特集

絶対に喜ばれる、最高の手土産3選【料理家 麻生要一郎さん推薦】

今回は料理家の麻生要一さんに、おすすめのお持たせをお伺いしました。

先月の「最高の手土産3選」

絶対に喜ばれる、最高の手土産3選【「おかわりJAPAN」主宰・長船クニヒコさん推薦】

  • 今回は料理家の麻生要一さんに、

    【超王道】
    岡埜栄泉の「栗饅頭」1個 ¥290(税込み)
    子供の頃から栗饅頭が大好きなのですが、岡埜栄泉の栗饅頭はすべてが別格の味わいです

    大正元年の創業以来100余年もの間、変わらぬ味を守り続ける豆大福で名高い「岡埜栄泉」。その看板商品に次いで支持されているのが栗饅頭です。しっとり焼き上げた薄皮に包まれているのは、北海道産白いんげん豆「大手芒」を丁寧に炊いた白餡。さらに、大ぶりな栗が丸ごと1粒入っています。舌触りなめらかな品の良い白餡とホクホクとした栗の風味は、さすが老舗の逸品。

    ●岡埜栄泉
    東京都港区虎ノ門3-8-24
    ☎03-3433-5550
    (営)月~金 9:00~17:00 土 9:00~12:00
    (休)日曜、祝日

  • 今回は料理家の麻生要一さんに、

    【女子ウケ】
    ukafeの「三毛猫クッキー」10枚入り ¥1,800
    蓋を開けたらそっと寄り添う猫たち。厳選された素材のクッキーは優しい味わいです

    「uka」が展開する自然派カフェ「ukafe」から、キュートなクッキーが登場。思い思いのポーズをした猫ちゃんは、ほんのりレモンが香る白猫、ココア風味の茶猫、竹炭パウダー入りの黒猫、それらで模様を描いた三毛猫というラインナップ。グラスフェッドバターや奥久慈卵、和三盆といった安心素材を用いた手作りです。店舗改装中のため、最新の販売情報はインスタで確認を。

    ●ukafe
    東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウンガレリア2F
    ☎03-6438-9920
    (営)11:00~20:00 (休)施設に準ずる
    https://www.instagram.com/ukafe.info/
    ※現在、店舗改装中につき、一時休業中。2021年3月31日リニューアルオープン予定。

  • 今回は料理家の麻生要一さんに、

    【激レア】
    Chusの「バターのいとこ」1箱3枚入り ¥864(税込み)
    ゴーフル生地に、バターを作る過程で生まれた無脂肪乳のミルクジャムをサンド。優しい美味しさ

    生乳から採れるバターはほんのわずかで、約90%が無脂肪乳として残ってしまいます。それらを美味しく活用したいという思いから生まれたのが「バターのいとこ」。バターが香るゴーフル生地でサンドしたのは、無脂肪乳から作られたミルクジャム。シャリッとした砂糖の食感とともに、ミルキーな甘さがとろけます。オンラインショップでは約3カ月待ちという人気も納得です。

    ●バターのいとこ
    栃木県那須郡那須町高久乙2905-25
    ☎0287-62-2100
    (営)10:00~16:00(休)第2木曜
    https://butternoitoko.com/

料理家/麻生要一郎さん 家業の
写真 : 山田 薫

料理家/麻生要一郎さん
家業の建設業、飲食業を経て、現在はレシピ考案のほか、食や暮らしについてのエッセイ執筆などに携わる。雑誌の撮影現場へ届けるお弁当やイベントでのケータリング料理が評判を呼ぶ。レシピ51品をまとめた初の単行本『僕の献立 本日もお疲れ様でした』(光文社)が発売中。

撮影/安井真喜子 取材/首藤奈穂
※営業時間は変動する場合があります。

「手土産」関連記事

絶対に喜ばれる、最高の手土産3選【フードスタイリスト・YUKOさん推薦】

絶対に喜ばれる、最高の手土産3選【アートディレクター・秋山具義さん推薦】

【1,400円以内】グルメライターが食べて厳選!「東京駅構内」で買える手土産5選

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus