【LIL LEAGUE】デビュー直前!LDHのニュージェネグループに直撃インタビュー【岡尾真虎編】

今年1月11日にデビューするLDH期待の新星グループ「LIL LEAGUE(リルリーグ)」。平均年齢15.5歳という圧倒的若さ&ダンス・ボーカル・ラップをこなすオールラウンダーの6人組グループとして今年大注目の彼らに、CLASSY. エンタメ部が独占取材に成功♡ デビュー目前の気持ちや、これからについて聞いてきました。本日は、LIL LEAGUEのダンス担当・岡尾真虎くんのインタビューをお届け!

LIL LEAGUE(リルリーグ)って?
今年1月11日にデビューする6人組メンズグループ。メンバーは岩城星那、中村竜大、山田晃大、岡尾真虎、百田隼麻、難波碧空で構成。男女総エントリー約4万8,000人、LDH史上最大のオーディション「iCON Z 2022 〜Dreams For Children〜」男性部門で日本武道館での最終審査でグランプリを獲得。デビュー前にリリースされた楽曲が異例の1,300万再生を突破した彼らが、ついに待望のメジャーデビュー! グループ名「LIL LEAGUE」は、若い力と勢いをバイブスに変えてほしいという意味を込めて名付けられたもの。

岡尾真虎(おかお まとら) 2

岡尾真虎(おかお まとら)
2008年5月7日生まれ、14歳。京都府出身。とにかく真面目で肝の据わった性格。オーディションの時から多彩な表現力でメンバーを引っ張ってきたダンス担当。

ずっと変わらないLIL LEAGUEらしさは…“僕たちらしい遊び心やバイブス”

―いよいよデビュー目前。オーディション時と比べて、成長したなと思う部分を教えてください。

オーディションの頃と比べると、人前に立つシーンが格段に増えましたね。皆さんにお届けするパフォーマンスについて、オーディションの時と比べると、かなり客観的に考えられるように成長したんじゃないかな。全国各地を訪れてパフォーマンスさせていただく「LIL LEAGUE 武者修行 ~LIL CARAVAN~」やライブ、音楽番組の出演など、ステージを重ねていく度に、色んなことに気づかされます。僕たち、しょっちゅうグループで反省会をしたり、先輩方のドキュメンタリーを観たりしているんですけれど、今までの僕らが「カッコいい!」「踊りやすい!」と思ってきたことが実は自己満足で終わっているんじゃないか…?なんて反省することも多々あります。パフォーマンスに対するマインドが日々、変化していますね。

―逆に、今でもずっと変わらない、そしてこれからもずっと続けていきたいLIL LEAGUEの魅力は?

今のLIL LEAGUEらしさって「若いバイブスを力に変えていく」みたいな印象ですよね。それは何年経ってもずっと残していきたい魅力のひとつ。若いバイブスでファンの皆さんに元気を与えていくことは、続けていきたいです。僕たち、今しかできない楽曲やパフォーマンスをしていきたい、という気持ちがあるんです。例えば、年齢を重ねていく内に、僕たちも大人になって、きっと貫禄が出てくると思うんですけれど、その時々の年齢に似合う曲を作っていきたい。その一方で、10代の頃に取り組んだ楽曲をその年齢に似合うようにアレンジすることも、楽しみたいんですよ。僕たちらしい遊び心やバイブスは、これからもずっと表現していきたいですね。

夢のようなことばかり起こった2022年。デビューイヤーはどんな年にしたい?

―2022年を振り返ると、どんな一年でしたか?

ひと言で言い表すなら、「変化」でしかないです! 取り巻く環境や生活など、一年前の自分にとってみたら、夢で見るようなことばかり(笑)。こうして取材していただくことや、撮影、イベントに出させていただくこともそうですし、そもそも一年前はステージに立てるとはまったく思っていなかったんです。グランプリを獲らせていただいたこと、武道館やドームのステージに立ったこと、こうしてデビューが決定したことなど、すべてがまったく予想していなかった変化で、びっくりし続けた一年でした!

―2023年、デビューイヤーはどんな一年にしたいですか?

オーディションでグランプリを獲ってから、SNSでとにかく色んなことを発信して、まずは僕たちの存在を知っていただく、ということに取り組んでいました。デビューイヤーとなる今年も、それはずっと続けていきたいですね。アーティストとしてデビューするということは、今まで憧れてきたアーティストさんがすべてライバルになる、ということだと思っています。憧れてきた先輩たちもいつか追い越すぞ、という攻めの気持ちで活動していきたいですね。

LINEのメッセージに心打たれて…THE RAMPAGEの川村壱馬さんが憧れ!

―岡尾くん自身が表現者として一

―岡尾くん自身が表現者として一番こだわりを持っていることは?

第一印象です。こういう取材もそうですし、初めてパフォーマンスを見てくださった方が、第一印象で態度が悪いと感じたら、「この人、何なんだ!?」ってなってしまうと思うんです。変顔が第一印象になったら、そういうキャラが求め続けられてしまう。その後に第一印象を変えるのって、結構難しいと思うんですよ。自分が思い描いている理想像を壊してしまうのはもったいないから、第一印象がとにかく大事! パフォーマンスのときも、曲調に合った表情管理であったり、ダンスのシンクロ率であったり、「いいな」と思っていただけるような第一印象を心がけています!

―憧れの先輩はいますか? その理由も教えてください。

THE RAMPAGEの川村壱馬さん。僕たち、武道館で行われたオーディションのファイナルステージで、THE RAMPAGEさんといっしょにパフォーマンスさせていただいたんです。その際のリハーサルで初めて壱馬さんにお会いしたんですけれど、そのときの佇まいがすごくって…。スター感が溢れているというか、もう、輝いていましたね! パフォーマンスもビジュアルも大好きなんですけれど、人間性も素晴らしいんですよ。僕たちが武道館でファイナルステージを終えた後、心のこもったメッセージを送ってくださったんです。「皆さん、お疲れ様でした。今回皆さんと武道館に立てて、初心を思い出すことができました」…みたいな内容なんですけれど、ものすごく謙虚で。「この人、すごい…!」としか言えないような内容がLINEで送られてきて、そこで完全にとどめを刺されました。「…カッコ良すぎるっ!!」てなりました!

LIL LEAGUE デビューシングル『Hunter』
1月11日(水)リリース!

平均年齢15.5歳、ダンス・ボーカル・ラップをこなす6人組ボーイズグループLIL LEAGUEのデビューシングル『Hunter』がいよいよ1月11日(水)にリリース。どんなピンチも乗り越えてチャンスを掴む、これから始まる旅で夢を追う一瞬一瞬をかけがえのないファンと共に歩んでいく、そんなメッセージが込められた楽曲は、ジャクソン5を彷彿させるようなポップな仕上がり。聴けば体が動き出すパワフルな楽曲は、2023年をハッピーに盛り上げてくれること間違いなし!

LIL LEAGUE公式サイト:https://lilleague.jp/

<衣装>ラガーシャツ¥42,900(トミーヒルフィガー コレクション/トミー ヒルフィガー カスタマーサービス☎︎0120-266-484)中に着たTシャツ¥1,364(ユナイテッドアスレ/キャブ https://united-athle.jp)その他/スタイリスト私物

撮影/望月宏樹 ヘアメーク/竹島健二 スタイリング/松川 聡 取材/亀井友里子・石津愛子 構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE 編集室)

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup