いつもの紺ブレを今年っぽく見せる!ぜひ合わせたい、おすすめパンツとは

通勤にも週末にも、みんなが頼りにしている紺ブレ。〝王道〟というだけあってありきたりに見えたり、古く見えないように、着こなしの鮮度を上げる意識が必要です。でも実は、難しい攻略法は不要!なぜなら、難易度の高いトレンド服や着こなしに挑戦しても、紺ブレが全部受け止めてくれるから。

カジュアルパンツと合わせるなら

例年に増してカジュアルパンツの種類が豊富。太めのシルエットや素材のラフさを難しいと感じている人も大丈夫!正統派を代表する紺ブレの効力で、カジュアルパンツもカッコよく、お手のもの。

紺ブレ×カーゴパンツ

ルーズなシルエットのメンズっぽいカーゴに紺ブレで緊張感をプラス

ジャケット¥44,000(エス

ジャケット¥44,000(エストネーション/エストネーション)ニット¥15,401(カレンソロジー/カレンソロジー新宿)カーゴパンツ¥26,400(ティッカ)トートバッグ¥42,900(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ銀座店)パンプス¥52,800(ペリーコ/アマン)サングラス¥41,800(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)パールチェーンネックレス¥25,850〈ジゼルベー〉ロングボールネックレス¥44,000〈ペヨテバード〉(ともにZUTTOHOLIC)リング¥33,000(HELENA ROHNER/DES PRÉS)

撮影/松永大樹 モデル/有末麻祐子 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/濱口沙世子 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup