昭和と令和の違いを痛感する日のスウェットコーデ【着まわしDiary】

今回の着回しDiaryは… 記

今回の着回しDiaryは…
記念すべき創刊40周年号の着回し企画は、1984年に生きるCLASSY.読者・ミヅキが主人公。ひょんなことから2024年にタイムリープしちゃうけれど、昭和よりも令和の時代の方が意外としっくり!?時空を超えて愛されるベーシックアイテムとともに、昭和も令和も華麗に生き抜きます!

【DAY4】
ぼーっとテレビを観る土曜日。
昭和と令和の比較を教えてくれる
バラエティ番組。
「髪切った?」もセクハラなの⁉

価値観が昭和と全然違いすぎて、

価値観が昭和と全然違いすぎて、まだ消化できず。いい気もするし息苦しい気も…。 夕方はコスメを見に新宿の伊勢丹へ。この口紅、男の人がモデルをやってる!斬新! バッグ¥170,500(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン カスタマーセンター)スニーカー¥11,990(ニューバランス/ニューバランス ジャパンお客様相談室)キャップ¥4,400(ニューエラ)サングラス¥42,900(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)

時を超える名品!令和女子を支えてくれるベーシックアイテム
5月に揃えたいアイテムは…

\1984年CLASSY.創刊号/
1984年4月に創刊された、20代を主なターゲットにしたファッション雑誌。当時はJJのお姉さん雑誌にあたり、お嬢様雑誌御三家の一時代を築いた。

今月の主人公は…

ミヅキ(28歳)
スキー場で星を見ることとオシャレが好き。同い年の彼・リョウとはそろそろ結婚を考え中。通訳の仕事をしているが結婚したらやめようと思っている。

撮影/三瓶康友 スタイリング/平沼洋美 取材/棚田トモコ 編集/前田章子 撮影協力/新宿らんぶる、namco TOKYO 再構成/Bravoworks,Inc.

Pickup