特集

そのコーデ、実はちょっと古いです「きれいめブルーシャツ」

「同じような服ばかり買ってしまう」。それってじつはいい発見なんです!よく買っちゃう偏愛服こそ、一番心地よく着こなせる「自分にとってのベーシック」ということ。好きなテイストはそのままに、少しの〝更新〟で今季らしい着こなしにスイッチしませんか?

そのコーデ、実はちょっと古いです「ひざ下丈のタイトスカート」

【偏愛服】ブルーシャツ

悪くないけど、着こなしをアップデートしよう!

「ブルーが好きで、とくにシャツ

「ブルーが好きで、とくにシャツが大好物。休日に着るには少しキレイすぎますか?」(広告関連会社勤務・上野山香穂さん)

ブルーシャツをデニムシャツにアップデート

ブルーシャツの爽やかさを生かしたままよりカジュアルに着られるデニムシャツ。手持ちのキレイめボトムスと合わせてテイストMIXなバランスを楽しんで。

キレイめボトムスに適度な抜け感

キレイめボトムスに適度な抜け感を与える大人のデニムシャツ
今季はデニムシャツの当たり年!ジャケットとして着るもののほかに、シャツとして素肌に着たいデザインが揃います。センタープレスパンツなどのキレイめボトムスにちょうどいい抜け感を与えてくれるので、カジュアルが苦手な人こそチャレンジを。デニムシャツ¥22,000(レッドカード トーキョー/ゲストリスト)手に持ったニット¥27,500(スローン)パンツ¥4,290(グローバルワーク/アダストリア)バッグ¥322,300(ロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)バングル¥22,000(アルティーダ ウード)

撮影/渡辺謙太郎  モデル/愛甲千笑美 ヘアメーク/桑野泰成(ilumini)  スタイリング/児嶋里美 イラスト/green K  取材/濱口眞夕子 再構成/Bravoworks.Inc

「そのコーデ、実はちょっと古いです」関連記事

そのコーデ、実はちょっと古いです「きれいめブルーシャツ」

そのコーデ、実はちょっと古いです「ひざ下丈のタイトスカート」

そのコーデ、実はちょっと古いです「とりあえずブルーデニムを選んでしまう」

そのコーデ、実はちょっと古いです「黒スキニーに黒Tシャツ」

そのコーデ、実はちょっと古いです「甘めカラーの花柄ワンピース」

そのコーデ、実はちょっと古いです「てろてろ素材のナロースカート」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus