特集

わ!ダサい!…アラサー女子のやりがちNGヘアアレンジ4つ

女性であれば、髪の悩みは尽きません。ヘアサロンに行くたびに髪を切ろうか伸ばそうか悩み、前髪をどうしようかアドバイスを友人に求め、結果どんな髪型がいいのか分からない…なんてことも。
インスタグラムで人気連載「モテ髪研究所」を配信中のイラストレーターの@tmr_illustさんに、アラサー世代にちょうどいいオシャレなヘアスタイルについて、教えて頂きました!
今回は「やりがちなNGヘアアレンジ」をテーマにした総集編。NG例とおすすめヘアアレンジをまとめて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

❶夏のNGヘア「ポニーテール」

  • わ!ダサい!…アラサー女子のやりがちNGヘアアレンジ4つ

    こういう人いる!アラサー世代のNG「ポニーテール」
    シンプルなアレンジは、生活感が出やすいので要注意です
    暑い夏は、髪を結ぶと涼しいので特に人気を集める「ポニーテール」。簡単な反面、“とりあえず結びました”感がものすごく出やすいので注意しましょう。モードな服装の人があえてタイトなポニーをするのはよいのですが、カジュアルめの服装の方は特に注意。抜け感がないと、とにかくひっつめ髪に見えてしまうので、ベースの髪をある程度巻いておくことや、ところどころ毛束に崩しを加えたほうがベター。

  • モテちゃう?オシャレな「ポニーテール」今のおすすめは
    手でざっくりとかしてバランスを見ながら崩すことが大切
    ほつれたような毛束の質感が加わると、ポニーテールがグンと色っぽい印象になります。コームでとかしたり、ピシッとまとめたポニーは硬いイメージに見えがちなので、手ぐしでざっくりとかしてまとめるのが最初のコツです。さらに、ゴム付近やトップなどバランスを見ながら崩していきます。パーマをかけておいたり、根元までアイロンで巻いておくと崩しが簡単になります。こめかみやもみあげの後れ毛があるとより◎、長すぎる場合は耳にかけてもOK。結んだゴムが見えてしまうときは、ポニーテールの毛先を一束使ってゴムに巻きつけると隠せます。難しい場合は革紐などを上から巻いてあげるとおしゃれに隠せるので、不器用な方などにおすすめ。ぜひ、次のヘアスタイルの参考にしてみては?

💡まとめ「モテるアラサーのポニーテール」

●タイトにまとめたポニーは、カジュアルな服装の人とは相性が悪いので崩しを意識
●手ぐしでざっくりとまとめて、ところどころを引き出して崩す
●うまく崩せない人はパーマや根元までのアイロンでの巻きをしておく

詳しくはこちら

アラサーがやりがち!NGヘアアレンジ❶「ポニーテール」【アラサー女子のモテ髪研究所vol.5】

❷夏のNGヘア「ハーフアップ」

  • こういう人いる!アラサー世代のNG「ハーフアップ」
    アイロンで巻かないこととヘアゴムが目立つのは致命傷です
    ただ髪を下ろしているよりも、こなれ感を出しやすい「ハーフアップ」。上半分の髪の毛を、後ろで結んだスタイルは、ポニーテールと同様、手軽にできるヘアアレンジです。しかし、結んだゴムが見えていたり、毛先がバサバサだと生活感が一気に溢れ出てしまいます。まずはアイロンで巻くことと、ゴムが見えないようにすること。また、ヘアアクセサリーを組み合わせるだけでも、手軽にオシャレなスタイルに見せることもできます。

  • モテちゃう?オシャレな「ハーフアップ」今のおすすめは
    毛先の印象がオシャレ見えに!ヘアアクセや後れ毛にも一工夫を
    やはり髪の質感がヘアスタイルの印象を左右するので、下ろした部分の毛先だけでもいいので、コテで巻いておくことから始めてみましょう。上半分の結んだ部分は、丸めてシニヨンにしてしまえば、毛先のパサパサした印象を簡単に隠せます。結んだ後に、少し毛束を引き出して崩すことも忘れずに。前から見た時のトップの高さも毛束を引き出して調節しましょう。また、前髪の有無に関わらず、こめかみの部分やもみあげには後れ毛を出しておくのがおすすめです。シニヨンが崩れそうな時は、バレッタなどで留めるとさらにアレンジ感が出ます。サイドの毛が飛び出てしまう人は、金ピンなどでオシャレに押さえるのも◎。

💡まとめ「モテるアラサーのハーフアップ」

●アイロンで下半分の毛先だけでも巻いておく
●上半分の髪はゴムでまとめてシニヨンにし、バレッタで留める
●後れ毛は必ず出しておき、髪が飛び出してしまう場合は金ピンなどでカバー

詳しくはこちら

アラサーがやりがち!NGヘアアレンジ❷「ハーフアップ」【アラサー女子のモテ髪研究所vol.6】

❸夏のNGヘア「お団子」

  • こういう人いる!アラサー世代のNG「お団子」
    頭のてっぺんにお団子を作るのは、子供っぽくてイタい!?
    ポニーテールにした髪をくるくると丸めて作る「お団子」もシンプルで人気のヘアアレンジです。手軽な反面、失敗も起こりやすいヘアアレンジです。最近では、首筋をキレイに見せてくれる効果もあって、高めの位置にお団子をつくるのがブーム。しかし、高い位置に作りすぎると子供っぽく見えてしまうので、位置は要注意です。またお団子の場合、毛束を崩しすぎるとだらしなく見えがちなので気をつけましょう。

  • モテちゃう?オシャレな「お団子」今のおすすめは
    正面から見てお団子が少し見えるくらいがオシャレ
    アラサー世代の場合は、頭頂部ではなくて、それよりもやや低い位置にお団子を作るとうまくいきます。真上よりやや後ろ、つむじ付近を狙いましょう。前から見たときにややお団子が見えるくらいの位置がおすすめです(本当は低めに作ったほうが落ち着いては見えるのですが、今は首をキレイに見せる高めが流行っています)。全体的に崩しや後れ毛があったほうが、抜け感が出ます。まとめる位置が高いと、崩しすぎや後れ毛の出しすぎはだらしない印象になりがちなので注意。後れ毛にした毛は個別にアイロンで巻き、まとめる前には、オイルやクリームなどでパサつかないようにしておきましょう。

💡まとめ「モテるアラサーのお団子ヘア」

●今のトレンドは高めの位置に作るお団子だが、高すぎは禁物
●正面から見たときにお団子が少し見えるくらいの位置に
●崩した部分や後れ毛はアイロンやオイルでパサついて見えない工夫を

詳しくはこちら

アラサーがやりがち!NGヘアアレンジ❸「お団子」【アラサー女子のモテ髪研究所vol.7】

❹夏のNGヘア「編み込み」

  • こういう人いる!アラサー世代のNG「編み込み」
    顔周りを編み込んでしまうのは古く見える原因に
    三つ編みなどに代表される「編み込み」は、アラサー世代にはおなじみのヘアスタイルで「成人式で編み込みのヘアアレンジをした」という人も多いのでは?当時流行していた、前髪などの顔周りにきつく編んだ模様を見せるような編み込みは、現在はトレンドから外れています。最近では毛先に向かって毛束を編んでいく「編み下ろし」がSNSから人気になりましたが、こちらもタイトな編み目にしないことが大切です。

  • モテちゃう?オシャレな「編み込み」今のおすすめは
    三つ編みしかできなくてもいいので、とにかく崩すこと!
    編み下ろしのアレンジは、油断すると子供っぽく見えてしまうので注意が必要です。アラサー世代の場合は「編みはじめの位置を後ろにすること」「崩しを加えること」がポイント。前髪やサイドに大きく編み目が見えるようなアレンジは、古い印象を与えるのでNG。編みはじめの位置は結構後ろがおすすめです。また、三つ編みしかできない人でも、上手に崩すことで今っぽい抜け感が出せます。ゴムで留めた毛先の方から崩していくと比較的簡単です。シュシュが再流行しているので、大きめで透け感のあるオーガンジー素材のものを、編みおろした毛先につけるのも◎。こめかみやもみあげの後れ毛があると、なおよしです。

💡まとめ「モテるアラサーの編み込みヘア」

●編み下ろしのアレンジはしっかり崩すことで子供っぽく見えるのを回避
●なるべく後ろから編み込みはじめ、顔周りやサイドは自然に
●透け感のあるシュシュを使ったり、こめかみやもみあげに後れ毛を出すと◎

詳しくはこちら

アラサーがやりがち!NGヘアアレンジ❹「編み込み」【アラサー女子のモテ髪研究所vol.8】

この記事を書いたのは…
@tmr_illust
インスタグラムやtwitterにて「モテ髪女子」を発信しているイラストレーター・デザイナー。人気サロンのヘアスタイリストとの繋がりも豊富で、ファッションや美容に関するリアルな情報が集まっている。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE