル/ビューティフル ピープル 渋谷パルコ2F)タートルネックニット¥24,000〈ポステレガント〉バッグ¥66,000〈LUTZ MORRIS〉(ともにエスケーパーズオンライン)ブーツ¥113,000(トッズ/トッズ・ジャパン)めがね¥40,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)

教えてくれたのは…

スタイリスト Mie Saito

スタイリスト Mie Saito

東京都出身。OL、専業主婦、VERYライターを経て、スタイリストに転身。女性誌やオンラインメディアなどで提案する、洗練されたスタイリングに憧れるモデルやスタッフも多い。「秋冬はスカートをはかない」と言うほどのパンツ派。

スタイリング/斉藤美恵 撮影/水野美隆〈zecca〉(人物)、草間智博〈TENT〉モデル/Kelly ヘアメーク/渡嘉敷愛子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE