特集

【宝塚】元タカラジェンヌ・華優希さんの「秋の〝似合わせ〟メーク」【トレンドカラー編】

「秋色を使いたいけれど、重たい印象になりがち」「肌に馴染みにくい」…そんなお悩みを解決する似合わせメークを、元タカラジェンヌが伝授! 圧倒的な透明感と華やかオーラの溢れる元宝塚歌劇団花組トップ娘役・華優希さんが、カーキを使った抜け感メークのテクニックを教えてくれました。

◆あわせて読みたい

【宝塚】元タカラジェンヌ・花乃まりあさんの「春のカラーメーク」2選

【宝塚】元タカラジェンヌ・真彩希帆さんの「真夏でも崩れない!ヘアアレンジ」【カジュアルヘア編】

さりげない秋色がポイント♡ カーキでつくる今っぽアイ

  • 「秋色を使いたいけれど、重たい
  • 「秋色を使いたいけれど、重たい

使用アイテムはこちら

[右から]ブラウン〜レッド系の

[右から]ブラウン〜レッド系のカラーがセットされた12色のアイ&フェイスパレット。アート ライブラリー フレーム ボイアント ¥8,800(M・A・C) 優れた発色でブレンドしやすいのも特徴。スモール アイシャドウ ヒューミッド ¥2,750(M・A・C) 極細芯の滑らかな描き心地で、どんなラインも思いのまま。キャンメイク クリーミータッチライナー 02 ¥715(井田ラボラトリーズ) 液含みのよいコシのある筆が、繊細なラインもかすれにくく描きやすい。ラブ・ライナー リキッドアイライナー R3ダークブラウン ¥1,760(msh) 上向きカールを形状記憶するクリアマスカラ。下地やトップコートにも。キャンメイク クイックラッシュカーラー 透明タイプ ¥748(井田ラボラトリーズ) 短く細いまつ毛もキャッチして目元の存在感アップ。デジャヴュ ラッシュアップE ¥1,320(イミュ) 見たままの発色でふんわりとした血色を演出。肌色を選ばないコーラルベージュ。パウダー ブラッシュ メルバ ¥3,520(M・A・C) 顔の印象に立体感を与えるハイライトとシェーディングの6色をセット。スタジオ フィックス スカルプト & シェイプ コントアー パレット ミディアム /ダーク ¥7,370(M・A・C) 繊細なパールを閉じ込めたクリームが溶け込むようにパウダーに変化して肌にフィット。ラディアント タッチ シマー スティック NO.2 ¥6,600(イヴ・サンローラン・ボーテ) フローラル ケア成分を配合し、唇をケアしながらソフトなトーンで軽やかに彩る。ルージュ ディオール バーム 742 ¥4,950(パルファン・クリスチャン・ディオール)

How to make-up

  • [右から]ブラウン〜レッド系の

    1.アイシャドウを二重幅にのせてぼかす
    アイシャドウパレットの左列中央のピーチブラウン〈ダダ イシューズ〉を中指で二重幅にのせてから、アイホールに向かって広げるようにぼかします。

  • [右から]ブラウン〜レッド系の

    2.目尻側にカーキをオン
    カーキグリーンのアイシャドウをアイホールの目尻側1/3に重ねます。しっかりぼかして、1のアイシャドウに馴染ませるのがポイントです。

  • [右から]ブラウン〜レッド系の

    3.ペンシルライナーでまつ毛を埋める
    ブラウンのペンシルライナーを使って、まつ毛の隙間を埋めるようにラインを引いていきます。

  • [右から]ブラウン〜レッド系の

    4.リキッドライナーでアイラインを引く

    リキッドタイプのアイライナーで、目のキワに沿ってアイラインを引きます。出来るだけ細く描いて、ナチュラルに目のフレームを強調するのがポイント。目尻は自然にすっと流します。

     

  • [右から]ブラウン〜レッド系の

    5.締め色のアイシャドウを重ねる
    アイシャドウパレット右列中央のブラウン〈エンバーク〉をチップに取り、アイラインをぼかすようにして細く重ねます。下まぶたは目尻〜黒目の下までのせていきます。

  • [右から]ブラウン〜レッド系の

    6.さらにアイシャドウを重ねて馴染ませる
    1で使用したアイシャドウを上下まぶた全体に再度重ね、2でのせたカーキと5の締め色を馴染ませます。

  • [右から]ブラウン〜レッド系の

    7.マスカラを重ね塗り
    ビューラーでまつ毛を根元からカールさせたら、クリアマスカラをまつ毛全体にさっと塗り、その上からブラックのマスカラを塗ります。最初のクリアマスカラのひと手間が、まつ毛のカールをキープするポイントです。

  • [右から]ブラウン〜レッド系の

    8.ハイライターをのせる
    ハイライターを指に取り、眉間、目の下、額、鼻筋にのせていきます。

  • [右から]ブラウン〜レッド系の

    9.ブラシでチークを入れる
    チークをブラシに取り、頬骨の高い位置からこめかみに向かって引き上げるように、ふんわりと広めにのせていきます。

  • [右から]ブラウン〜レッド系の

    10.シェーディングを重ねる
    M・A・Cのフェイスカラーパレット中央上と左下のシェーディングカラーをブレンドしながらブラシに取り、9のチークと馴染ませるイメージで、生え際、こめかみにのせていきます。

  • [右から]ブラウン〜レッド系の

    11.リップを直塗りする
    元の唇の輪郭に沿って、赤リップを全体に直塗りします。

似合わせテクニック① 〝使いたい色が肌色に合わないときは?〟

A.眉の上にもトレンドカラーをそっとしのばせて

「アイメイクで差し色として使用

「アイメイクで差し色として使用したカーキのアイシャドウを指に取り、眉毛の上に重ねます。ほんのりと眉にもカーキ色を忍ばせることで、メーク全体にナチュラルな統一感が出せます」

「カーキのアイシャドウは退団公演でも使っていました」

「普段のメークではなかなか使うのが難しいと思っていたカーキですが、秋らしい印象のメークということでチャレンジしてみました!今回のメークでは、カーキのアイシャドウが浮かないよう、ベースで使ったベージュのアイシャドウに少しづつぼかしながら重ねたのがポイントです。退団公演の『アウグストゥス-尊厳ある者-』で演じたポンペイア役では、衣装に合わせてグリーンとネイビーのアイシャドウをブレンドして使っていたのですが、その時に使っていたグリーンのアイシャドウが、今回使用したM・A・Cのアイシャドウ。あわせて使用しているアイシャドウパレットは、2021年の花組公演『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』の時から愛用しています。これはヘア&メイクアップアーティストのCHIHARUさんから教えていただいたテクニックなのですが、少し強い色だったり、肌に馴染みにくい色を使う時には、まずは自分に似合う色をベースにもってきて、その上に重ねて馴染ませる、ということを舞台メークでも普段のメークでも実践しています。似合わせテクニックとしてもうひとつ、眉にもアイシャドウでほんのりと色味を加えたのもポイントです! アイシャドウだけが浮かないように、眉にもうっすらと同じ色をのせることで、目元全体の一体感が生まれます」

Profile

華優希(はなゆうき)さん・2014年宝塚歌劇団入団。『はいからさんが通る』の花村紅緒、『ポーの一族』のメリーベルなど、少女漫画の登場人物を抜群のヒロイン力と演技力で見事に体現し、人気を得る。2019年に花組トップ娘役に就任。『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』のシャーロット・ウィールドン、『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』のビリー・ベンディックスなどを経て、2021年7月『アウグストゥス-尊厳ある者-』『Cool Beast!!』で惜しまれながらも退団。宝塚大劇場ではコロナ禍のため、史上初の無観客サヨナラショー配信を実施し、話題となった。10月には宝塚時代の相手役である明日海りおさんと『マドモアゼル モーツァルト』で再共演の予定。

ブラウス¥5,940(イズントシー)ピアス¥1,980リング¥1,980(ともにアネモネ/サンポークリエイト)ニット/スタイリスト私物

■お問合わせ先
イヴ・サンローラン・ボーテ 0120-526-333 井田ラボラトリーズ 0120-44-1184 イミュ 0120-371367 M・A・C(メイクアップ アート コスメティックス) 0570-003-770 msh 0120-131-370 パルファン・クリスチャン・ディオール 03-3239-0618

イズントシー https://www.isnt-she.com/ サンポークリエイト 082-248-6226

撮影/花村克彦〈人物〉、奥村 亮(STUDIO BANBAN)〈静物〉 モデル/華 優希 ヘアメーク/小松胡桃(ROI) スタイリング/栗尾美月 取材/渋谷香菜子

「宝塚メーク」関連記事

【宝塚】元タカラジェンヌ・真彩希帆さんの「真夏でも崩れない!ヘアアレンジ」【キレイめヘア編】

【宝塚】元タカラジェンヌ・真彩希帆さんの「真夏でも崩れない!ヘアアレンジ」【カジュアルヘア編】

元宝塚【明日海りおさん】インタビュー連載「30代のこと」他を一気にお見せします

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus