特集

【過干渉する母への対処法】自己主張は無駄、スルースキルを磨きましょう

CMでも広告でも母娘は〝仲良しで当然〟かのごとく描かれるばかり。身近な友人でさえSNSで〝いかに母と仲良しか〟を強調するポストをしていたり。ですが、本当に母娘は絵に描いたような仲良しじゃないといけないのでしょうか?いいえ、無理しなくていいんです。人には人の、母との距離。

【過干渉な母への対処法】自己主張は無駄、スルースキルを磨きましょう

信田さんから、30代の“娘たち”に伝えたいこと

「お母さんと仲良しじゃないとダメ」なんてことはありません。母娘問題はどの家庭にもあること。自分自身を否定せず、あなたらしさを貫いて。

「自分の母にはこうあってほしい」このような思いや理想は、あって然るべき感情。当然の要求なので、自分を責める必要はありません。

「恋人や友達に対して、こうして

「恋人や友達に対して、こうしてほしいと思ったり伝えたりすることって普通のことですよね。自分との距離が近ければ近いほどそういう感情は生まれるもの。だからお母さんに対しても希望の対応を求めたり伝えたりすることは何も悪いことではありません。むしろ当然のこと です。安心してください。自分を産んでくれて感謝しているから親孝行したい、イコール親のありのままを受け入れなきゃ、と考える必要はありません。それは別の問題です。もっとひどいお母さんもいるからうちはマシ、我慢しなきゃ、と思うのも間違い。自分の声に耳を傾けていいんです」

一緒に考えてくれたのは…

公認心理師・臨床心理士/信田さ

公認心理師・臨床心理士/信田さよ子先生
原宿カウンセリングセンター顧問、NPO法人RRP研究会代表理事。カウンセリングのほか、親子関係、DV、虐待を扱う著書も多数。最新著『アダルト・チルドレン』(学芸みらい社)

イラスト/ヤチナツ 取材/野田春香 再構成/Bravoworks.Inc

「家族」関連記事

【母の思いやりのない言動にがっかり】嫌いじゃないけど母が苦手、そんな悩みの解決策は?

【母のダメ出し、押しつけが嫌】母と仲良くできない、そんな悩みの解決策は?

【母が自分の理想を押しつけてくる】母との距離感が難しい、そんな悩みの解決策は?

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus