ニュース

朝ドラ「稔さん」が話題!SixTONES松村北斗さん“辛口発言連発”の撮影レポート!

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の稔さんでも話題!『CLASSY.』12月号の表紙を飾ってくださったSixTONESの松村北斗さん。インスタライブでも盛り上がった撮影裏話をお届けします。

SixTONES松村北斗さんとおうちでクリスマスデート。撮影裏話は…?【CLASSY. 12月号】

松村北斗さん撮影裏話

  • 連続テレビ小説「カムカムエヴリ
  • 連続テレビ小説「カムカムエヴリ

今回は松村さんご本人のご希望も事前にお聞きして「後輩」と「彼氏」の両方の設定で、さらに彼氏編は「おうちクリスマスデート」にしたいというリクエストをもとに撮影させていただきました。

「後輩」パートの撮影現場で大好評だった10月号の「ワーケーションデート」のページをお見せすると、「あー、意識高いやつね。本当にワ―ケーションとかしたら成功した!って思うだろうな~」と出だしから松村節を披露してくださいました。

「彼氏の北斗くん」パートでは、カメラマンたっての希望でヤドリギを飾るシーンを撮影。(12月号P.142左上のカットをご覧ください)ちなみにクリスマスにヤドリギの下に二人で立ったら必ずキスしないといけない、という欧米の風習があるのですが、それを説明したときの松村さんの答えがひと言、「なにそれ、変態の儀式?」。

ヤドリギに対する反応はかなりクールでしたが、ツリーを飾りつけするシーンの撮影中にスタッフがクリスマスソングをかけると、「あー、なんか泣きそうになってきた」と松村さん。その理由はインタビューでお聞きしているのでぜひチェックしてください!

発言は辛口だったりちょっとセンチメンタルだったりしつつ、終始楽しそうに、また撮影用のお料理もいつものようにとても美味しそうに食べていただき、素敵すぎるクリスマスデートの誌面になりました。大変お忙しい中で表紙・後輩・彼氏と盛りだくさんの撮影に臨んでいただきありがとうございました!

CLASSY.12月号は全国の書店、ネット書店で発売中です。
▶︎Amazonで購入する
▶︎楽天ブックスで購入する

松村北斗さんの過去記事はこちら!

SixTONES・松村北斗さん特別インタビュー後編【全文掲載/CLASSY.2021年10月号】

SixTONES・松村北斗さん特別インタビュー前編【全文掲載/CLASSY.2021年10月号】

SixTONES松村北斗さんがルームサービスを吟味!お気に入りのメニューは?【10月号裏話】

構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus