【真理子様のお悩み処方箋】20代とは違う30代のパートナー探し、落としどころが分かりません…。

美容界で熱烈な支持を集める〝皮膚の変態〟であり、人生を謳歌する先輩でもある、大野真理子さんのお悩み相談連載。恋に仕事に、人間関係に悩める30代へ、真理子様の金言を贈ります。今月はマッチングアプリでの出会いに迷走する読者のお悩み!

うるおう艶肌とリップで初対面でも「また会いたい」を勝ち取る!

\清潔感とフレッシュさも戦略的に味方につけて/

恋活も美容もなんとなく取り組むのではなく、戦略とテクニックが重要。メークでは〝肌がキレイに 見えること〟を意識した色や質感を選んでみて!

1.素の唇の色がキレイだと錯覚

1.素の唇の色がキレイだと錯覚させる絶妙な発色
〈Elégance〉ルージュ クラジュール
「男のコが好きな『もとからこんな感じだよ?』というナチュラル感をさりげなくアピールしながら、顔色も明るく見せてくれる推しリップ。トリートメント効果があるので、唇もふっくらします。私はこの2色が特に好きです。」【右から】01・08 各¥4,180 (ともにエレガンス コスメティックス)

2.カバー力×艶の両立で端正な大人の肌に
〈SUQQU〉ザ ファンデーション

「しっかりカバーできるのに、艶を損なわない優秀さ!男のコはメークの〝色の濃さ〟に反応するそうなので、ファンデでちゃんとアラをカバーしつつ、ナチュラルなアイメークをすると『すごいキレイ』という評価を得られるとか。」〈SPF25~30/PA++~+++〉30g 全24色 ¥14,300(SUQQU)

3.スキンケアしたての艶肌に仕上げてくれる
〈clé de peau BEAUTÉ〉ル・レオスールデクラ
誰がつけても失敗しない、王道のハイライトパウダー。「肌がツヤツヤですね」と言っていただくことがあるのですが、このパウダーを使っていることが多いです。スキンケアしたてのような、フレッシュなお肌にしてくれます。17 ケース・ブラシ付き ¥9,350(クレ・ド・ポー ボーテ)

アパレル・コスメ会社経営/美容家 大野真理子さん
スキンケアや美容医療への豊富な知識から、〝皮膚の変態〟として一躍話題に。人生相談も多く寄せられ、インスタライブ『真理子会議』では、婚活女子や夫婦仲に悩む女性を数多く救っている。

撮影/河野 望 イラスト/本田佳世 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup