【LIL LEAGUE】デビュー直前!LDHのニュージェネグループに直撃インタビュー【中村竜大編】

今年1月11日にデビューするLDH期待の新星グループ「LIL LEAGUE(リルリーグ)」。平均年齢15.5歳という圧倒的若さ&ダンス・ボーカル・ラップをこなすオールラウンダーの6人組グループとして今年大注目の彼らに、CLASSY. エンタメ部が独占取材に成功♡ デビュー目前の気持ちや、これからについて聞いてきました。2人目は、LIL LEAGUEが誇る出来過ぎオールラウンダー・中村竜大くんのインタビューをお届け!

LIL LEAGUE(リルリーグ)って?
今年1月11日にデビューする6人組メンズグループ。メンバーは岩城星那、中村竜大、山田晃大、岡尾真虎、百田隼麻、難波碧空で構成。男女総エントリー約4万8,000人、LDH史上最大のオーディション「iCON Z 2022 〜Dreams For Children〜」男性部門で日本武道館での最終審査でグランプリを獲得。デビュー前にリリースされた楽曲が異例の1,300万再生を突破した彼らが、ついに待望のメジャーデビュー! グループ名「LIL LEAGUE」は、若い力と勢いをバイブスに変えてほしいという意味を込めて名付けられたもの。

中村竜大(なかむら たつひろ)

中村竜大(なかむら たつひろ)
2004年11月27日生まれ、18歳。福岡県出身。オーディション中は“出来杉くん”の愛称で知られた、歌・ダンス・ビジュアルが揃ったオールラウンダー。普段はやや天然な一方、ステージ上では自信満々の歌声で聴く人を魅了!

LIL LEAGUEの魅力は…“飾らないわちゃわちゃ感”

―いよいよデビュー目前。オーディション時と比べて、成長したなと思う部分を教えてください。

まわりにいるメンバーからかなり刺激を受けていますね。アーティストとしての考え方を自分もちゃんと持たないといけないな、と常日頃から考えるようになったのは大きく成長した部分ですね。技術面の成長としては、ただがむしゃらなだけではないダンスをしたいなと思うようになりました。女性アーティストの振り付けを勉強してみたり、自分なりに研究するようにしています。

―逆に、今でもずっと変わらない、そしてこれからもずっと続けていきたいLIL LEAGUEの魅力は?

ひと言で言えば、「飾らないわちゃわちゃ感」。(隣で口もとにパン屑をつけながら無邪気にハンバーガーにかぶりついている岡尾くんを見て)こういうところです(笑)。素でわちゃわちゃになってしまっている感じが自分たちらしいのかな。これは、何年経っても変わらないと思います!

2023年はさらに色んな形で、色んな角度から、僕たちを知ってほしい!

―2022年を振り返ると、どんな一年でしたか?

オーディション中もいろんな経験をさせてもらったんですけれど、僕自身はその前からいろんな挫折や回り道をしてきたタイプで。やっと実ったな、っていうとアレなんですけれど…家族や親戚から応援してもらっていたぶん、自分の中ではプレッシャーや焦りもあって。「早く夢を叶えて、ステージに立つところを見せたい」っていう思いがすごく強かったんです。2022年はそれが本当に実ったし、しかも有り難いことにデビューが決定して、みんなとても喜んでくれました。少しかもしれないけれど恩返しができた一年になったのかな、って思いますね。

―2023年、デビューイヤーはどんな一年にしたいですか?

デビューして最初の一年って、すごく大事だなって思っています。思うように人気が出なかったらダメっていう訳ではないんですけれど、僕たち自身の気持ちが少しでもブレてしまったら、グループ活動を末長く続けていく道のりが険しくなるな、と。LIL LEAGUEが結成してからSNSなどを通じて色んな方々に僕たちの存在を知っていただくために頑張っている最中なんですけれど、2023年はさらに色んな形で、色んな角度から、僕たちを知ってもらえるように頑張ります!

憧れの存在は…「いつかATSUSHIさんみたいに大きな存在になれたら」

―中村くん自身が表現者として一

―中村くん自身が表現者として一番こだわりを持っていることは?

自分なりに伝えたい何かを持つこと。やっぱり表現者なので、例えば曲だったらメッセージ、ダンスだったらテーマとか、ステージに立つときは絶対に何か伝えたいことを持っていないといけないと思います。中身がなかったら、どんなに技術がうまくても、おもしろい表現にはならないから。そういう意味では、例えばラブソングに関しては、その恋愛観について無理やり背伸びしてまで理解する必要はないかなって。自分が理解できていないことを、無理して表現するのは違うかなと思っています。身近な別の経験に置き換えてもいいと思うし、自分なりの解釈をして、表現していきたいですね。

―憧れの先輩はいますか? その理由も教えてください。

EXILE ATSUSHIさん。元々、僕は変声期を迎える前は、MISIAさんや、倖田來未さんのようなキーが高い女性の曲ばかり歌っていたんです。でも、変声期を迎えて、持ち歌すべてキーが高すぎて歌えなくなってしまって。「歌える曲がなくなってしまった」と落ち込んでいた時に出会ったのが、ATSUSHIさんの「道しるべ」という楽曲でした。自分の心の支えになってくれた楽曲なんです。それからATSUSHIさんが歌う楽曲をたくさん聴くようになって、精神的にすごく助けていただきました。初めてEXILEさんのライブに行ったとき、ATSUSHIさんの歌声や存在感は、ものすごいインパクトでした! ファンの皆さんの楽しませ方とか、すごく学ばさせていただくことが多くて、僕たちの鑑です。いつかATSUSHIさんみたいに大きな存在になれたらいいな、と思っています。

LIL LEAGUE デビューシングル『Hunter』
1月11日(水)リリース!

平均年齢15.5歳、ダンス・ボーカル・ラップをこなす6人組ボーイズグループLIL LEAGUEのデビューシングル『Hunter』がいよいよ1月11日(水)にリリース。どんなピンチも乗り越えてチャンスを掴む、これから始まる旅で夢を追う一瞬一瞬をかけがえのないファンと共に歩んでいく、そんなメッセージが込められた楽曲は、ジャクソン5を彷彿させるようなポップな仕上がり。聴けば体が動き出すパワフルな楽曲は、2023年をハッピーに盛り上げてくれること間違いなし!

LIL LEAGUE公式サイト:https://lilleague.jp/

<衣装>ベスト¥27,500(トミー ヒルフィガー/トミー ヒルフィガー カスタマーサービス☎︎0120-266-484)中に着たTシャツ¥2,497(ユナイテッドアスレ/キャブ https://united-athle.jp)その他/スタイリスト私物

撮影/望月宏樹 ヘアメーク/竹島健二 スタイリング/松川 聡 取材/亀井友里子・石津愛子 構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE 編集室)

Feature

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup