ピープル

元宝塚歌劇団トップスター望海風斗さんの素顔に迫る“10の質問”

高い歌唱力を誇り、正統派の日本物から色気溢れる男役まで幅広くこなした、元宝塚トップスターの望海風斗さん。出演が決まったミュージカル『イントゥ・ザ・ウッズ』への思いを聞いた前回に続き、今回は退団した今だからこそ聞きたい“10の質問”をインタビュー!

PROFILE

望海風斗(のぞみふうと)●2003年宝塚歌劇団に89期として入団。2017年 雪組トップスターに就任。真彩希帆とのトップコンビは、宝塚随一の歌唱力と評される。2021年4月 退団。同年8~10月には初コンサート『SPERO』を開催。2022年1~2月には初ミュージカル『イントゥ・ザ・ウッズ』の出演が決定している。

◆インタビュー前編はこちらから

望海風斗さん「今は、目標を探しているところ」卒業後の心境をインタビュー!

1.退団したんだな、と思う瞬間

1.退団したんだな、と思う瞬間は?

昼間に外を歩いているとき。宝塚時代、公演中は昼に外に出ることはないですし、お稽古中は一日お稽古場に、休日は体のメンテナンスをするか仕事の服を探すかの分刻みの生活。外に出たとしても楽しむ時間はありませんでした。だから「時間があるから、外を歩こう!」と散歩していると、退団したんだなって実感しますね。外に出て新鮮な空気を吸うことは、一番のリフレッシュ法にもなっています。

2.退団の記念にやったことはありますか?

ピアスを開けました! 両耳に一つずつ。開けたばかりなので、まだファーストピアスをつけています。男役のときにはイヤリングすらつけることはなかったんですが、退団後につけたら耳たぶが薄くて落ちてしまって。これからは耳まわりのアクセサリーをつける機会が増えそうなので、だったらピアスを!と。記念に絶対やりたかったことはないですが、退団のタイミングで開けました。

3.最近のファッションのテイス

3.最近のファッションのテイストは?

基本、ゆるいです。前は黒ばかり着ていましたが、淡い色を好むようになりました。今日の私服は淡いブルーのオーバーサイズニットです。

4.最近よく口ずさんでしまう曲は?

NiziUの『チョップスティック』。この曲が離れないんですよ。初めて聴いてから、ふと気が付くと頭の中に流れていて。今、私の中でNiziUブーム、きてます!

5.最近マスターしたいと思って

5.最近マスターしたいと思っているスキルは?

英語! 宝塚時代から挑戦したいと思っていたんです。でも、才能ないんですよ…。耳が良いからすぐに上達しそうと言ってもらいますが、上手くいかないんです。発音だけはほめていただくんですけど。頑張って続ければ、いつかきっと!と信じつつ、あまり上達しない自分に落ち込む日々です。

6.最近キュンとしたことは?

上野動物園のパンダの成長! 毎回ニュースで観るたびにキュンとしています。

7.最近日記はつけていますか?

7.最近日記はつけていますか?

日記、全然書いていないです(笑)。

8.最近上手く描けた人や物はありますか?

コンサート『SPERO』の共演者の皆さんの似顔絵。お稽古中はマスクをしているので顔をわかってなかったのですが、コンサートが始まって顔をよく見ていたら、描けるかもと思ったんです。ちゃんと特徴をとらえることができたので、我ながら上手く描けました! 皆さんにも気に入って頂けて、LINEのアイコンにしてくれたりして、嬉しかったです。

9.最近観た宝塚は何ですか?

9.最近観た宝塚は何ですか?

雪組の『CITY HUNTER』! ファンの頃に戻りました。彩風咲奈さんのファンです!皆がキラキラしているし、何よりさきちゃんがかっこよくて! こんなにかっこいい人がいつも隣にいてくれたなんて、と感動しました(笑)。

10.生まれ変わったら何になりたい?

踊れるタカラジェンヌ! 「生まれ変わってもタカラジェンヌ!」というのは絶対です。やり直せるものなら、ダンスをもっと頑張りたいです。当時ももちろん頑張っていたんですけど、歌の比率の方が高かったので。ダンスを強化して、今度は踊れるタカラジェンヌとして舞台に立ちたいです!

ミュージカル『イントゥ・ザ・ウッズ』公演情報

ブロードウェイ・ミュージカルの

ブロードウェイ・ミュージカルのレジェンド、スティーヴン・ソンドハイムが1986年に発表し、最高栄誉のトニー賞で、オリジナル楽曲賞を含む3部門を制覇した傑作をまったくの新翻訳、まったくの新演出で。童話に新しい解釈を与え、大人向けファンタジーとして創り上げられたミュージカル。魔女に呪いをかけられたおとぎ話の主人公たちの物語が交差し、「森」の中で展開されるストーリー。人間の本能や欲望、深層心理を容赦なく暴き出し、美しく、ときに残酷な『イントゥ・ザ・ウッズ』の世界をご堪能あれ!

2022年1月11日(火)~31日(月) 日生劇場
2022年2月6日(日)~13日(日) 梅田芸術劇場メインホール

https://www.umegei.com/itwoods2022/

フォトギャラリー(全5枚)

<衣装詳細>
カバーオール¥28,600パンツ¥29,700(ともにアストラット/アストラット 新宿店 tel.03-5366-6560)イヤーカフ¥19,800(ルフェール/UTS PR tel.03-6427-1030)その他/スタイリスト私物

撮影/平井敬治 ヘアメーク/高城裕子 スタイリング/菊池志真 取材・文/よしだなお 構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

「退団後、記念に買ったものは?」元宝塚・珠城りょうさんに10の質問!

柚希礼音さんが心身ともにヘルシーでいるために心がけていることって?

元宝塚・明日海りおさんスペシャルインタビュー【美しさと強さの秘密は?】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus