ピープル

弘中綾香さん「目標もやりたいこともないけれど、これが私」初のエッセイ本に込めた思いとは?

『あざとくて何が悪いの?』でおなじみの、テレビ朝日アナウンサー・弘中綾香さんが初のエッセイ集『アンクールな人生』を発売。画面上だけでは分からない弘中さんのパーソナルな部分が見える“回顧録”で、学生時代のちょっとした出来事から就職試験などのエピソードが赤裸々に語られています。弘中さんがこの一冊に込めた想いとは—。全3回にわたって、インタビューをお届けします。

◆あわせて読みたい

二階堂ふみさん・特別インタビュー「女だからこうなんだ、と思う必要なんてない」

いろいろな感想に出会えるのが楽しみです

—— 弘中さんの半生を振り返っ

— 弘中さんの半生を振り返った初のエッセイ集『アンクールな人生』が9月14日に発売されました。今の率直な気持ちを聞かせてください。

読んでくださった方の感想を聞くのがすごく楽しみです。というのも、何件か取材を受けているなかで、インタビュアーさんからいただく感想が見事に全員違っていたんです。一人として同じことを言わないのが、新鮮で面白くて。

— 具体的にどんな感想だったのでしょうか?

「共感する」っていう方もいましたし、逆に「自分と違って勉強になった」というお話も聞きました。あとは「想像以上に読み応えがありました」とか、「テレビで見ている印象と違いますね」とか。「自己肯定感をアップするための教科書」に思ってくださる方もいて。読み手によって受け取り方がバラバラなことを実感したので、これからより多くの方の手に渡ったときにどんな感想が集まるんだろうって、楽しみになってきました。

30代を迎えるにあたって、自分がどういう人間なのかを知っておきたかった

—— 『アンクールな人生』は、

— 『アンクールな人生』は、弘中さんが2年以上にわたって執筆されてきた『ダ・ヴィンチ』での連載を一冊にまとめた本です。一冊の本として仕上がったのを見て、どんな感想を持ちましたか?

シンプルに「ぶ厚いな」と思いました。コツコツやっていたら、こんなに原稿が溜まっていたのか…と。最近テキストを読む人が少なくなってきている話も聞きますし、この文字数を読むって、もしかしたら結構ハードルが高いのかもしれないとも思いました。私自身にとっては一冊通して読んでみることで、一種の腹落ちがあったというか。自分がどうしてこういう人間になったんだろうっていう、素朴な疑問に対する答えが見えたような気がしました。

—— エッセイのテーマをご自身

— エッセイのテーマをご自身の回顧録に設定されたところにも繋がると思いますが、弘中さん自身「私ってどうしてこういう人間なんだろう」と感じる瞬間があったんですね。

今は31歳で、エッセイを書き始めたときは29歳だったんですけど、その時期ってちょうど皆さんからの注目が高まりつつあった時期だったんです。それでよく「目標は?」「今後やりたいことは?」って聞かれていたんですけど、実際なくて…。じゃあ、なんで私は目標がないんだろう、こういう人間になったんだろうと考えたときに、これまでの自分を振り返ってみようと思ったんです。でもこうして今振り返ってみると、こういう人生なんだから今の自分で当たり前だよね、しょうがないよねって納得する部分が大きかったですね。

ホームビデオを見られているような感覚です

—— 今の弘中さんを紐解く一つ

— 今の弘中さんを紐解く一つ一つのエピソードが事細かに語られていて、まさに“大人の自己分析”のように感じました。

正直ホームビデオを見られているような感覚です(笑)。私の人生や経験について細かく書いているので、最初は恥ずかしくて。でもこの連載がなければすぐに忘れちゃうこともあったと思いますし、執筆時期がコロナ禍真っ只中だったということもあって、自分自身とゆっくり向き合えたのは良かったなと思います。

フォトギャラリー(全4枚)

テレビ朝日アナウンサー弘中綾香の初エッセイ集
『アンクールな人生』が9月14日に発売

2年以上にわたる『ダ・ヴィンチ』での連載をまとめた『アンクールな人生』は、幼少期に始まる自身の半生を振り返った「早すぎる回顧録」(本人談)。「かわいいだけじゃやっていけない」と悟ったという子供時代、自身が「暗黒期」と語る中学時代。そして現在のアナウンサー・弘中綾香の“骨格”を形作った高校時代を中心に、30代を迎えた今だからこそ紡ぎだすことのできる等身大の姿が、この一冊におさめられている。

弘中綾香
1991年2月12日生まれ。2013年にテレビ朝日入社。女性アナウンサーとして『激レアさんを連れてきた。』『あざとくて何が悪いの?』『ノブナカなんなん?』など数多くの人気番組に出演するほか、雑誌連載など活躍の幅を広げる。「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)では、2019年以降3年連続で1位を獲得。

撮影/花村克彦 取材・文/所 優里 編集/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

女優・石川恋さんインタビュー「わからないことを『わからない』と言えなくて…」

【佐々木希さん】年齢を重ねる中で見つけた“私なりのウェルビーイング”

E-girls・Flowerで活躍。ソロアーティスト“伶”が見つめる等身大の自分。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus