特集

【今週の服装】2022年的「カジュアルコーデ」7選【アラサー女子】

  • 再構成/CLASSY.ONLI

    太って見えない「白デニム」コーデって?
    抜け感たっぷりの「白デニムコーデ」は、ベージュのトレンチコートを羽織って、きれいめの要素を加えるのがコツ。トレンチコートの上からブルーニットを肩がけすれば、目線が上に移るのでスタイルアップを実現できます。

    スニーカー「W990 GL5」¥30,800(ニューバランス/ニューバランス ジャパンお客様相談室)肩にかけたニット¥35,200(ロエフ/ロエフ 六本木店)コート¥148,500(エイトン/エイトン青山)ニット¥20,900(アパルトモン/アパルトモン 青山店)パンツ¥23,100(レッドカード/ゲストリスト)バッグ¥6,600(ヤングアンドオルセン/フレームワーク ルミネ新宿店)キャップ¥4,180(ニューエラ)イヤリング¥6,480(アビステ)ブレスレット¥9,130(エイチアッシュ/フォーティーン ショールーム)
    『CLASSY.』2022年1月号より

  • 再構成/CLASSY.ONLI

    上級者見えする「モノトーンコーデ」のコツは?
    定番の「白タートルニット」は、シアー素材を選ぶと一気に今っぽく。薄手でカットソー感覚で着こなせるので、黒のキャミワンピを重ねてももたつきません。エクリュカラーのリバーコートを肩掛けして、ドラマチックなモノトーンコーデの完成です。

    キャミソールワンピース¥25,300(ルージュ・ヴィフ/ルージュ・ヴィフラクレ ルミネ新宿店)コート¥39,930(アンクレイヴ)ニット¥24,200(エイトン/エイトン青山)ピアス¥19,800(シャルロット ウーニング/フラッパーズ)ブーツ¥28,600(アルム/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)バッグ¥19,800(ANAYI)
    『CLASSY.』2022年1月号より

  • 再構成/CLASSY.ONLI

    周りと差がつく「初詣コーデ」って?
    あけましておめでとうございます。新年の幕開けは、ショート丈のイエローコートを羽織って華やかに。オールブラックコーデに羽織れば、キレイ色がより引き立ち、大人可愛く着こなせます。初詣に行くなら、ロングーブーツ×タイツでしっかり防寒対策を。

    コート¥36,85(0アンクレイヴ)ニット¥42,900(エイトン/エイトン青山)スカート¥44,000(ツル バイ マリコ オイカワ)バッグ¥22,000(トフ&ロードストーン/T&L)ブーツ¥39,600(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)コインネックレス¥7,150〈ベンアムン〉パールネックレス¥18,480〈ジゼルベー〉(ともにZUTTOHOLIC)
    『CLASSY.』2022年1月号より

  • 再構成/CLASSY.ONLI

    大晦日にぴったりな「デニムコーデ」って?
    大晦日の今日は、ほどよくリラックスできてオシャレ見えする「グレーデニム」をチョイス。ニュアンスブラウンのトレンチコートを羽織ると、今っぽさ&カッコよさの両方が手に入ります。引き続きトレンドのローファーは、ネイビーで周りと差をつけて。

    ローファー¥24,200(コルソ ローマノーヴェ/プラージュ 代官山店)コート¥52,800(ミ ヴァコンス)ブラウス¥46,200(シートーキョー/エスティーム プレス)パンツ¥28,600(マザー/サザビーリーグ)バッグ¥41,800(オソイ/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)バングル¥57,200(シンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)
    『CLASSY.』2022年1月号より

  • 再構成/CLASSY.ONLI

    膨張して見えない「白ニット」コーデって?
    一歩間違えると太って見えてしまう、白のタートルニットは、ゆるめシルエット&サイドスリット入りなら問題なし。トレンドの黒レギンスを合わせて、下半身をすっきり見せるのもポイントです。仕上げに白ステッチの効いたサイドゴアブーツで、全体をキリッと引き締めて。

    レギンス¥9,900(ノーク)タートルネックニット¥20,900(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)バッグ¥163,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ブーツ¥132,000(PROENZA SCHOULER/LE PHIL NEWoMan 新宿店)メガネ¥34,100(モスコット/モスコット トウキョウ)ピアス¥21,670(パズコレクティブ/ZUTTOHOLIC)
    『CLASSY.』2022年1月号より

  • 再構成/CLASSY.ONLI

    大人でもサマになる「ピンクスカート」コーデって?
    ピンクのスカートを甘さ控えめに着るなら、プリントTやカーキのブルゾンをON。「フェミニン×カジュアル」の緩急ある着こなしで、こなれ感がアップします。全体をニュアンスカラーで優しげにまとめつつ、黒ブーツでスパイスを効かせると◎。

    スカート¥17,578(ánuans)ブルゾン¥35,200(ADMERP/アダム エ ロペ)カットソー¥9,350(ハチイチブランカ/UTS PR)バッグ¥196,900ブーツ¥151,800(ともにJIMMY CHOO)ネックレス¥200,200(タナーズ インディアン アーツ/ロンハーマン)リング¥46,200(マリハ)
    『CLASSY.』2022年1月号より

  • 再構成/CLASSY.ONLI

    ハードに見えない「レザーパンツ」コーデって?
    ハードに見えがちな「黒のレザーパンツ」は、ベージュのシャツジャケットを羽織って優しげな雰囲気に。ミドル丈のアウターなら、気になるお尻や太もも周りをカバーできて、スタイルアップに繋がります。仕上げにひとクセ小物で遊び心をトッピング。

    シャツジャケット¥83,600(ebure GINZA SIX店)ニット¥20,900(GALERIE VIE/GALERIE VIE 丸の内店)パンツ¥39,600(Theory)バロックパールネックレス¥89,100(リューク)ピアス¥6,600(アビステ)シューズ¥113,300バッグ¥237,600(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)
    『CLASSY.』2021年1月号より

再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岸本真由子
※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」の記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。

◆あわせて読みたい

【今週の服装】寒い日にぴったりの「カジュアルコーデ」7選【アラサー女子】

【今週の服装】12月下旬の「カジュアルコーデ」7選【アラサー女子】

【今週の服装】簡単オシャレな「カジュアルコーデ」7選【アラサー女子】

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus