CLASSY.

特集

アラサーの「定番アウター」最旬コーデ10選【去年買ったコートも今っぽく!】

秋冬の第一印象を決めると言っても過言ではない最重要アイテム、アウター。だんだんと肌寒くなってきて、本格的に準備し始めた人も多いのではないでしょうか。お値段も少し張るように、大切に長く着たいアイテムだからこそ、毎年変わらず着られたら嬉しいですよね。そこで今回は、何年もずっと着られるアウターをコーディネートと合わせて紹介します。今年っぽい要素をプラスして、寒さも楽しくオシャレに乗り切りましょう。

  • さらりと羽織る「ロングコート」
    寒い秋冬を乗り切るには、足元まで隠れるロングコートが毎年欠かせないですよね。中でもAラインのコートは、丈が長くてもバランスがいいので重たくならず、合わせるボトムスを選ばないのでオススメです。暗めのネイビーにはフレッシュなオレンジを合わて。

    カシミヤ混ウールコート¥110,000(ebure)ニット¥58,000(メゾン フラネウール/アーバンリサーチ ロッソ グランフロント大阪店)スカート¥9,900(グリーンレーベル リラクシング/グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店)バッグ¥156,000ストラップ¥69,000ブーツ¥123,000(すべてトッズ/トッズ・ジャパン)ピアス¥5,800(リリーズ/フォーティーン ショールーム)ブレス レット¥43,000(シンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)『CLASSY.』2018年11月号P.154掲載

  • シンプルリッチな「ノーカラーコクーンコート」
    キレイめ派の味方、ノーカラーコート。シンプルなデザインですが、ONからOFFまでシーンを選ばず、羽織るだけでコーディネート全体を格上げしてくれます。オーバーサイズのコートは両サイドにスリットがあるものを選ぶと、今どきっぽく軽快に着こなせます。

    コート¥27,000スカート¥9,900ブラウス¥7,900バッグ¥5,900タイツ¥1,200(すべてグリーンレーベル リラクシング/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店)『CLASSY.』2018年12月号P.210掲載

  • 永遠の定番!「ダッフルコート」
    ざっくり羽織れるビッグシルエットのダッフルコートは、ビッグシルエットを選びたい。着こなしに余裕が生まれ、ぐんとオシャレでこなれた印象になります。更にゆったりとしたワイドパンツを合わせると、可愛さは残しつつ大人っぽさをアップできます。

    ネイビーロングダッフルコート¥82,000(ハイク/ボウルズ)タートルネックニット¥83,000(ドゥロワー/ドゥロワー 丸の内店)ワイドパンツ¥42,000(ebure)バッグ¥80,000(トリー バーチ/トリー バーチ ジャパン)ピアス¥16,000(IRID IUM/H.P.FRANCE)『CLASSY.』2018年12月号P.60掲載

  • トレンドに流されない「MA-1ブルゾン」
    どんなアイテムにも合わせやすいブルゾンは、毎年選ばれる不動のアウター。メンズライクなデザインが媚びないかっこよさと合わせて、華奢な女性らしさも実現してくれます。辛口なアウターには、甘めのコーディネートを合わせてラフにまとめましょう。

    ブルゾン¥68,000(ハイク/ボウルズ)Tシャツ[参考価格]¥15,800(ベラ・フロイド/ステディ スタディ)スカート¥39,000(ツル バイ マリコ オイカワ)バッグ¥75,000(FURLA/FURLA JAPAN)レースアップシューズ¥40,000(PIPPICHIC/ベイジュ)ピアス¥2,917(アビステ)『CLASSY.』2018年10月号P.129掲載

  • 通勤に大活躍「Vゾーンのノーカラーコート」
    深いVゾーンのデザインは、顔周りをすっきり見せてくれるところが嬉しいですよね。旬なハイネックニットとのバランスも良し。オフィスにも取り入れやすい華やかなスタイルは、大人っぽいきちんと感の出るなめらかな素材と、清潔感のある白色で完成します。

    コート¥11,000ニット¥4,500パンツ¥4,500バッグ¥4,500ストール¥2,750パンプス¥4,000イヤリング¥1,500(すべてグローバルワーク)『CLASSY.』2018年12月号P.246掲載

  • 暖かさとオシャレを両立できる「ダウンコート」
    機能性も合わせた優秀アウターといえば、ダウンコート。本格的な寒さに合わせて準備する人も多いのでは?お尻が隠れる着丈のダウンは長めのスカートを合わせて、ロング×ロングの丈バランスで今年らしさもを演出。真冬のオシャレを思う存分楽しめます。

    ダウンジャケット¥55,000(ケープハイツ/グリニッジ ショールーム)ニット¥33,000〈エイトン×デミルクス ビームス〉スカート¥23,000〈エーケー ワン〉バッグ¥16,000〈メゾン ヴァンサン×デミルクス ビームス〉(すべてデミルクス ビームス 新宿)ピアス¥1,680リング¥3,600(ともにJUICY ROCK)ブーツ¥26,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)『CLASSY.』2018年12月号P.258掲載

  • 存在感を放つ「エコムートンコート」
    ひときわ目を引く主役級のエコムートンコートは、なめらかな手触りで着心地抜群。軽やかな色合いからも女性らしい、優しい印象を与えてくれます。エコムートンはお手入れもしやすいので、気兼ねなくデイリーに着ることができます。

    ムートンタッチフーデットコート¥5,990 3Dエクストラファインメリノリブワンピース¥5,990(ともにUNIQLO)その他/スタイリスト私物『CLASSY.』2018年12月号P.195掲載

  • リラックスモードな「フード付きコート」
    ジップ付きのフードコートは、オンからオフまで使える便利なカジュアルアウター。近くに出かけるだけの簡単なコーディネートにピッタリですよね。全体的にリラックス感が出過ぎないよう、イージーパンツの中でも秋らしい深みのあるグリーンを合わせて。

    パンツ¥19,000コート¥52,000ニット[アンサンブル価格]¥22,000ストール¥12,000バッグ¥18,000ブーティ¥29,000(すべてBOSCH)『CLASSY.』2018年11月号P.201掲載

  • クールに決める「ショートダウン」
    抜群の防寒性と保温性を保ちながらファッション性も忘れない、本格派のダウンコート。コーディネートにメリハリを与えるショート丈もオススメです。上半身にボリュームを持たせることで、より細身のパンツが生きてきます。スポーティな小物で旬のアスレジャーっぽく仕上げれば、間違いありません。

    シームレスダウンパーカ¥12,900リブハイネックTシャツ¥1,500EZYジーンズ¥3,990(すべてUNI QLO)その他/スタイリスト私物『CLASSY.』2018年12月号P.199掲載

  • 気分を上げる「カラーコート」
    コーディネートの主役になるカラーコートは、自分も周りも明るくなるような大胆な色を選びたい。鮮やかな赤が印象的なロングコートは、定番人気なAラインのデザインに小さめの襟がポイント。さりげなく小粋に決めることができます。

    ウールコート¥145,000(マディソンブルー)カットソー¥11,000(ルミノア/ガリャルダガランテ 表参道店)パンツ¥33,000(インコテックス/デミルクス ビームス 新宿)バッグ¥258,000パンプス¥83,000(ともにクリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン)キャスケット¥7,800(CA4LA/CA4LA ショールーム)グローブ[参考価格]¥21,000(アルポ/アマン)ネックレス¥20,000(マユ/マユ アトリエ)『CLASSY.』2018年11月号P.157掲載

合わせるアイテム次第で、今年っぽく見せられるのが定番アウターの優秀ポイントですよね。これから購入予定の方は、飽きずに長く着られるをテーマにアウター選びしてみてはいかがでしょうか。

※本記事は過去の「CLASSY.」を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。
再構成/所優里、CLASSY.WEB編集室

合わせて読みたい!秋冬のアウター記事

【買うべきコート】甘め派はケープコートならどんなニットにも羽織れる!

【買うべきコート】辛口派はドロップショルダーを買えばビッグニットにも着られる!

骨格診断で選ぶ「ユニクロ」の体型別似合うコート6選

「GU」で発見!体型別似合うアウター9選【骨格診断で似合う服が見つかる】

アラサー女子の「ライダース」コーデ10選【明日のコーデに悩んだら】

アラサー女子、秋の「トレンチ」コーデ見本10選【明日着る服がない】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE