ベテランスタイリストさんに聞いた「Gジャンの着こなしを、今までと変える方法」6つ

久々のGジャンブームに新鮮さを感じる一方で、「ほっこりしそう」「カジュアルすぎる?」という不安も。そこで参考にしたいのが、芯のある〝カッコいい〟女性像を体現する、荒木さんのスタイリング。Gジャンが今すぐ着たくなる6つのテクニックを教えてもらいました。

1.【デニム×黒インナー】Gジャンのインナーを黒で締める!

黒トップスで締めつつあえて〝重

黒トップスで締めつつあえて〝重み〟を出すと大人に相応しい高級感
Gジャンの中を引き締める黒トップスの選択肢として、タートルニットならよりシャープな印象に。またトップスとパンツを黒ワントーンで繋げると、Ⅰラインが強調されてさらに締まって見えます。ブルーデニム×黒で配色はシンプルなので、エッジの効いた小物をプラスして力強さを。Gジャン¥63,800(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)ニット¥26,400(スローン)パンツ¥48,400(エイトン/エイトン青山)バッグ[参考価格]¥460,900(ロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)

2.【デニム×シックアウター】キレイめなアウターと合わせる!

Gジャンでドレスダウン大人の余

Gジャンでドレスダウン大人の余裕を感じさせるジャケットスタイルに
背筋がすっと伸びる、端正なジャケットセットアップ。Gジャンを挟んでカジュアル感を添えれば、気負わず普段使いできそう。アウターとレイヤードするならジャストサイズが重宝。Gジャン¥75,900(マディソンブルー)ジャケット¥72,600ノースリーブニット¥31,900パンツ[ベルト付き]¥50,600(すべてebure/ebure GINZA SIX 店)バッグ¥150,700ローファー¥126,500(ともにピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)イヤリング¥2,100バングル各¥6,480(すべてアビステ)

3.【デニム×デザインネック】首回りの詰まったトップスをIN!

シャツのボタンを上まで全部きっ

シャツのボタンを上まで全部きっちと留めたカジュアルトラッド
Gジャンの中ではキレイめな雰囲気で着られる、濃色リジッドデニム。中に合わせるシャツは、ボタンを上まで留めて抜けを作らないのが今っぽく仕上げるポイント。Gジャン¥33,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)シャツ¥30,800(ジェーンスミス/RHC ロンハーマン)パンツ¥36,300(ロンハーマン)バッグ¥137,500(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン カスタマーセンター)メガネ¥50,600(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)バングル¥9,900(アビステ)

4.【デニム×クラシカルスイート】甘いアイテムはクラシカルにまとめる!

黒のボリュームフレアでパリジェ

黒のボリュームフレアでパリジェンヌ風のレディシックな装い
ラグジュアリーな光沢とハリのある素材で、フレアスカートが大人っぽく着地。力を抜いて着られるカジュアルバランスに、Gジャンが調整します。Gジャン¥39,600(ハイク/ボウルズ)ニット¥17,600(ブルックス ブラザーズ/ブルックス ブラザーズ ジャパン)スカート¥49,500(THIRD MAGAZINE)チェーンウォレット¥134,200ブーツ¥195,800(ともにJIMMY CHOO)サングラス¥46,200(モスコット/モスコット トウキョウ)ピアス¥12,100ブレスレット¥13,200バングル¥28,600(すべてワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

5.【デニム×ベーシックブランド】鉄板ブランドの新作なら間違いない!

①HYKE 定番モデルがリニュ

①HYKE
定番モデルがリニューアル!キレイめコーデにも合わせやすいのが魅力
大きすぎず小さすぎないジャストなサイズ感、また上品さをキープできる色合いでGジャンデビューに最適。Gジャン「DENIMJACKETTYPE2」¥39,600(ハイク/ボウルズ)

LEVI’S®
本格ヴィンテージを継承しながら更新したユニセックスなデザイン

歴史あるオリジナルモデルをオーバーシルエットで現代風に更新。Gジャン「LMC OVERSIZED TYPEⅡ TRUCKER」¥30,800(リーバイス® メイド アンド クラフテッド®/リーバイ・ストラウス ジャパン)

6.【デニム×ネイビートーン】ネイビーのワントーンにする!

リジッドデニムで作るネイビーワ

リジッドデニムで作るネイビーワントーンには春らしい軽快さをプラス
落ち着きのあるネイビーワントーンをマリンテイストへ導く、ボーダー柄と白小物。Gジャン¥46,200〈クーキーズ〉イヤリング¥34,100〈ハルポ〉ネックレス¥46,200〈インディアンジュエリー〉ネックカフ¥47,300バングル¥26,400〈ともにロンハーマン ジュエリー〉(すべてロンハーマン)ロンT¥20,900(エイトン/エイトン青山)パンツ¥31,900(RHC/RHC ロンハーマン)肩に掛けたカットソー¥23,100(ユニオン ランチ/サザビーリーグ)バッグ¥169,400ローファー¥80,300(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)

荒木里実さん/スタイリスト
大人のカッコよさを引き出す辛口アイテムをベースに、女らしさを加えたスタイリングが人気。表紙のスタイリングも担当する、オシャレの「師匠」。

撮影/渡辺謙太郎 モデル/山本美月 ヘアメーク/笹本恭平(ilumini) スタイリング/荒木里実 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup