Aぇ! groupの正門良規さんが描き上げた壮大なテーマの作品って⁈【CLASSY. 2022年11月号裏話②】

CLASSY. 2022年11月号で1年ぶりの登場となった、関西ジャニーズJr.の人気ユニット「Aぇ! group」の正門良規さん。前回に続いて、今回はアートスクールでの撮影裏話を少しだけご紹介します。

正門良規さん撮影裏話②

2つ目のロケ場所は、昨年に続き

2つ目のロケ場所は、昨年に続き今年の主演舞台も芸術に関係していることにちなみ、アートスクールにお邪魔しました。生徒さんの作品や画材も、撮影の背景としてお借りしてOKということだったので、展示してある作品や資料を熱心に見ていた正門さん。生徒さんが自分の好きなものを書き出したマインドマップのような資料を眺めていると、「あ、お散歩だって!」とにっこり。

アートスクールではちょっとクールな雰囲気で撮影させていただきましたが、足を組んだポーズでの撮影中にカメラマンから「“人間は考える…”なんでしたっけ?」と聞かれると「葦!」と即答したり、今回のカメラマンの口癖、「なるほど!!」(会心の表情を押さえられたときの口癖ですが、ほぼすべてのタレントさんやモデルさんがスルー)にも、「なるほど…?」と聞き返してあげていました。

場所柄、画材も揃っているのでクレヨンで絵を描いていただいたのですが、カメラマンから出たお題がまさかの「テーマは『破壊と復活』でお願いします!」。短時間で描いていただくには壮大すぎるだろ…とザワつくスタッフをよそに、ちょっと考えてからサラサラと作画をスタート。「破壊」は誌面にも掲載させて頂いた爆発感のある作品ですが、「再生」は生命力あふれる樹木の絵柄に。舞台で演じているゴッホの「糸杉」が降りてきてる??と思わせる、パワーあふれる作品を描きあげてくれました。

昨年に続いて二度目の主演舞台、『ヴィンセント・イン・ブリクストン』が今まさに公演中の正門さん。Aぇ! groupとしても初の単独アリーナ公演に続き、舞台ツアーを発表、来年に向けてさらなる飛躍が期待される6人からますます目が離せません!

編集/CLASSY.ONLINE編集室

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup