特集

内田理央さんに学ぶ!「大人のボーダーTシャツ、上手な着こなし方」

初めてCLASSY.に登場してもらった撮影日、内田理央さんが着ていた私服はシンプルな白Tにブルーデニムでした。そう、私たちの夏の制服といえばTシャツ。飽きずにずっと着ていたいから、新鮮な着こなしを考えてみました。

内田理央さんに学ぶ!「大人白Tシャツ、上手な着こなし方」

ボーダーTは黒パンツを合わせてほっこりしないように

カジュアルになりすぎたり、ナチュラルに寄りすぎたり。いつも着ているボーダーTこそニュートラルに着てみては?削ぎ落とされたモノトーンで、ボーダーが都会的に!

  • カジュアルになりすぎたり、ナチ
  • カジュアルになりすぎたり、ナチ

楽ちん服も洗練されて見えるのが、モノトーンのいいところ。Tシャツ¥11,000(アニエスべー)ワイドパンツ¥66,000(エストネーション)バッグ¥84,700(GABRIELA COLL GARMENTS/サードマガジン)スニーカー¥12,100(オニツカタイガー/オニツカタイガージャパンお客様相談室)バングル¥47,300(ジャスティン デイビス/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

FROM RIO

「太めのボーダーって新鮮。膨張して見えそう、と思いきやすごく華奢に見えるボックスシルエットなんです。コレ、リアルに買おうかな…」

着用したアイテムはこちら

agnès b. ラガーシャツ

agnès b.
ラガーシャツのように密に編み立てられたアニエスの定番T。質実剛健、ジェンダーレスな佇まいが今っぽい。Tシャツ¥11,000(アニエスべー)

撮影/谷田政史(CaNN・人物)、魚地武大(TENT・静物)モデル/内田理央 ヘアメーク/渡嘉敷愛子 スタイリング/斉藤美恵 取材/清水亮子 再構成/Bravoworks.Inc

「内田理央」関連記事

内田理央さんに学ぶ!「大人白Tシャツ、上手な着こなし方」

内田理央が履きこなす「ハイブランドの白スニーカー」6選

【向井康二さん初登場】CLASSY.8月号のみどころ紹介【編集長ブログ】

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus