CLASSY.

恋愛

「もう疲れた…」婚活疲れに立ち向かうポイント3つ

婚活に疲れても彼氏をゲットするにはどうしたらいいのでしょう? 数々の婚活疲れの生徒を結婚に導いてきた婚活コンサルタントの筆者が、婚活疲れに負けずに彼氏をゲットする方法3つをお教えします。

1.“辛い婚活”を卒業する

辛い婚活は今すぐやめましょう。婚活をやめた途端、彼氏ができたという話を聞いたことはありませんか? 実はそれは、辛いと思いながら活動していた人たちに起こりやすい現象なのです。

さとみさん(35歳、仮名)もそんななかのひとり。婚活に辛さを感じて相談にお見えになりました。そんな彼女に私が提案したのが、自分が楽しめる場所での婚活です。その結果、さとみさんはご自分のお気に入りの著者の読書会に参加し、そこで出会った男性と意気投合して交際をスタート、ご結婚されました。

2.自分の魅力を発揮できる場所で婚活を行う

バリキャリのあいさん(40歳、仮名)は結婚相談所での活動に疲れ果てて相談にいらっしゃいました。結婚相談所で紹介される男性は一回り年上の男性か、自分が希望する条件に合わない男性ばかり。自分がお見合いしたい男性とは出会えず、入会したものの月に数人とお見合いするのがやっとの状況だったそうです。

婚活市場ど真ん中の結婚相談所や婚活パーティーでは、女性は見た目と年齢などの条件で判断されがちで、あいさんのようなバリキャリのアラフォー女性には不利な場所だったようです。

そんなあいさんには、職場や友人の紹介、婚活アプリなどの婚活をオススメしました。あいさんは結婚相談所をやめ、職場での出会いを意識した途端、取引先の年下男性からアプローチがきたそう。婚活に疲れたときは、活動する場所を変えるのもポイントです。

3.男友達をたくさん確保する

「次交際する男性と結婚したいんです」と言っていた年齢=彼氏いない歴のりえさん(32歳、仮名)。のりえさんは、出会う男性を自分の結婚相手としてふさわしいかどうか減点方式でジャッジをしてしまい、すぐに白黒つけるので彼氏はおろか男友達すら出来ず、婚活疲れの状態に陥っていました。女性のなかには減点方式で男性を見定める方が多くいますが、この状態は、勉強をせずにいきなり東大合格を目指すのと同じ状態。

そんな彼女にはまず、男友達をたくさん作ることから始めてもらいました。すると肩の力が抜けて、純粋に男性との出会いを楽しめるようになったようです。そして、新しくできた男友達のなかでも自然といつも一緒にいる男性と見事、ご結婚されました。

 

いかがでしたか? 婚活疲れに負けずに彼氏をゲットする方法、ぜひ試してみてくださいね。皆さんの婚活成功を心よりお祈りしております。

 

文/澤口珠子
女子力アップ/婚活コンサルタント。毎月開催1Dayレッスンは全国から参加者が集まる。メルマガ・LINE@で無料相談受付中

画像/Shutterstock(nd3000、Roman Samborskyi、g-stockstudio)

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE