特集

大人女子が「今から買っても使い倒せる、夏のTシャツ」6選

初めてCLASSY.に登場してもらった撮影日、内田理央さんが着ていた私服はシンプルな白Tにブルーデニムでした。そう、私たちの夏の制服といえばTシャツ。飽きずにずっと着られる、厳選した6枚をご紹介します。

内田理央さんに学ぶ!「大人のノースリーブTシャツ、上手な着こなし方」

おすすめTシャツ6選

  • 初めてCLASSY.に登場して

    Graphpaper
    シルク混のなめらかな風合いが落ち感となり、カジュアルすぎない白T。今年は白T自体もキレイめが気分です。
    Tシャツ¥9,900(グラフペーパー)

  • 初めてCLASSY.に登場して

    agnès b.
    ラガーシャツのように密に編み立てられたアニエスの定番T。質実剛健、ジェンダーレスな佇まいが今っぽい。
    Tシャツ¥11,000(アニエスべー)

  • 初めてCLASSY.に登場して

    United Athle
    無地のTシャツをメインに展開する日本ブランド。ユニセックスで着られる絶妙なくすみピンクです。
    Tシャツ¥1,045(ユナイテッドアスレ/キャブ)

  • 初めてCLASSY.に登場して

    ATON
    ボディラインを整えてくれるシルエットは、程よく光沢のある素材感でキレイめな印象に仕上げ。
    Tシャツワンピ¥25,300(エイトン/エイトン青山)

  • 初めてCLASSY.に登場して

    BANANA REPUBLIC
    肩パッドが厚すぎず薄すぎず、何気なく着こなせるちょうどいい1枚。涼しげなアイスグレーも今っぽい。
    Tシャツ¥4,990(バナナ・リパブリック)

  • 初めてCLASSY.に登場して

    LAROUTE
    旅に出かけたい気持ちになる写真と、ミニマルなロゴの組合せ。
    Tシャツ¥5,500(ラルート/アバハウスインターナショナル オンラインストア)

撮影/魚地武大(TENT)スタイリング/斉藤美恵 取材/清水亮子 再構成/Bravoworks.Inc

「Tシャツ」関連記事

内田理央さんに学ぶ!「大人白Tシャツ、上手な着こなし方」

内田理央さんに学ぶ!「大人のボーダーTシャツ、上手な着こなし方」

内田理央さんに学ぶ!「ピンクのTシャツ、大人の上手な着こなし方」

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus