特集

そのヘア、実はおばさんっぽいです…「大人女子が老け見えがちな髪型」4つ

女性であれば、髪の悩みは尽きません。ヘアサロンに行くたびに髪を切ろうか伸ばそうか悩み、前髪をどうしようかアドバイスを友人に求め、結果どんな髪型がいいのか分からない…なんてことも。
インスタグラムで人気連載「モテ髪研究所」を配信中のイラストレーターの@tmr_illustさんに、アラサー世代にちょうどいいオシャレなヘアスタイルについて、毎週解説していただく連載好評掲載中。今月のテーマは「老けて見えがちなヘア」と、改善ポイントです。自分の好きな髪型をしたい、だけどもっと素敵に見せたいと言う方はぜひ参考にしてみてください。

そのヘア、実はもう古いです…「大人女子が2022年にやめたほうがいい髪型」4つ

アラサー世代のおばさん見えヘア1.「ぺたんこショート」

  • 女性であれば、髪の悩みは尽きま

    アラサー世代のおばさん見えヘア「ぺたんこショート」
    ぺたんこでボリュームがなく、貧相な印象に見えがちな丸みショート
    アラサー世代のショートヘアの場合、「丸みショート」を選ぶときには少し注意が必要。髪に動きや立体感がなく、いわゆる“ぺたんこ”に見えてしまうショートヘアは、老けて見える原因になりやすいです。10代の頃は「おかっぱ」ぽくて可愛く似合っていたはずなのに、なぜか似合わなくなってきた、老けて見えるようになってしまった…という方も多いそう。

  • 女性であれば、髪の悩みは尽きま

    アラサー世代の若見えヘア「エアリーなショート」
    軽い毛流れと動き、空気感が若見え度をアップさせる
    若見えする必要はないですが、老けて見えないために「動きや立体感」を取り入れたショートという手があります。例えば今年なら、ゆるめのパーマをかけるのもあり。ボリューム感と動きが手に入るので、スタイリングが苦手な人におすすめです。襟足はタイトに締めておくと、ふんわり感を強調しながら頭の形をキレイに見せられます。また、前髪に空間を作って、肌を見せることで表情明るくするのもコツです。

まとめ 老け見えしないヘア「ショートの場合」

●ぺたんこ丸みショート、老け見えするようになったらヘアチェンジのサイン
●ゆるめパーマなどで髪に動きと立体感を出し、襟足はタイトに締めてメリハリを
●前髪に軽くスキ間をつくると、表情明るくフレッシュに

詳しくはこちら

アラサー女子の、おばさん見えNGヘア「ぺたんこショート」

アラサー世代のおばさん見えヘア2.「もっさりボブ」

  • ●ぺたんこ丸みショート、老け見

    アラサー世代のおばさん見えヘア「もっさりボブ」
    重苦しい感じに見えるボブが、老け見えの一番の原因!
    アラサー世代の髪型では、「重めボブ」に気をつけたいもの。髪が重すぎて、あまりにもストレートな質感のボブだと、暗く見えてしまいます。年齢とともに、髪のクセが出やすくなることがあるので、毛量が多い人はとくにうねりやすくなるため、重めボブには気をつけましょう。また、前髪が長すぎるのも老け見えの原因になりやすいので、「全体の重さ、前髪の長さ」を意識してボブを選んでいくとよさそうです。

  • ●ぺたんこ丸みショート、老け見

    アラサー世代の若見えヘア「軽め外ハネボブ」
    肌が明るく見えるように、空気感・外ハネ・短め前髪はいかが?
    軽めのボブにすると、やはり今っぽく見えるので老け見えをしない髪型、という点でおすすめです。ツヤ感と動きを出しやすい「外ハネボブ」にしてみるのはいかがでしょうか。アラサー世代は時間がなく忙しいので、ストレートアイロンだけでスタイリングができる、簡単さも◎。アイロンを髪に通して、軽く外巻きにするだけでOKです。前髪は眉上で短めにしてみると、春の気分転換にもなるのでよさそう。

まとめ 老け見えしないヘア「ボブの場合」

●重くて動きのないヘアスタイルは、暗く見える=老け見えの危険性
●軽めの外ハネボブが、スタイリングも簡単でアラサー世代におすすめ
●前髪は眉にかかるくらいの長さにすると表情明るく、気分転換にも

詳しくはこちら

アラサー女子の、おばさん見えNGヘア「もっさりボブ」

アラサー世代のおばさん見えヘア3.「貧相見えミディアム」

  • ●重くて動きのないヘアスタイル

    アラサー世代のおばさん見えヘア「貧相見えミディアム」
    ボリュームも動きもないミディアムは、寂しく見えすぎる
    年齢とともに、髪にボリュームがなくなっていきます。アラサー世代は、その影響が出始めやすい時期。とくにスタイリングをせずになんとなく決まっていたミディアムヘアが、寂しく見えてしまうことがあります。あまりにもストンとした直毛のミディアムは、老け見えにつながってしまうので、今一度スタイリングの仕方を再点検してみて。ボリュームと動きを意識したヘアスタイルがおすすめです。

  • ●重くて動きのないヘアスタイル

    アラサー世代の若見えヘア「ふんわりボリュームミディアム」
    全体のボリュームアップと顔周りの動きがコツ
    おすすめのミディアムは、ゆるめのパーマなどで動きやボリュームを出すこと。ボブより長いレングスになると、髪の重みでペタンとしやすくもなるので、アイロンで軽く巻くなど、ふんわり感を意識した工夫をしたいところです。顔周りは最近では、リバースに巻くのがトレンド。すっきり見せつつ、華やかさが手に入るので、ぜひ取り入れて欲しいテクニックです。ぜひ春は動きとボリュームを意識して、ミディアムヘアをもっと素敵に見せてあげてくださいね。

まとめ 老け見えしないヘア「ミディアムの場合」

●ミディアムのレングスでは動きのなさとボリューム不足に注意
●ゆるめのパーマやアイロンで、空気感をしっかり取り入れる
●顔周りはリバースに流すのがトレンドで、華やかに見えるので◎

詳しくはこちら

アラサー女子の、おばさん見えNGヘア「貧相見えミディアム」

アラサー世代のおばさん見えヘア4.「ぱさぱさロングヘア」

  • ●ミディアムのレングスでは動き

    アラサー世代のおばさん見えヘア「ぱさぱさロングヘア」
    ツヤのないロングヘアは、老け見えの大きな原因に
    ロングヘアの場合、ツヤのない仕上がりにならないよう注意が必要です。とくに、毛先パサついて散らばってしまうと老け見えを一気に加速させます。髪質でクセが強い方も、うねりによってツヤがなく見えがちになるので、こちらも要注意。年齢とともに、ロングヘアが似合わなくなってきたと感じた場合は、ツヤを意識してスタイリングの仕方を工夫してみましょう。

  • ●ミディアムのレングスでは動き

    アラサー世代の若見えヘア「ゆるウェーブロング」
    ツヤを大事に、前髪の落ちる位置も意識するとより◎
    大人のロングヘアがキレイに見えるコツは、やはりツヤ。コテやストレートアイロンを軽く滑らせるように通すだけで、ツヤ感が一気にアップするので、この一手間を大事にして。動きは軽くウェーブするぐらいが似合いやすく、万人ウケしやすいのでおすすめです。前髪が長めの人は、毛先が落ちる位置を意識するのもポイント。サイドの髪となじまないように、ある程度独立させておいた方が軽やかで老け見えの回避にもつながります。

まとめ 老け見えしないヘア「ロングヘアの場合」

●とくに毛先を中心とした、パサつきをとにかく注意
●コテやストレートアイロンを通してツヤ感をアップさせる
●前髪が長めの場合は、サイドの髪となじまないように仕上げる

詳しくはこちら

アラサー女子の、おばさん見えNGヘア「ぱさぱさロングヘア」

この連載を担当するのは… @t

この連載を担当するのは…
@tmr_illust
インスタグラムやtwitterにて「モテ髪女子」を発信しているイラストレーター・デザイナー。人気サロンのヘアスタイリストとの繋がりも豊富で、ファッションや美容に関するリアルな情報が集まっている。

「NGヘア」関連記事

アラサー女子の「ちょっと惜しい!ありがちNGヘア」4つ

時代遅れ?アラサー女子の「夏のやりがちNGボブ」4つ

太って見える…!「アラサー女子のやりがちNG髪型」4つ

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus