CLASSY.

特集

短くても巻ける!「ショートボブ」アイロンの巻き方・完全ガイド【2020年最新版】

4種類のアイロンで巻いたショートボブスタイル
ショートボブも、使うアイロンによってこんなに違う!

ボブの巻き方は、アイロンによってさまざまです。太いコテや、細いアイロン、ストレートアイロンなど、使うアイテムによって向いている仕上がりに違いがあるのをご存知でしたか?今回は、「ショートボブ」のレングスに向けた、2020年にオススメの巻き方を、プロのヘアメークさんがご紹介します。
レングスが短くても簡単に巻けます!自分が使っているアイロンに応じた、トレンドの巻き方をぜひ覚えてみて。

1.「太めのアイロン」なら「全体をワンカール内巻きにして毛流れを強調したカールボブに」

使うのは…
32㎜前後の、太めのカールアイロン。ボブ~ロングまでと幅広いレングスをカバーし、最も使いやすいヘアアイロンです。アイロンを縦に使ってリバースやフォワードに巻いたり、アイロンを横に使って内巻きや外巻きにしたりと、どんな巻き方も一通りできるのがポイントです。基本的にはゆるい毛流れと、動きのあるスタイルに仕上げます。

point
☑どんなレングスにも使いやすい
☑オールラウンドに使うことができる
☑立体的なカールを出すのに向いている
☑ショートヘアには不向きかも

「太めアイロン」の「内巻きカールボブ」

  • Front
  • Side
  • Back

安定感のあるAラインのフォルムながら、顔周りに毛流れが生まれた上品さのあるスタイリングが、今っぽい。ツヤ感と毛流れを強調したショートボブです。

「太めアイロン」での巻き方は…

  • 1

    まず全体をアイロンを横に使って、毛先をワンカールつけるように内巻きにします。毛束を多めにとって、一度に巻くこと、サイドから巻き始めることがコツです。毛先は逃がさないで、しっかり巻き込んで。

  • 2

    さらに、トップの髪は後ろに向けて、しっかりと巻き下ろします。サイドをサイドを巻いた時よりも毛束を引き出す角度をつけて内巻きにし、立体感と毛流れをつけましょう。

  • 3

    アイロンで巻いたカールを、前髪をかき上げるようにサイドに流したら、表面にツヤが出るようなスプレーを吹きかけて完成です。毛流れのエレガントさが、ショートボブを太めアイロンで巻く際のポイントです。

2.「細めアイロン」なら「外ハネとミックス巻きを加えていい女風ウェーブボブに」

使うのは…
26㎜前後の、細めのカールアイロン。細かいウェーブを作るのに最適な、一番トレンド感のあるヘアアイロンです。アイロンを内、外交互に巻いて波ウェーブにしたり、ソバージュのような細かいウェーブをつけたりと、オシャレ感を出しやすいのがポイントです。基本的には細かいカールと、雰囲気のあるスタイルに仕上げます。

point
☑ボブやショートなど短いレングス向き
☑トレンドのあるスタイルを作りやすい
☑立体的な細かい動きを出すのに向いている
☑長すぎるレングスは巻くのが少し大変

「細めアイロン」の「ウェーブボブ」

  • Front
  • Side
  • Back

動きを出すのが得意な細めのアイロンを使った、ウェービーなショートボブに。外巻きとミックス巻きを組み合わせて、立体的にカールをつけるのが雰囲気美人のコツです。

「細めアイロン」での巻き方は…

  • 1

    まずはアイロンを横に使って、下半分の髪を外巻きに。裾の部分に外ハネをつくります。

  • 2

    上半分の髪は、アイロンを縦に使って、中間部分からカールをつけるように巻きます。リバースフォワードをミックスしましょう。

  • 3

    仕上げにかき上げバングを作るように、軽めのスプレーで根元を立ち上げるように吹きかけます。エアリーに整えて完成です。

3.「ストレートアイロン」なら「タイトでストレートタッチを生かしたミニマムボブに」

使うのは…
うねりがない、まっすぐな髪を作ることができるストレートアイロン。ストレーターとも呼ばれます。ショートやボブなど、短いレングスの人でも扱いやすいのと、クセ毛の人に向くため人気に。特に外ハネスタイルなど、最近人気を集めるスタイルで活躍してくれます。平面的な動きをつけるのに向いており、反面、巻き髪などには不向きです。

point
☑ショートやボブにおすすめ
☑クセをまっすぐのばすことができる
☑平面的な動きを出すのに向いている
☑アイロンが苦手でも扱いやすい

「ストレートアイロン」で「ミニマムボブ」に

  • Front
  • Side
  • Back

ストレートタッチのタイトなボブ。アイロンを滑らせ、毛先のみほんのり内巻きに。コンパクトなシルエットがモードな雰囲気を与えます。耳掛けをしてもサマに。

「ストレートアイロン」の巻き方は…

  • 1

    ボブのアイロンは丁寧さがポイントで。まずは全体を上下に分けて、下段からアイロンを横に使って、滑らせるようにして通します。下に向けて滑らせ、毛先のみほんのり内に入るように。

  • 2

    上段も、同様にストレートアイロンを通します。毛先が内に入るように滑らせます。テンションをかけて下に引っ張りましょう

  • 3

    ストレートアイロンで作ったまっすぐな質感を生かすように、オイルなどのセミウェットのスタイリング剤をなでつけるように上からなじませて完成です。

番外編.「くるくるドライヤー」で「ワンカールよりもふんわり感を強調したAラインボブに」

アイロンは使わない方でも、「カールドライヤー」を使っている方は多いのでは?いわゆる、くるくるドライヤー。しっかりコテで巻いた感じにはならないけれど、ドライやブローと同時にできるので時短につながると人気を集めるスタイリングアイテムです。

point
☑不器用な人でも使いやすい
☑ドライと同時にできるので時短につながる
☑空気感のあるスタイル向き
☑しっかりしたカールは苦手

「くるくるドライヤー」で「Aラインボブ」に

  • Front
  • Side
  • Back

いわゆる、丁寧にブラシでブローしたような、空気感のあるAラインボブ。カールドライヤーの特性を存分に生かしたふんわり感は、スタイリング剤を使わない派にもおすすめの仕上げです。

「くるくるドライヤー」の使い方は…

  • 1

    まずカールドライヤーを横に使って、ブローします。ボブはサイドの部分から巻いていくとキレイにまとまりやすいです。

  • 2

    前髪は前に引き出して、ブローします。根元部分のクセを取るイメージで、巻いていきます。

  • 3

    さらに横に向けて流すようにくるくるドライヤーを使い、毛先の方向づけを。顔周りをすっきりと見せましょう。

ちなみに…巻く前はこんなレングスでした

Before

肩につかない長さのショートボブ。あまりレイヤーが入っておらず、毛先をバツンと揃えたようなカットがされています。シルエットは何もしないとAラインぎみ。毛先を中心に、どう動きを出すかがカギです。

いかがでしたか?手持ちのアイロンに応じた旬の巻き方、ぜひ明日からのスタイリングに活用してみてくださいね。

撮影/奥村浩毅 ヘアメーク/鈴木富美子(EMBELLIR) モデル/吉村奏さん(27歳・フリーランス)<CLASSY.LEADERS> 編集/ガヤ美(CLASSY.ONLINE編集室)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE