特集

たった5分でアンチエイジング!簡単「膣トレ」5選|姿勢改善やダイエット効果も

おうち時間で、筋トレやストレッチなど体づくりに励む人が増えました。「老い」が近づくアラサー世代は、特に「自分磨き」の頑張りどころ。
でも、案外見落としがちなのが「膣」の存在です。「膣」をしっかりとケアしてあげることで、健康面でも美容面でも若々しさをキープすることができます。すぐにできる5つの「膣周りの筋トレ」で、美しい体づくりを心がけて!

「膣周りの筋トレ」が必要なワケ

たった5分でアンチエイジング!簡単「膣トレ」5選|姿勢改善やダイエット効果も

「膣」は女性の生殖器の一部で、外陰部と子宮の入口(子宮頸部)をつなぐ筒状の器官。そしてその「膣」や尿道、肛門を支えている「骨盤底筋」が衰えると、尿もれや頻尿、さらには「膣」から子宮が飛び出す「子宮脱」を引き起こしてしまいます。
「膣周りの筋肉=骨盤底筋」を鍛えてあげることが、将来の健康リスクを取り除くのはもちろん、ダイエットや美肌など、見た目のケアにもつながるんです!

ズボラでも簡単!骨盤底筋を鍛える「膣周り筋トレ」5選

  • 1. 基本の立ち方と呼吸法

    1.両脚を揃えて、姿勢を真っ直ぐにして立つ。呼吸と筋肉の動きを確認するために、片方の手はお腹に、もう片方はお尻に当てる。
    2.真っ直ぐな姿勢のまま、お尻の穴を締めるように意識し て、膣と肛門をキュッと締める。これを2〜3回繰り返す。この時、呼吸は締めるとき=息を吐く、緩める時=息を吸うように意識して。
    3.息をゆっくりと吐きながら、膣と肛門を強い力で10〜12秒間、ギューッと締める。
    4.今度は10〜12秒間かけて、息を吸いながらゆっくりと緩める。これを2〜3回繰り返す。

  • 2.寝る前や起きる前にベッドでできる筋トレ

    1.仰向けの姿勢で力を抜き、両膝を曲げる。膝の間はこぶし1個分くらい離すと安定しやすい。膝下に枕などを入れて支えてもOK。
    2.息を吐きながら10〜12秒かけて、膣と肛門を締める。骨盤の底を、お腹のほうにゆっくり引き上げるようにイメージするのがコツ。
    3.息を吸いながらまた10〜12秒かけてゆっくり緩める。
    4.40〜50秒ほど全身の力を抜いてリラックスする。これを10回繰り返す。※慣れないうちは無理のない回数でOK。

  • 3.テレビを見ながら 床に座ってできる筋トレ

    床に腰を下ろし、壁に軽く寄りかかって全身の力を抜く。10〜12秒かけて、息を吐きながら、膣と肛門を締める。また10〜12秒かけて息を吸いながら緩める。これを10回繰り返す。

  • 4.通勤時に電車の中で

    片手でつり革を持ち、姿勢を真っ直ぐにして立つ。骨盤底筋を意識し、膣と肛門をキュッと締める、緩めるを繰り返す。呼吸法はほかの筋トレと同じように、締める時=吐く、緩める時=吸う、を意識して行う。

  • 5.オフィスで仕事をしながら

    椅子に腰かけ姿勢を正す。腰と背中が背もたれに真っ直ぐあたるように意識してリラックス。そのままの姿勢で息を吐きながら膣と肛門を締める、息を吸いながら緩める、を繰り返す。

「膣周り筋トレ」は、簡単&短時間で実践できるものばかり。トレーニングが日課になれば、確実に将来の体の状態が変わってきます。おうち時間で自分を磨いてみて!

教えてくれたのは...産婦人科医 八田真理子先生

聖順会 ジュノ・ヴェスタ クリニック八田理事長・院長。女性の幸せを願い、幅広い世代の女性の体の悩みに優しく寄り添いサポートしてくれる産婦人科のスペシャリスト。

監修/八田真理子 解説イラスト/高篠裕子 取材/北山えいみ 再構成/CLASSY.ONLINE編集室

※この記事は『ハピちつ HAPPYちつLIFE』(光文社刊)を再構成したものです。
購入はこちらから

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE