「Gジャンをまだ寒い時期に着るコツはありますか?」ベテランスタイリストさんの回答は…

久々のGジャンブームに新鮮さを感じる一方で、「ほっこりしそう」「カジュアルすぎる?」という不安も。そこで参考にしたいのが、芯のある〝カッコいい〟女性像を体現する、荒木さんのスタイリング。Gジャンが今すぐ着たくなる6つのテクニックを教えてもらいました。

【デニム×シックアウター】キレイめなアウターと合わせる!

Gジャン自体はカジュアルなので、どこかにキレイめなアイテムを合わせるのが大人の着こなしの基本。逆にジャケットセットアップやツイードジャケットが、キレイめすぎる、かっちりしすぎることもありますよね。そういう時にGジャンを中に重ねると、ちょうどいい〝ハズし〟役になってくれるんです。アウター類とレイヤードできて、寒い時期は防寒にも、そしてオシャレにも、しっかり貢献してくれます。(スタイリスト 荒木里実さん)

Gジャンでドレスダウン大人の余

Gジャンでドレスダウン大人の余裕を感じさせるジャケットスタイルに
背筋がすっと伸びる、端正なジャケットセットアップ。Gジャンを挟んでカジュアル感を添えれば、気負わず普段使いできそう。アウターとレイヤードするならジャストサイズが重宝。Gジャン¥75,900(マディソンブルー)ジャケット¥72,600ノースリーブニット¥31,900パンツ[ベルト付き]¥50,600(すべてebure/ebure GINZA SIX 店)バッグ¥150,700ローファー¥126,500(ともにピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)イヤリング¥2,100バングル各¥6,480(すべてアビステ)

荒木里実さん/スタイリスト
大人のカッコよさを引き出す辛口アイテムをベースに、女らしさを加えたスタイリングが人気。表紙のスタイリングも担当する、オシャレの「師匠」。

撮影/渡辺謙太郎 モデル/山本美月 ヘアメーク/笹本恭平(ilumini) スタイリング/荒木里実 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup