特集

大人女子の「マスク肌荒れ」場所別解消テクニック【ゴムがあたる所編】

マスク生活で今まで経験したことがない肌トラブルに直面し、「誰か助けて…」とお手上げ状態の人も多いはず。そこで美容皮膚科医とヘアメークさんに、マスク荒れの原因とパーツ別のトラブル解決策を教えてもらいました!

◆あわせて読みたい

大人女子の「マスク肌荒れ」場所別解消テクニック【ゴムがあたる所編】

ゴムがあたるところのトラブル…

ゴムの摩擦によって赤みが出たり、乾燥でバリア機能が低下

大人女子の「マスク肌荒れ」場所別解消テクニック【ゴムがあたる所編】

【トラブル解決法💡】うるおいのベールで摩擦や乾燥から肌を守って

スキンケア・メイクアイテム

バームで肌を保湿しながら赤みにはコントロールカラーを

A「赤みはイエローのコントロールカラーでカバー」(ナディアさん)ルナソル カラープライマー〈SPF25/PA++〉02 30㎖ ¥3,500(カネボウ化粧品)B 「マスクなどの外部刺激から肌を守ります」(ナディアさん)イハダ 薬用クリアバーム[医薬部外品]18g¥1,600※編集部調べ(資生堂)

A「赤みはイエローのコントロールカラーでカバー」(ナディアさん)ルナソル カラープライマー〈SPF25/PA++〉02 30㎖ ¥3,500(カネボウ化粧品)B 「マスクなどの外部刺激から肌を守ります」(ナディアさん)イハダ 薬用クリアバーム[医薬部外品]18g¥1,600※編集部調べ(資生堂)

撮影/五十嵐 洋 イラスト/本田佳世 取材/広田香奈

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE