恋愛

アラサー女子がやりがち!?モテテクの効果を検証してみた【男子100人にアンケート】

雑誌の恋愛特集やネット記事、女子会の噂…などなどで目にして信じてきた、数々のモテテクたち。それらは男性に〝好意のアピール〟として受け止められているのでしょうか?アラサー男子100人にアンケートを取り調べてみました!

アラサー女子のモテテク「あけおめLINEをフライング」|【2020年までに彼氏をつくるためにすべき30のこと】

男子100人に聞いた!以下の女性の行動、好意のアピールだとわかりますか?

  • 雑誌の恋愛特集やネット記事、女

    検証①モテる女と思わせるため、他の男性の話をする
    「口説かれた」「他の人と付き合おうか迷っている」などの話はNG。男同士の競争心を駆り立てようと思い言ったとしても、男性には「モテ自慢」に感じられてしまうよう。

  • 雑誌の恋愛特集やネット記事、女

    検証②追われる女でいるために、3回に1回はデートの誘いを断る
    4割には効き目があるようですが、鉄板のモテテクとは言えません。今どきの草食系男子には、獲物を追いかける習性はないようです。

  • 雑誌の恋愛特集やネット記事、女

    検証③謎めいた女に見せるため、休日や夜の行動は伝えない
    秘密は恋のスパイス!と思いきや、8割以上の男性が〝わかりにくい〟と回答。中には「結婚してるんじゃないかと不安になる」という声も。

  • 雑誌の恋愛特集やネット記事、女

    検証④彼を焦らせるため、SNSで別の男性と一緒にいることを匂わせる
    ほぼ100%の男性が〝わからない〟と回答。焦ってもらいたいという女心は「冷める」「策略的で嫌い」と完全に裏目に出る結果に。

  • 雑誌の恋愛特集やネット記事、女

    検証⑤ペットボトルが開けられないなど、ちょっとしたことで彼を頼る
    回答は半数に分かれる結果に。〝わからない〟派の男性も「必死に頑張ってからのお願いは可愛いと思う」とコメント。男性はなんだかんだ頼りにされるのは好きなよう。

  • 雑誌の恋愛特集やネット記事、女

    検証⑥告白されてもすぐに応えず保留にする
    男性は手に入れるのに時間が掛かるモノほど大事にしたくなるはず…と思いきや、「長く保留にされると興味がないのかと思う」「冷める」など の声が。タイミングを見極める必要があるようです。

  • 雑誌の恋愛特集やネット記事、女

    検証⑦気になる人の周りをウロウロしたり見つめたりする
    「目が合うと気になって意識してしまう」という男性がいた一方で、「見られても気が付かないと思う」「いくら可愛いコでも怖い」という声もあったりと両極端。諸刃の剣かもしれません。

これらが通じないのは…男女のコミュニケーションに〝時代のズレ〟があるからなんです

理由① 女性の信じているモテテ=バブル時代のもの

アンケートに出てきたようなモテテクは、CLASSY.世代の皆さんが子供の頃に作られたものなんです。当時は職業の男女差が大きかったので、リッチでエネルギーのある男性がキレイな女性を追いかけるという、恋の駆け引きの構造が成立していました。しかし、今の30代男性は当時ほど生活に余裕がなく、仕事に一生懸命で恋愛に関心がないんです。自分を高嶺の花のように見せても、同世代の男性には刺さらないんですよね。

理由② 男が求めているのは忖度のいらない楽な関係

電話や手紙が連絡手段だった時代と違い、今はスマホで誰かと常にコミュニケーションを取り続けている状況。人を誘うことや連絡することに、気持ち的な重みがないんです。そんな今、自分の行動や発言の裏を読ませるようなモテテクありきの恋は、男性にとっては重すぎるんです。「恋人に求める条件」を聞くと、読者の皆さんと同世代の男性のほとんどは「一緒にいて楽な人」と答えるほどですから。

理由③ 男女が平等になりつつあるのに恋愛観が変わっていない

女性が一人でも幸せに生きていける今、恋愛や結婚を仕事のような感覚で「こなす」ことのように思ってしまうのは仕方がない。しかし、社会的に強い立場にいる女性を恋愛でだけ乙女扱いするというのは、男性にとっては至難の業。恋愛への取り組み方が男女で逆転しつつあるのに、関係性は昔のままなんです。

教えてくれたのは…五百田達成さん

作家・心理カウンセラー 五百田

作家・心理カウンセラー 五百田達成(いおた たつなり)さん
コミュニケーション心理、社会変化と男女関係、SNSと人付き合い、ことばと伝え方をテーマに講演や執筆を行っている。テレビ・雑誌など、メディア出演多数。著書『察しない男 説明しない女』(ディスカバー21)は35万部突破。

再構成/CLASSY.ONLINE編集室
※この記事は『CLASSY.』2018年1月号の記事を再編集したものです。

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus