【連休簡単おうちごはんレシピ】「エビのあっさり水餃子」「小松菜の味噌もみ」

忙しい毎日の中で、彼と楽しむ食事はほっとする幸せなとき♡そんな貴重な時間だからこそ、会話が弾む美味しいものを食べたいですよね。そこで2人きりのデートにぴったりの外さないレシピをお届けします。

ふたりでキッチンに並んで、楽しい餃子づくり「おうちごはん」

時間に余裕がある週末には、ふたりで一緒に料理してみては?おすすめメニューは、皆が大好きな餃子です。ふたりでお喋りしながら包んで食べて、盛り上がること間違いなし!焼・水の2種類を気分によって楽しんで。

【つるんとあっさり水餃子】

海老の食感がプリッ!セロリの風味がアクセント

海老・鶏ひき肉・セロリの水餃子の作り方

【材料】2人分(20個) ・む

【材料】2人分(20個)
・むき海老…100g
・鶏ひき肉…50g
・セロリ(葉も含む)…1/3本
・長ねぎ…5㎝
・にんにく…1/2片
・塩…小さじ1/3
・片栗粉…小さじ1
・ごま油…小さじ1
・餃子の皮…20枚
・ごま油…小さじ1
・パクチー…適量

作り方

①海老はよく洗って水けをふき、背に切り込みを入れて背ワタを取り、粗く刻む。セロリ、長ねぎ、にんにくはみじん切りにする。
②ボウルに鶏肉、①、〈A〉を入れて粘りが出るまでよくこね、20等分にする。
③餃子の皮の中央に②をのせる。皮のふちに水を付けて半分に折り、ふちを立たせながら左右を引き寄せ、皮の両端に水を付けて留める。
④鍋に湯を沸かしてごま油を加え、③を入れる。再び沸騰してから3分ほど茹でて、お湯を切って器に盛り、ざく切りにしたパクチーとたれを添える。

小松菜の味噌もみの作り方

【材料】2人分 ・小松菜…1/

【材料】2人分
・小松菜…1/2袋
・味噌…大さじ1/2
・オリーブオイル・・・大さじ1/2

作り方

小松菜は5㎝長さに切ってポリ袋に入れ、味噌とオリーブオイルを加えてしんなりするまでもみ、器に盛る。

教えてくれたのは

料理研究家・管理栄養士 近藤幸子さん
料理教室「おいしい週末」主宰。雑誌や書籍、TVなどで披露されるレシピは、簡単でシンプル、それでいて美味しくなる目からウロコのアイデアが満載。新刊『やめレシピ がんばらなくてもおいしいごはん』(主婦と生活社)が今年9月に発売。

撮影/上田佳代子 取材/首藤奈穂 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup