特集

【ストール】簡単オシャレな「ストールの巻き方」【❶無地ストール編】

この秋冬のトレンド「大判ストール」は、防寒としてはもちろん、コーデのアクセントとしても大活躍の予感!さらっと羽織ればアウター代わりになり、首回りに巻けば小顔効果もアップする万能アイテムです。しかし一方で、「どう巻けばいいのかわからない」という悩みも。未だ「大判ストール」デビューに踏み切れない方々に向けて、「今年おすすめの1本」を使った秋冬コーデと、その正しい巻き方を第4回に分けてご紹介!第1回は、基本の「無地ストール編」です。

他の「ストールコーデ」をチェック!

秋にぴったり「アウター代わりのストールコーデ」見本【気温16℃編】

おすすめのストールコーデ:「無地ストール」×「ミラノ巻き」

シンプルな定番グレーは、ボリューミーな巻き方でインパクトを

  • 【ストール】簡単オシャレな「ストールの巻き方」【❶無地ストール編】

    くすみカラーで優しくまとめるのが今年風
    「ライトグレー×チャコールグレー×くすみグリーン」とニュアンスカラーが続くように色味をなじませて、今年っぽい仕上がりに。首元にボリュームがあり目線が上に集まるので、ゆる×ゆるシルエットでバランスよく。ヒールブーツとシルバーバッグで女性らしさもON。ストール¥69,000(ベグ アンド コー/ボーダレス)ニット¥13,000(アンクレイヴ/オンワード樫山)スカート¥16,000(ソーノ/ミラク)バッグ¥25,000(ADINA MUSE/ADINA MUSE SHIBUYA)ブーツ¥23,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

  • 【Close Up】
    何重にも編み込んだような巻き目と、ボリューミーなシルエットがインパクト大。フリンジはしっかり見せる方が可愛く仕上がります。オーソドックスなストールだからこそ、巻き方は大胆に。

◆あわせて読みたい

スリスリスリスリスリスリ…ずっと触れていたい「ふわふわストール」5選

「ミラノ巻き」の正しい巻き方は…?

  • 【1】ストールを首の後ろからかけ、左側が長くなるようにセットします。この時、ストールはていねいに縦折りするのではなく、くしゃっと握ったラフな状態で巻き始めるのがポイントです。

  • 【2】長く垂らした方(左側)の束を、時計回りにぐるっと一周巻きつけます。

  • 【3】①と②のすき間に右手を上から差し込み、手の甲でそのまま②をすくうようにして、輪っかを作ります。そのまま右手で③を取り、輪っかの中にIN。

  • 【4】それぞれの束の先を引っ張って、形を軽く整えます。

動画で巻き方をチェック!

使用した「おすすめ無地ストール」は…

ベーシックなグレーで初心者でも使いやすく

CLASSY.本誌でも定番の『BEGG × CO』のカシミヤストール。ツヤのある上質な生地感で、シンプルなのにコーデにリッチ感をプラスしてくれます。もちろん、肌触りの気持ちよさも一級。一枚あれば、この先ずっと大切に使えるベーシックさが嬉しい!ストール¥69,000(ベグ アンド コー/ボーダレス)

撮影/有馬秀星(MOUSTACHE)〈モデル〉、草間智博(TENT)〈静物〉モデル/桐 嵯梨(CLASSY.LEADERS)ヘアメーク/小松胡桃(ROI)スタイリング/児嶋里美 構成/CLASSY.ONLINE編集室

問合せ先:ボーダレス03-3560-5214 オンワード樫山 03-5476-5811 ミラク03-5775-4655 ADINA MUSE SHIBUYA 03- 5458-8855 ダイアナ 銀座本店 03-3573-4005

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE