特集

SixTONES・森本慎太郎さん「俺のなかではアイドルとジャニーズは別」!?【特別インタビュー後編】

SixTONESの森本慎太郎く

SixTONESの森本慎太郎くんがついに「もしも…」企画に初登場!ファン投票では〝ジャニーズの元気キャラBEST5〟に選ばれるほど明るいムードメーカーの彼が演じてくれたのは年下の幼なじみ。インタビューでは飾らないプライベートな素顔や、ドラマ『ナンバMG5』について伺いました。今回は、その際のインタビューを特別にお届けします。

前回までのインタビュー

SixTONES・森本慎太郎さん「もしも落ち込んでいる彼女を慰めるなら?」【特別インタビュー前編】

一番大事にしてるのは楽しむこと!楽しんでないと輝けないと思うんです

――ドラマ『ナンバMG5』での大丸大助役が好評です。出演が決まった時の感想は?
「シンプルに面白そう!楽しそう!と思いました。大丸は原作マンガを読んだ時に一番好きだなと思ったキャラ。真っ直ぐで人として惹かれたし、友達とふざけてる時と友達を傷つけられた時に入るスイッチのオンオフが、僕にはないものだけど『いいなあ』と思って。大丸を演じられる嬉しさ半分、僕にないものを演じるのは難しいかもと思いました」

――自分と似ている部分もあるそうですね。
「大丸くんもお調子者だし、友達好きゆえに真っ直ぐすぎるところはちょっとおバカちゃん(笑)。面倒くさいことは切り捨てて、自分が夢中になるほうに走るってところも似てるなって思います。でも大丸の男らしさは、僕が思う男らしさとは違うかな。ヤンキーだから、すぐ拳を出すじゃないですか。僕は出さないので(笑)。俺は一歩引いて物事を冷静に分析する癖があるけど、大丸は考える前にまず行動。体でぶつかるタイプだから、そこは逆ですね」

――髪型を黒く短髪にしましたが、役作りに関して本広克行監督に言われたことは?
「『大丸と森本くんの良さは似てると思うから、役を作りすぎるより森本くんの感情が大丸にハマっていくといいよね』って言われたので、がっちり役を作ることはしなかったですね。僕は役が憑依するタイプじゃないし、そもそもできない。芝居をしていて自分の感情がどう動くかが一番大事だと思っているので、その感情を表現したいと思ってます」

――以前の取材では「ドラマの現場では真面目でしっかりしてると思われたい」とコメントしていましたが、今作でもそうですか?
「当たり前じゃないですか!(笑)人を笑わせたりふざけるのは大好きで楽しいんだけど、体力使うんですよ。最近は歳を感じてきて、なんか疲れるなって(笑)。共演の方にも真面目に思われてたほうがいいじゃないですか。…きっとないものねだりなんでしょうね。でも今回もそのスタンスでいようとしてたのに、(菊池)風磨が間宮(祥太朗)くんに『慎太郎、めちゃ面白いから。ふざけてるから』って言ったらしく…。初めて間宮くんに会った時、『聞いたよ、めっちゃ面白いんでしょ』って言われて(笑)。俺の出だしが崩れた~(笑)

――仕事でもプライベートでも自然体な森本さんが、仕事をするうえで一番大事にしていることってなんでしょう?
「楽しむことです!マジでこれは譲れないところ。自己分析ですが、俺って楽しんでないと輝けないんですよ。プライベートでもどんな場でも、楽しんでいるからこそ一日がハッピーに終われる。仕事を仕事と思わないのはよくないのかもしれないけど、自分が楽しくて感情が動いていればいいと思う。今日の撮影もそうですが、毎日毎日やったことのないような新しい刺激があるから苦じゃないし、仕事が仕事じゃないって思えるんです」

――アイドルとして大事にしていることは?
「ないですね。自分をアイドルとは思ってなくて(笑)。あるとしたら、世間が思う〝ジャニーズアイドル〟としてのルールを守ることだけかな。でも俺のなかではアイドルとジャニーズは別というか…ジャニーズっていうのは新しいジャンルだと思っていて。自分がアイドルという認識はないけれど、ジャニーズという看板を背負っているという認識はあります。だからアイドルというよりジャニーズとして一番大事にしてることならば…ジャニーさんへの恩ですね。それがあるから僕はジャニーズの一員なんです」

Shintaro Morimoto
’97年7月15日生まれ 神奈川県出身 血液型A型 ⚫SixTONESメンバーとして、’20年1月『Imitation Rain』でCDデビュー。個人としての最近の主な出演作はドラマ『監察医 朝顔』シリーズ、『武士スタント逢坂くん!』、映画『燃えよ剣』など。『ザ!鉄腕!DASH!!』でも活躍。SixTONESとしては『バリューの真実』、ラジオ『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』に出演中。

SixTONES 7thシングル『わたし』
メンバーの松村北斗くん出演ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』挿入歌。〝恋に落ちるなんてありえない〟…隠していた本来の「わたし」の心が思いもよらず突き動かされ奪われていく様をドラマチックに表現したラブソング。●初回盤A(CD2曲+DVD)、初回盤B(CD4曲+DVD)各¥1,760、通常盤(CD5曲)¥1,100(初回仕様20Pフォトブック)の全3形態で6月8日(水)リリース。

ドラマ『ナンバMG5』
ヤンキー一家・難破家の次男・剛(間宮祥太朗)が、家族に内緒で健全な高校に入学する「高校“逆„デビュー」物語。森本くんが演じるのはヤンキーが通う千鳥商業高校1年生の大丸大助。ヤンキーなのにケンカや争いは好まない、心優しくちょっとお調子者のキャラクター。他の出演/神尾楓珠 森川葵ほか  演出/本広克行  原作/『ナンバ MG5』『ナンバデッドエンド』小沢としお(秋田書店 少年チャンピオン コミックス刊)●毎週水曜22時よりフジテレビ系で放送中。

取材・文/駿河良美 再構成/Bravoworks.Inc

「SixTONES 森本慎太郎」関連記事

【森本慎太郎くんと青春が送りたかった】CLASSY.2022年7月号見どころ【編集長ブログ】

SixTONES・森本慎太郎さん「もしも落ち込んでいる彼女を慰めるなら?」【特別インタビュー前編】

【全文掲載】SixTONES森本慎太郎さんCLASSY.特別インタビュー【旬な男】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus